看護師の夜勤業務を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

看護師の夜勤業務を動画で

夜勤の看護師は、基本的に勤務時間が長時間であるため、どんなに若く健康な方であっても、身体的にハードな仕事であると言えます。そのため、長時間勤務にも対応していけるよう、看護師の体調管理が大変重要になってくるのです。今回は、夜勤業務を行う看護師の仕事内容から勤務形態、夜勤業務のメリットや先輩看護師のインタビュー動画を公開することのメリットに関して、丁寧に解説をしていきます。

① 動画が伝える夜勤業務の全容

看護師の業務といえば、月に数回の夜勤を含めて考えられるほど、夜勤の比重の大きな仕事であるとされてきました。しかし、実際の看護師に認められている夜勤時間として、月ごとに最大72時間迄となっています。これには、[夜勤を行う全看護師の夜勤時間の合計]から[夜勤を行う全看護師の人数]を割った時間で計算がなされています。

看護師の業務環境の改善を目指してきた結果からこのようになっているわけですが、医療現場の施設では、夜間帯の看護師不足に頭を悩ませるということが常態化しています。「救急外来」に勤務する看護師の場合、診察室や手術室などのみで、患者と接する時間はごく僅かではあるものの、「病棟勤務」の看護師の場合には、24時間体制で看護を行う必要があります。

看護師の主な夜勤業務として、緊急性の高い患者への対応や点滴の交換、バイタルチェックやトイレ介助、巡視やカルテの整理、寝たきり患者への体位の変換等が挙げられます。日勤業務の看護師よりも勤務する看護師の数が少ないため、もし何かあったとしても、少人数で対応する必要があります。そういう意味では、日勤業務の看護師よりも夜勤業務を行う看護師のほうが、与えられる責任や負担が大きいと言うことができるでしょう。

仕事内容に関しても、点滴管理やトイレ介助などがメインとなる病棟勤務と、当直の医師の先生方とともに救急患者と家族に対応する必要のある救急外来では、全く異なります。病棟勤務は、病棟でのキャリアがあれば、問題なく勤務することができますが、救急外来は、夜勤の看護師が一人のみという施設では、難易度の高い技術や豊富な知識が求められるのです。

勤務体系はどちらであっても、まずは看護師自身が体調管理を徹底するということは、医療的なミスを防止する観点からも、大変重要になります。食事と睡眠はしっかりと摂り、看護師たちとスケジュール調整をして、余裕のあるスケジュールを設定するということも、大切なことです。
看護師の夜勤業務と一括りに説明することは難しく、病院によって体制や雰囲気も様々です。夜勤勤務の参考資料や看護師募集・採用時の説明資料として動画を作成しておくことは大変有益です。
また、入院患者のために夜勤体制・夜間看護の様子を紹介する動画を公開しておくと入院に対する不安が少し和らぎます。

②夜勤業務における3つのパターンを動画で紹介

夜勤業務の種類として、主に以下の3つに分類されています。
◇1.二交代制
・日勤8時間、夜勤16時間勤務[日勤8時~17時]、[夜勤16時~9時]
夜勤には2~3時間の休憩・仮眠時間がある
◇2.三交代制
休憩時間を入れた実働8時間勤務[日勤8時~16時45分]、[準夜勤16時~24時45分]、[深夜勤24時~8時45分]
◇3.夜勤専従
夜勤業務のみ担当する看護師のことをいいます。勤務形態問わず、過度負担に対する対策として、1カ月間の夜勤時間の上限を[144時間]とすることを推奨しています(日本看護協会より)。

夜勤業務のメリットとして、夜勤は高額な給料を得ることができ、緊急性の高い対応スキルを上げることにも繋がるという利点があります。夜勤手当のつく夜勤業務は、日勤のみの看護師よりもさらに収入が多くなるという点において、特に魅力的であると言うこともできるでしょう。また、昼間の時間帯を、自分の好きなように使うことができるというメリットもあります。

もちろん、メリットばかりというわけでもありません。例えば、夜勤ベースであるために不規則な生活になりがちです。そのため、身体的な面でハードな仕事となります。不規則な生活を続けていると、看護師によっては最終的に身体を壊してしまう方もいるでしょう。この他、夜間帯であるので、患者とのコミュニケーションも図りづらいというデメリットや、プライベートでは家族や友人と生活をする基本的な時間帯が合わないことから、場合によってはすれ違いや会話不足というようなストレスにも結び付くかもしれません。こうしたことも踏まえて、夜勤業務を視野に入れる必要があります。

看護師の夜勤業務の3つのパターンやメリット・デメリットに関する解説にも、動画の力を活用することが重要です。動画を効果的に取り入れることによって、口頭での説明よりも記憶に残りやすいという利点があります。繰り返し見てもらえる特徴を持つ動画だからこそ、夜勤業務における3つの勤務形態についてメリット・デメリットが分かりすく伝えることができます。また、病院内で看護師の勤務体系を見直す際の参考動画にもなります。

③先輩看護師のインタビュー動画を導入

新人看護師の獲得のため、動画を活用する病院は増加傾向にあります。新卒での採用活動の場合に、中途採用よりも現場へのイメージや雰囲気を掴みづらく、そのイメージや雰囲気をどこまで掴み取れるかということが、合否を分けるファクターとなります。そこで大変有効な方法として導入されているものが、まさに先輩看護師のインタビュー動画です。

看護師の夜勤業務に関する内容説明を動画で伝えることは、とても大切なことであり、またそれにプラスして何か内容を取り入れるとすれば、先輩看護師のインタビュー動画を導入することが最適な理由として、先輩看護師はその病院や業務内容を完全に把握しているため、そうしたインタビュー動画の制作は、実際の現場からの意見を聞くことのできる、貴重な情報源となるのです。

こうした動画を制作することで、新人看護師や就職活動中の就活生が心配に思うことを取り除くことができ、モチベーションを高めることにも貢献します。インタビュー映像の中では、何を語ってもらうのかという内容を重視して制作をすることが重要です。どのように夜勤業務と向き合っているのかということや、体調管理はどうしているのか等、有益な内容になるように制作をすることも必須事項であります。先輩看護師に語ってもらう内容やイメージ次第では、新人看護師や就活生のイメージも変わってくることがあるため、十分に配慮した動画制作が望まれます。

看護師の夜勤業務における内容は、動画を通して伝えることによって、誰にでも分かりやすく説明をすることができます。積極的に動画を活用することで、夜勤業務の魅力を存分に発信していきましょう。
自主制作では作ることの難しい構成力やカメラワーク、視聴回数も見込めるほどの動画を制作してくれるのも、動画制作会社の魅力です。

弊社では、看護師の夜勤業務に関する動画制作を行っております。また、PR映像制作や動画配信サービス、動画マーケティング、ドローン撮影業務なども行っております。低価格で実現できるハイクオリティーな映像美を、一度ご利用してみませんか?看護師の夜勤業務に関する動画のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、お問い合わせください。
>

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています