動画で伝える訪問看護サービス | 医療映像.jp

DUMMY

動画で伝える訪問看護サービス

病に侵されていても、愛する自宅で暮らしたいと思うことや、この自宅で最期を迎えたいと考えることは、とても自然なことであります。しかし、家族のみでの介護などには限界があるものです。一人で暮らす方の場合に、尚更不安が付きまとうのではないでしょうか。そんなときに利用すべきサービスこそが、訪問看護です。訪問看護とは、看護師が患者の自宅を訪問し、患者の病や障害に適した看護を行うサービスのことをいいます。この訪問看護の強みとして、地域に住まう全世代の方に向け、関係機関と連携し、一人ひとりに必要とされる支援を行うことができるところにあります。今回は、訪問看護サービスの特徴や訪問看護ステーションごとの特色、訪問看護サービスの種類や費用などに関して、詳しい説明を行っていきます。

①訪問看護サービスの特徴とは?動画で効果的にPR

訪問看護サービスは、健康状態の悪化を防ぎ、回復に向けて支援していくサービスになります。訪問看護で可能なサービスとして、以下のサービスが挙げられます。
◇1.健康状態のチェック
◇2.病状悪化防止・回復
◇3.療養生活の相談・アドバイス
◇4.点滴
◇5.リハビリテーション
◇6.医療処置
◇7.服薬管理・痛み軽減
◇8.緊急対応
◇9.関係機関との連携(主治医・ケアマネジャー・薬剤師・歯科医師)

訪問看護サービスを受けるためには、主治医の作成する「訪問看護指示書」の交付が必要です。訪問看護指示書とは、医療保険か介護保険のどちらか双方の制度を利用し、訪問看護サービスを受けるときに必要となる指示書になります。

この指示書の有効期限は、主治医の発行から6カ月です。医療保険の適用対象である訪問看護は、週3回迄の利用が可能となっています。訪問看護サービスの期限ごとに、患者が継続を希望する際に、訪問看護ステーションの看護師より、主治医に交付依頼を行います。主治医は、患者の診断結果・訪問看護計画書・訪問看護報告書から、訪問看護継続の必要性があるか否かの判断をします。

近年は、リハビリテーションの利用枠も増加しています。そのため、看護師と理学療法士の連携も、より求められるようになってきています。訪問看護サービスにおける詳細な内容は、動画で発信することによって、とにかく分かりやすく伝えることができます。記憶に残りやすい動画を活用すれば、医師や看護師の業務を妨げることなく、業務効率化を図ることも可能です。また、これから訪問看護を受けようと思っている人へ発信することができ訪問看護への理解が広がります。そのためにも動画の活用は必須であると言うことができるのです。

②映像で知る訪問看護ステーションごとの特色

訪問看護ステーションは、その事業所ごとに特徴があります。訪問看護ステーションごとの主な特色は、以下になります。
◇1.訪問エリア・・・利用者の自宅と訪問看護ステーションの距離
◇2.空き状況・・・日時指定のある場合には要確認
◇3.緊急時訪問看護サービスの有無・・・医療機器管理、介護不安のケース、ターミナルケア等
◇4.営業日時・・・営業時間の把握、週末の稼働状況等
◇5.連携のしやすさ・・・専門看護師や認定看護師在籍の有無,理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の在籍の有無、地域や医療機関との連携の有無等
◇6.専門性の有無・・・連絡がスピーディー、誠実な対応、意思の疎通等

訪問看護ステーションの職種には、保健師や理学療法士、作業療法士や言語療法士などさまざまですが、それぞれが最新技術に見合うトレーニングを受けているため、安心してサービスを受けることができます。事業所により、認定看護師の資格を持つ看護師もいます。その場合には、ある看護分野でハイレベルな看護ケアを受けることが可能です。また、ケアマネジャーの資格を保有する訪問看護師もいるので、介護保険の居宅介護支援も行うことができるようになっています。

近年、医療機関より、在宅医療への移行を推進させる動きが加速しており、24時間対応体制や重症者の在宅ケア、ターミナルケアというようなサービスの広がりで、自宅や施設にいても気軽に受けることのできる訪問看護サービスは拡大を続けています。これから訪問看護サービスを受けようとご検討されている患者やその家族に向けて、訪問看護サービスではどのようなことができるのかということを分かりやすく伝えるには、動画の活用が効果的です。また、実際に訪問看護サービスを受けている患者や家族に動画出演してもらうことでも、その事業所の特徴や雰囲気を、掴んでもらいやすくなります。

③システムやコスト説明にアニメーション動画を有効活用

訪問看護師がどの程度の時間に、どのくらい来てくれるのかということについては、介護保険と医療保険とのケースで異なります。介護保険のケースでは、ケアプランに沿う形で1回20分・30分・1時間・1時間半の4区分に分かれています。医療保険のケースでは、通常は週3回までであり、1回の訪問時間は約30分~約1時間半となっています。利用者本人や家族の意向を聞きながら訪問回数等を決めていきますが、病状などによっては、毎日訪問をすることも可能です。

訪問看護サービスに掛かる費用は、保険の種類や年齢、所得などで異なり、原則1割~3割が自己負担となります。訪問看護サービスに掛かる主な費用は、以下になります。
◇1.介護保険
・・・月額1割負担(一定以上の所得者は2割~3割負担)、要介護認定対象者
◇2.医療保険
・・・月額1割負担(現役並みの所得者は3割負担)、後期高齢者医療の対象者
◇3.医療保険
・・・月額2割負担、70歳以上75歳未満の高齢者と義務教育就学前迄対象
◇4.医療保険
・・・月額3割負担、義務教育就学後~70歳迄対象

訪問看護は、子どもからシニア層まで、病気や障がいの程度に関わらず、それを必要であると感じる全ての人が受けられるようになっています。訪問看護を受けるためには、受診している医療機関や地域の訪問看護ステーション、地域包括支援センターや障がい福祉の窓口などで相談に乗ってもらえます。医療財団によっては、電話相談を受け付けているところもありますので、直接相談に行くことに抵抗がある際に、まずは電話相談という方法をとることもいいでしょう。そうした機関で相談をすることにより、スムーズに訪問看護を受けるまでのステップを踏むことができるでしょう。

訪問看護サービスにおける解説は、動画を通して伝えることが最も有益です。その中でも特に視聴者の気になる費用に関する内容には、アニメーション動画を活用して説明することも大変効果的です。アニメーション動画を取り入れることによって、コストなどのセンシティブになりやすい内容であっても、柔らかな表現を用いて伝えることが可能です。そのため、丁寧で分かりやすく、尚且つ映像に親しみを感じてもらうことができるわけです。訪問看護サービスの動画制作の依頼には、動画のプロである映像制作会社に依頼をすることがお勧めです。

弊社では、訪問看護サービスに関する映像制作を行っております。プロモーション動画制作や映像配信サービス、ドローン撮影業務や動画コンサルティングなど、低価格で高品質な映像制作を致しております。この他、レンタルスタジオの運営事業も行っております。ロープライスで実現できる弊社独自の動画技術を、ぜひご堪能されてみては如何でしょうか。訪問看護サービスに関する動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています