注射嫌いの解決法を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

注射嫌いの解決法を動画で

子どもが生まれてから2カ月を過ぎると、予防接種を受ける機会が増加します。大人でさえも苦手な方の多い注射ですが、それを小さな子どもが恐怖を感じるということは、極めて当然であると言うこともできます。また、予防接種を受ける度に大泣きをする子どもも決して少なくありません。予防接種に不安を感じやすい子どもに、注射は怖いものではないと自覚してもらうためには、動画を活用して分かりやすく伝える必要があります。また、子どもの注射嫌いを病院と家庭でも解決する方法を動画で紹介することのメリットに関して、丁寧に解説をしていきます。

① 映像から学ぶ病院で出来る工夫とは?

予防接種で子どもが泣いてしまう光景というのは、病院ではよく見られますが、接種の際に子どもが泣く原因の一つとして、注射は痛くて怖いものであるというイメージが、常に子どもの心の中にあることが挙げられます。注射により痛くて怖い経験をした子どもは、次回の注射時にも以前の記憶が残っているため、前回以上に大泣きをしてしまうというようなこともあるでしょう。この他、病院の医師によっても、子どもの注射に対する恐怖心は大きく変わってきます。スピーディー且つ正確に注射をすることのできる先生であれば、子どもが注射を打たれていることも知らないうちに終了するということあります。基本的に穏やかで優しい先生であれば、子どもの恐怖心を和らげることもできるでしょう。

この他、子どもは病院の看護師の印象や、院内の雰囲気も感じ取っています。病院によっては、子どもへのサポートとして、注射を打った箇所にキャラクターの絆創膏をプレゼントしたり、注射を我慢できたご褒美として子どもに人気のシールをあげたりといった小児科も存在しています。これらのサポートがあるだけで、子どもの機嫌は驚くほどに良くなるということも、多々あることです。
このように、病院側で注射に対する恐怖心を植え付けない対応をしていることを動画で紹介することにより、これから子どもの予防接種などかかりつけ医を選ぼうとしている親にプラスの印象を与えることができます。

また予防接種当日の親の対策としては待合室や診察室で、子どもが少しでもリラックスできるよう、子どもに人気の玩具やぬいぐるみを持参することも適切です。玩具があるだけで、病院での待ち時間も退屈するということがなくなります。注射の前には、玩具やぬいぐるみも応援してくれると伝えてみます。そうすると、注射への不安な思いが軽くなるはずです。注射後は、褒めてあげたりハグをしてあげることにより、注射への抵抗も徐々に減少していきます。前回よりも泣くことの少なくなった場合にも、しっかりと成長を褒め、子どもの感情の変化を共に喜んであげるようにします。

子どものため、病院側でサポートできることの説明手段には、動画を活用して、誰もが理解しやすく伝えることにより集患につながります。また、予防接種当日の親にできる不安軽減方法も動画を活用して公開することも非常に有益です。動画の内容次第では、アニメーション動画を導入することも有効です。アニメーション動画は、親しみを与えることが出来、尚且つ大変分かりやすい内容で伝えられますので、最後まで動画を見てもらいやすいという大きなメリットがあります。

②家庭でのシミュレーション動画で効果的に実践

病院側で可能な工夫の他、家庭で出来る工夫もまた重要です。例えば、注射の際のシミュレーションを家庭で行っておくことも、非常に有効です。具体的には、子どもとお医者さんごっこをする中で、注射のシミュレーションを行います。このお医者さんごっこでは、診察室で先生とお話をし、注射をするまでの一連のフローを訓練してみると、実際の接種時に役立つ可能性が高くあります。親と子どもで、先生と患者の設定を変えながら進めるのも良いでしょう。

注射後のお楽しみを用意しておくことも大切です。子どもの好きなおやつをあげたり、子どもの喜ぶ食べ物を買ってあげるというようなことも相応しいでしょう。家庭で親が子どものために出来る工夫に関し、シミュレーション動画を使って解説を行うことは、とても重要です。シミュレーション動画を活用し、家庭で出来る工夫の説明をすることによって、家庭でより実践しやすくなるというメリットがあります。子どもが成長してきたところで、注射の大切さを説く動画を見せるといったことも有益です。

この他、注射を担当する医師と、相談しやすい環境を作っておくことも良いでしょう。医師と話しやすい環境を作っておくことにより、子どももその先生について親しみを感じることが出来、その結果注射をしやすくなるケースがあるためです。これには日頃から、親も子どもも担当医とコミュニケーションを取っているということが前提ではありますが、こうした方法で子どもの注射への抵抗感をなくすことも可能であるという事例です。

子どもにやってはいけないこととして、注射時に子どもが泣いてしまうことから、感情に任せて叱ってしまうということが挙げられます。子を叱るということは、注射への恐怖心で混乱している子どもの心を傷つけることにも繋がります。また院内にいる他の子どもの患者に注射に対する恐怖心を与えかねません。子どもの注射嫌いが深刻であればあるほどに、親は常に冷静さを保っておくべきであります。

この他、実際には痛みを伴う注射であるのに、子どもに痛くないと言って聞かせることも、相応しい手段ではない場合があります。痛くないと言ったところで、実際に注射の痛みがあった場合、子ども心に騙されたと、注射とは別の意味でショックを受ける可能性があると言われています。そのような経験が記憶に残ると、子どもから信用出来ないと思われてしまうこともあるわけです。そのため、痛くないと言わずにいることが、実に賢明な判断であると言えるでしょう。

また、子どもが親の会話を理解できるようになってきたり、テレビ番組の内容まで理解するようになってくると、何故自分は予防接種をしなければならないのか?という疑問を感じる子どもも出てきます。その際には、予防接種における情報を、きちんと子どもに伝える必要があります。予防接種をすることで、大人になっても健康でいることが出来るという事実を説く子ども向けの解説動画は、そうした子どもの疑問を解決する目的から見ても、まさに必須であると言うことができます。

子どもの注射嫌いを直すために、病院で出来る工夫に関する映像制作や、家庭で出来るシミュレーション動画の制作は、映像制作企業に依頼をすることをお勧めします。その道のプロフェッショナルである映像制作企業に依頼をすれば、イメージ通りの動画を短期間で納品してくれます。また映像制作に掛かる費用も、映像制作企業に依頼をすると、デメリットが発生することなく、良心的なコストで納品してくれるのです。

弊社では、注射嫌いの解決動画の制作を承っております。この他、プロモーション動画制作や映像配信サービス、動画コンサルティングやドローンの撮影業務も行っており、レンタルスタジオの運営事業も致しております。弊社独自の高品質な映像技術を、低コストでご利用いただけます。注射嫌いの解決動画のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています