動画でPR「かかりつけ薬局」 | 医療映像.jp

DUMMY

動画でPR「かかりつけ薬局」

複数の病院に通う際に、それぞれ異なる薬局で薬を受け取っていることがあります。自分の身体のことを熟知してくれている薬剤師のいる「かかりつけ薬局」を決めることにより、薬や健康のことで疑問や困ったことがあった時にも、患者の体調や病歴を理解してくれた上で相談をすることができ、アドバイスをもらうことも可能です。今回は、患者の治療効果を高めるため、そしてかかりつけ薬局として更なる信頼を得るために、薬局の特徴を動画で分かりやすくアピールすることや、デジタルサイネージ等を利用し働きかけることのメリットや効果に関して、詳しい解説をしていきます。

①なぜ薬局の訴求に動画が最も有益なのか?

かかりつけ薬局とは、身近に相談することのできる薬局を持つということを指しています。かかりつけ薬局では、過去に渡した薬のことや、相談内容を記録し、患者ごとの身体の不調等をよく知った上で薬の調剤を行ってくれます。かかりつけ薬局を持つということは、自らの身体を知ることのできる、いわゆる薬に対する専門家が身近にできるということでもあります。特に、幾つかの医療機関にかかっている場合には、薬の飲み合わせや重複などに注意して、問題なく治療を継続できるようアドバイスを行います。

薬局では、処方箋の調剤に限ることなく、健康食品を取り揃えていたり、市販薬も扱っています。また、介護商品の相談にも対応しています。風邪を引いてしまったり、腹痛を起こしている時に、症状別に市販薬を選んだり、病院への受診を勧めることもあります。介護に対する心配事なども、相談内容を聞いた上でアドバイスをし、薬への深い知識から最善の解決法を提案してくれるでしょう。かかりつけ薬局を一つ決めるだけで、心配事や不安から解放され、大きな安心感を得ることができます。

医師に質問し忘れてしまった薬への疑問や不安な点、薬代の生活への負担を軽減させられるジェネリック医薬品について等、気軽に相談できるかかりつけ薬局を、自らの健康を維持するための心強い専門家のいる空間として日々利用してもらうためには、どうすれば良いのでしょうか。かかりつけ薬局の特徴を分かりやすく説明するには、まさに動画の活用が考えられます。かかりつけ薬局に関する解説を、薬局で待つ患者に短時間で伝えられる動画を通して、今まで知られることがなかった薬局の特徴をアピールすることができます。頻繁に患者の入れ替わりのある薬局という特殊な空間を利用して、動画を有効活用することができれば、短時間でも確実に患者の印象に残すことができるのです。

かかりつけ薬局で可能なこととして、以下の5つが挙げられます。
1.薬の効果の継続的なチェック
2.副作用の有無
3.薬の飲みやすさや形状の調整
4.複数の病院から重複した薬がないかどうかの確認
5.服用のタイミングの調整
かかりつけ薬局があるということは、かかりつけの薬剤師がいるということでもあります。かかりつけ薬剤師がいることのメリットには、処方薬や市販薬など、患者の服用する薬のパートナーとしてさまざまな管理や確認を行ってくれるため、患者は安心して薬を服用することができるという利点があります。また、病院や処方医との緊密な連携から、医療チームのサポートを受けることも可能です。

かかりつけ薬剤師は、患者の健康状態を把握し、体調などを処方医に伝えたり、残薬の確認も行います。また患者の相談に乗るだけでなく、患者の健康状態によっては病院への受診を促すこともあるでしょう。この他、地域の医療機関と連携をすることで、医療チーム全体で患者を支援できる仕組みを構築しています。かかりつけ薬剤師は、在宅医療という側面からも活躍しています。夜間や休日等、薬局の開いていない時間であっても薬の相談に応じてくれたり、処方箋をもとに薬を渡したりすることも行います。薬局の特徴を動画にしてアピールすることにより、薬を受け取る為だけに訪れる患者が薬局の知らなかった利用方法を知り、かかりつけ薬局として認識していくこともあるでしょう。

②薬局での待ち時間をデジタルサイネージで応用

かかりつけ薬局での待ち時間には、待合室のデジタルサイネージを活用して訴求をすることが有益です。デジタルサイネージを活用するメリットとして、まず薬局で待つ患者の目を引き付けやすいという効果が挙げられます。デジタルサイネージの種類によっては、映像だけでなく、音声を流すこともできるようになっています。音声を使用すると、耳に働きかけることも可能となるため、より効果的に患者に働きかけることができます。

それだけでなく、デジタルサイネージを利用すれば、リアルタイムに映像や音声を更新することも可能です。そのため、ポスターや広告のように、何度も人の手を使って貼り直す必要も全くありません。情報の更新は全てデータを活用して行うので、例えばディスプレイが複数あるような状況であっても、一括で変更することができます。薬局で流したいキャンペーン情報や、時間帯限定での放送なども、素早く更新可能であるため、大変効率的な仕組みとなっています。

デジタルサイネージは、ディスプレイの鮮明な画像や電力コストカットにより、将来的に多くの医療機関で導入のされることが予想されています。それにより、医療現場で活用されるニーズも今以上に高まると見込まれています。また、スマートフォンとの連携サービスの増加から、さまざまなアプローチ法が生み出されていく中で、デジタルサイネージを利用した新たなプロモーションの手段は、今後益々造出されていくでしょう。

アニメーションを用いて説明をすることも分かりやすいため、有効です。アニメーションを活用すると、一目で親しみを感じてもらえ、表現の幅に広がりを出すことが可能となっています。実写であれば、高額な技術を用いる必要のある表現も、アニメーションでは低コストで抑えることもできるわけです。実写と比較をし、撮影の工数を大幅にカットすることが可能であったり、動画修正や変更なども容易であるというメリットがあります。また、子供も調剤薬局での待ち時間を過ごす場合があり、子供の興味を引くようなキャラクターを登場させてもいいかもしれません。

かかりつけ薬局のPR動画を制作したい際には、動画制作会社に依頼を行うことが最適です。自らのリソースのみで動画編集を行うことは、本業と同時進行で進めていかなければならない中で、思い通りの制作物に仕上がらない可能性も非常に多く含んでいるでしょう。リリース不可能な制作物のために時間を割いてしまうよりは、動画制作のプロフェッショナルに依頼をすることのほうが、大変賢明な判断であると言うことができます。

動画制作会社に依頼をすると、企画や構成から納品までの一連のプロセスを、スムーズに制作してくれます。また、高度な技術力から、制作物が何より患者の目を集めるためのアピールをさまざまな角度より行い、スタートからラストまでの全ての工程において、理想通りの動画に仕上げてくれます。このように、動画制作会社に依頼をすれば、短い納期で高品質、そして満足度の高い動画を制作してもらえるのです。

弊社では、かかりつけ薬局に関するPR動画の制作を承っております。かかりつけ薬局のPR動画制作の他、映像配信サービスや動画マーケティングなど、弊社独自の映像技術を駆使し、リーズナブルな価格でご利用いただけます。また、レンタルスタジオの運営事業も致しております。かかりつけ薬局に関するPR動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています