体内リズムを動画で説明 | 医療映像.jp

DUMMY

体内リズムを動画で説明

体内リズムが乱れることで、生活に大きな影響を与えることが判明しています。昼夜逆転した生活や、夜更かし、週末の朝寝坊などという生活の乱れは、もちろん体内リズムを崩すこととなり、疲労が蓄積しやすくなります。疲労が蓄積しやすくなれば、質の良い睡眠が得られず、不調を引き起こす原因にもなり得ます。

人間には、本来約24時間周期の体内リズムが備わっており、昼間の時間帯はアクティブに行動し、夜間帯はリラックスした休息時間になるという仕組みがあります。これと同様に、人間の体温や脈拍・血圧などの各ホルモン分泌においても、約24時間のリズムが存在しています。このリズムは、代謝や免疫にも影響を与えますので、咳や通風という症状が早朝や夜間で異なるという点においても、この影響のためと言われているのです。今回は、体内リズムを映像で解説することの効果に関して、丁寧に説明を行っていきます。

① 動画が教える体内リズムのメカニズム

実際に人間に備わっている体内リズムは、24時間以上であるとされています。最近の調査報告によると、平均24.18時間となっています。人間には、体内リズムを整える「時計合わせ」を行う仕組みが予め備わっています。その中でも最も多大な影響力を持つファクターとして、「光」が挙げられます。朝目覚め、太陽光が眼に入ります。この刺激によって体内時計がリセットされることで、新たな24時間がスタートします。それとは反対に、変な時間に強い光を浴びることにより、不眠を引き起こすこともあります。体内リズムが崩れてしまうと、身体にも何らかの影響を与えることが分かっています。

体内リズムの乱れやすい方は、糖尿病のリスクが高かったり、肥満やメタボリックシンドロームなどの可能性が指摘されています。WHO(世界保健機関)では、交代制のワーカーは日勤・夜勤を繰り返すことから、体内リズムが崩れやすいとされています。そのため、日勤のみのワーカーよりも、発がんリスクが高いということを認めているだけでなく、体内リズムのズレが認知機能にも影響するということが明らかとなっており、起床時の不快感や身体の不調等と関連があるとされています。

体内時計の合わせ方や体内時計の乱れ、体調不良の関連性における解説は、動画を利用することによって、大変効果的に伝えることができます。体内時計についての説明を、文字や口頭で伝えることも適切ですが、それ以上に効果を発揮する技術こそが、動画の力になります。説明には複雑な内容を含むことから、より分かりやすく伝えるため、アニメーションを導入することも有効です。アニメーションを取り入れることにより、さらに理解してもらいやすい動画を作り上げることができるでしょう。

② 待合室で映像を流す効果とは?

睡眠は、就寝時に分泌される「メラトニン」と、起床時に分泌される「オレキシン」というホルモンからリズム形成されています。メラトニンは、眠気を誘う「睡眠ホルモン」と呼ばれており、メラトニンのリズムを形成する起点が、まさに朝の体内時計の「リセット」になります。朝の太陽光を浴び、体内時計がリセットされた15時間後~16時間後にメラトニンが分泌されることにより、眠気が起こるよう、人間の身体はセットされているわけです。朝の時間帯に、このリセットが上手く実行されなければ、夜間帯にメラトニン分泌の遅延が生じたり、十分に分泌されないようになってしまうのです。

それとは反対に、夜間帯に強い光を浴びることで、身体は朝が訪れたように誤解をし、メラトニンの分泌リズムに乱れが引き起こされます。このように、昼夜で光による刺激が正確に行われないことによって体内時計がズレてしまうと、メラトニンの分泌リズムも確実に乱れるため、「朝起きれない・・・。起きるのが辛い・・・!」というようなトラブルが発生するわけです。体内リズムの乱れと睡眠の関連性にも、動での解説を活用することが有益です。動画を活用すれば、誰にでも分かりやすく伝えることが可能であって、拡散力にも優れています。

体内時計や体内リズム、睡眠に関する動画は、病院や薬局などの待合室で流すということも最適です。待合室は、さまざまな患者や人の出入りする、特殊な空間です。人間が、動きのあるものに目を向けやすいという特徴を活かし、待合室というシンプルな空間の中で動画を流すことには、とにかく動き流れる映像だけに注目してもらえるという、非常に大きなメリットがあるのです。また、多くの人は質の良い睡眠を求めています。そのため、待合室での体内リズムの動画は需要があると言えるでしょう。

③ 体内リズムの重要性を動画でアプローチ

夏休みなどの長期休暇のある中高生などは、休暇期間中に昼夜逆転してしまうことも、珍しくありません。宿題や課題があるけれども、後回しにして夜更かしをしたりするような生活を続ければ、あっという間に朝寝坊の習慣が出来上がってしまいます。昼間に昼寝をし過ぎることも、また問題です。昼寝は30分までとし、昼間に身体を動かすことが効果的です。

体内リズムを崩す要因として、カフェインやニコチン・アルコールなどが挙げられます。喫煙の習慣があれば電子タバコや禁煙という方向へとシフトできるよう心掛け、コーヒーを飲む習慣があればノンカフェインのコーヒーに変更するようにしましょう。アルコールも寝つきを悪くするファクターとなりますので、出来る限りノンアルコールのほうへシフトすることが大切です。就寝前は、スマートフォンやゲームをしないことも心掛けましょう。
体内リズムを戻す方法を動画で紹介し、体調改善へと意識させることも大切です。

以前より昼夜逆転を感じているけれども、何もせずに放置をしていても、良い方向に向かうことはありません。昼夜逆転を放置すると、最終的には欠席が多くなり、不登校になってしまうという事例も、存在します。社会人のケースでは、欠勤や休職というような、深刻な問題に発展し兼ねません。このような深刻な状況に陥らないためにも、早期段階で体内リズムを改善させることが重要になってきます。

どうしても体内リズムの乱れを自力で克服不可能であると思う場合には、医師の力に頼ることも、1つの得策です。医師に頼ることで、睡眠リズムを平均的な生活に戻すため、光療法や薬による治療、生活指導などを受けることができます。昼夜逆転によるトラブルは、内容に個人差がありますので、それによって対策も異なってくるでしょう。詳しくは、医師の判断に任せることが必要です。

体内リズムにおける動画の制作は、映像のプロフェッショナルである動画制作企業に依頼を行うようにしましょう。個人制作では難しいな映像構成と巧みな技術を駆使して、イメージ通りの動画に仕上げてくれます。近年の一部映像制作企業では、高いクオリティーを維持しながらも、コストが低価格で制作を行ってくれる企業が存在しています。

弊社では、体内リズムに関する動画制作を行っております。この他、PR映像制作や動画配信サービス、映像マーケティングやドローン撮影業務など、低価格で高品質な動画制作を致しております。この他、レンタルスタジオの運営事業も行っております。リーズナブルな価格でご活用いただける弊社オリジナル映像技術を、是非ご利用なさってみては如何でしょうか。体内リズムに関する動画制作のご依頼は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています