ドクターインタビューを公開するメリット | 医療映像.jp

DUMMY

ドクターインタビューを公開するメリット

クリニックの公式ウェブサイトや動画共有プラットフォームなどで、医師のインタビューを掲載するということは、自然な流れとなっています。ドクターインタビューを公開すると、予約数の向上にも貢献するため、多くのクリニックでドクターインタビューを取り入れています。このドクターインタビューですが、積極的に活用をすることには、一体どのような効果があるのでしょうか。今回は、ドクターインタビュー映像を公開することの意義やインタビューの種類、公開法や動画制作のポイントに関して、詳しい解説を行っていきます。

①インタビュー映像として公開する意義とは?

ドクターインタビューを公開すると、診療方針や得意な分野・医師の考え方であったりと、普段の診療のみでは知ることの不可能な情報を公開することができます。また、クリニックの医師の先生を取材し、そのインタビューを動画で公開することにより、医師の先生方の雰囲気や、先生方の診療への思いがより伝わりやすくなります。動画を活用すれば、クリニックの特徴や強みを、関心を持ってくれている人々へ発信をすることが可能なため、その結果として、集患という効果を期待することができるのです。

以下に、ドクターインタビューを映像で公開することのメリットを4点まとめています。
◇1.医師の人柄が伝わる
◇2.専門分野・特異な治療法を紹介できる
◇3.経歴や取り組み、治療法や医師の考えを効果的に伝えられる
◇4.通常の診療だけでは伝えきれない医師の魅力や熱い思いを伝えることができる

ドクターインタビューの公開には、動画の活用が必要不可欠となっています。動画には、高い情報伝達力と、どんな技術よりも分かりやすく伝えられるという利点があります。シチュエーションや企画内容次第では、実写でのドクターインタビューの他、医師とキャラクター(アニメーション)を合成したインタビュー動画も有益です。状況に合わせ、効果的にBGMなどの音楽を使用したりすることも、魅力的な動画として仕上げるために、大変有効です。

②ドクターインタビューは2種類に分類可能

医師のインタビューは、以下の2つの種類に分類をすることができます。
◇1.医師やクリニック全般を紹介するインタビュー
医師の先生方の経歴や医療への思い、クリニックの特徴などを紹介することができます。

◇2.特定の病や治療法にクローズアップしたインタビュー
先生方が得意とする診察領域を伝えたり、特定の分野での来院患者数を増加させたいという時に活用します。

インタビューを動画で公開することによって、診療に対する姿勢やクリニックの雰囲気が、さらに分かりやすくなります。クリニックや医師の魅力を効果的に伝えることが出来れば、新たな患者の獲得を大いに期待することができます。また、専門とするフィールドや診察への思いを明確化することで、患者の満足度の向上にも直結します。ドクターインタビューの種類説明にも、動画を活用することが最適です。

拡散力のある動画だからこそ、公開したドクターインタビュー映像を、多くの患者に視聴してもらうことが可能であり、そのクリニックや医師の先生方をまだご存知のない患者にも、知ってもらうことができます。それだけでなく、繰り返し動画を見てもらえることから、クリニックが得意とする診察領域や、導入している医療機器などを効果的にアピールしたい際にも、積極的に訴求を促すことができるわけです。

③公開法のバリエーションを映像で分かりやすく

ドクターインタビューの公開法として、主に以下の3点が挙げられます。
◇1.公式ウェブサイトで公開
最も多い公開法になります。公式ウェブサイト上に公開をすると、多くの患者が目にするため、さまざまな情報がすぐに届きます。
◇2.クリニック内で公開
院内のディスプレイで公開を行うという手段も、日常的に活用される方法です。来院患者には、待ち時間の間に目を通してもらうことを期待できます。
◇3.医療の情報を紹介するHPに公開
クリニック・病院、ドクターの情報を調べることができるホームページを開設しているサイトへ掲載することができる場合もあります。今までクリニックを知らなかった人にも見てもらうことができます。

④ドクターインタビュー動画の制作ポイント

ドクターインタビューの映像制作をする際に重要となるポイントを、以下にまとめています。
◇1.撮影時は穏やかな空気を大切に
現場によってはインタビュー前に、何となく張り詰めた空気が漂うことも、全くないとは言い切れません。そのため、滞りなくスムーズに撮影を終えるためにも、撮影前からカメラを回しておくということも、1つの手段として有効です。
◇2.簡素過ぎる内容はなるべく回避
ドクターインタビューの動画というのは、どうしても動きが出づらいため、単調さが目立ってしまうということも、場合によってはあるかもしれません。このような時には、全体と寄りを上手く使い分けたり、複数アングルからの撮影などが適切です。
また、病院内の設備をインサートしていくことで、画面が単調になることを回避することができます。
◇3.動画にはテロップを入れる
ドクターインタビューの動画を患者が視聴する際には、音の出ないサイレントモードで動画を見るという可能性まで意識をする必要があります。音のない環境であっても、大体のインタビュー内容を把握できるテロップがあると、視聴者のためにも便利でしょう。
また、テロップがあることによって、医師の話す内容をより強くアピールすることもできます。テロップを入れるスペースの確保には、撮影の際にカメラワークを工夫することで、最適なスペースの確保が実現します。

インタビュー動画を制作する際には、上記のポイントをしっかりと抑えた上で、制作をすることが重要です。インタビュー動画の制作ポイントにおける解説も、動画を用いて丁寧に伝えることが最も有益です。専門的な内容の多い説明であるからこそ、まさに動画の力が欠かせないのです。

動画の制作には、それを専門とする映像制作会社に依頼をするようにしましょう。映像制作会社に依頼をすれば、時間とコストのどちらも決して無駄にすることがありません。またドクターインタビュー動画だけでなく、医院紹介のような映像制作であってもサポートしてくれます。そのため、動画制作をご希望の際には、動画制作会社に相談をすることが必須であると言うことができます。また、一般にはなじみのない専門的な用語が出てきたとしても、撮影中にフォローすることもできますし、テロップにて用語解説を追加することもできます。

弊社では、ドクターインタビューに関する動画制作を行っております。この他、PR動画の制作や映像配信サービス、映像マーケティングやレンタルスタジオの運営業務も致しております。目が眩むほどに美しく、ハイクオリティーな映像技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。ドクターインタビューに関する動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています