薬の区分を動画で説明 | 医療映像.jp

DUMMY

薬の区分を動画で説明

OTC医薬品とはOver The Counterの略語であり、医師に処方してもらう医療用医薬品のことではなく、ドラッグストアや薬局で選択購入することのできる一般用医薬品と、要指導医薬品のことを指しています。これは要するに、対面販売によって薬を購入するということになりますが、この販売法は従来では、市販薬や大衆薬などと言われてきました。近年ではこれらの呼称が、OTC医薬品というグローバルな表現で使用されるようになっており、含有される成分を副作用や相互作用、使用法の難易度で評価をすることで、分類がなされています。今回は、薬の分類を動画で分かりやすく解説を行うことのお話をします。

①動画から学ぶ要指導医薬品とは?

OTC医薬品の成分には、イブプロフェンやアセトアミノフェン、L-システインやフェルビナクなど、CM等で耳にしたことのある成分が多く含まれています。OTC医薬品を上手に活用することができれば健康維持に繋がりますが、身体の状態次第では服用後の症状が良くならなかったり、副作用が重いというようなこともあるかもしれません。そのような場合には、医師や薬剤師に相談する必要があります。また特定の薬の成分が気になる際にも、医師や薬剤師に相談をすることが必要となるでしょう。

要指導医薬品は、過去に副作用が顕著であった方やアレルギー体質の方、肝臓や腎臓に病を持つ方や薬を併用する方、特殊な環境にある方や妊娠中の女性などは、取り扱いに注意を要する医薬品でもあります。そのため、薬を使用する際には専門家に相談をし、現在服用中の薬との相互作用も相談することが重要となります。要指導医薬品は、OTC医薬品として市場に参入したのは初のことであり、それだけ慎重に販売を行う必要のある薬なのです。

そのような背景から、薬剤師に提供された情報をしっかりと聞き、書面を使用し対面にて医薬品の説明をすることが定められています。インターネットや郵便での販売などは不可とされており、ドラッグストア等の店舗でも、薬剤師からの説明を受けることなく購入することのないよう、陳列にも手の届きづらい配置がなされているのも特徴です。

要指導医薬品の分類に関して紹介をしたいとき、医師や薬剤師、専門家への相談なども、動画を利用して分かりやすく伝えることが大変効果的です。一度の説明ではなかなか理解してもらいにくい薬の区分における解説も、動画で伝えることによって、繰り返し何度も見てもらうことができます。動画の利用により、医師や薬剤師の説明がより分かりやすくなり、大切な説明を聞き逃すということも少なくなるでしょう。

②一般用医薬品の説明も映像で分かりやすく

一般用医薬品は、体質も年齢も異なる患者が使用できるよう、効果を調整し、高い安全性のもとに生産されている薬です。一般用医薬品は、第1類医薬品・第2類医薬品・第3類医薬品と分類されています。一般用医薬品の分類は、以下になります。
◇第1類医薬品
副作用や相互作用等の項目で安全性上、注意が必要なものとなります。専門家は薬剤師に限られており、書面での情報提供が必要となっています。インターネットや郵便などでの販売は可能とされていますが、店舗での陳列は購入困難な場所に配置がなされています。
◇第2類医薬品
副作用や相互作用などの項目で、注意の必要なものです。指定第2類医薬品は、さらに注意が必要なものとされています。第2類医薬品として、主に解熱剤や鎮痛剤、風邪薬等の日常生活に欠かすことのできない商品が数多く存在し、薬剤師あるいは登録販売者による情報提供が必要となっています。インターネットや郵便での販売が可能です。
◇第3類医薬品
副作用や相互作用等の項目で、第1類医薬品・第2類医薬品に当たるものを除く一般用医薬品になります。薬剤師または登録販売者を専門家とし、一般用医薬品は、インターネットや郵便によって購入をすることができますが、症状に合ったくすりを正しく使うためにも、薬剤師あるいは登録販売者に積極的に相談して購入するのがよいでしょう。

一般用医薬品についての説明や、一般用医薬品の異なる購入法、購入の仕方に関する解説にも、動画を利用することが非常に有効です。医薬品に関する説明は、複雑な内容を含んでおり、スムーズに理解をしてもらうためにも、動画の利用は必要不可欠です。動画を通して正しい情報を発信することによって、視聴者も最後まで混乱することなく、理解をしてくれることに繋がります。

③スイッチOTC医薬品とは何か?

スイッチOTC医薬品とは、医師に処方された際に使用可能な医薬品の中で、長年多くの方に使用されていて、尚且つ副作用の少ない安全性に優れた成分をOTC医薬品で販売できるよう、規制緩和がなされた医薬品のことをいいます。このスイッチOTC医薬品は近年増加傾向にあり、注目度の高い医薬品となっています。スイッチOTC医薬品の役割として、より効果のある医薬品の提供やQOLの向上、病気の予防やセルフメディケーションによる選択肢拡大のためなどが挙げられます。また頻尿や不眠症、骨粗鬆症や尿失禁等予防のための医薬品も、今後のスイッチOTC化が期待されています。

スイッチOTC医薬品における解説は、難しい内容に感じる患者もいるかもしれませんが、動画を利用することで、難解な内容も分かりやすく変化させることができます。動画は実写だけでなく、CGやアニメーションを取り入れた動画も大変有益です。CGは必要な箇所のみ映像化することによってコストカットにも繋がり、アニメーションは訴求したい情報内容を、視聴者に親しみやすくイメージ付けさせることが可能となっているのです。

④動画で服薬指導法を賢くアプローチ

薬剤師は、医師の処方箋をもとにして、該当の薬を調剤し患者に渡します。このとき、薬の正しい服用方法における情報の説明も行います。これを服薬指導といい、薬剤師の教える情報には、薬の服用時間や服用回数等についてのベーシックな情報から、保管法や注意が必要な相互作用の説明まで、内容はその薬により多岐に渡ります。例えば薬を服用すると、尿の色に影響のあるようなケースでは、患者を心配させることのないように、事前解説を行います。この他、新たな薬の追加された際にも、きちんとと説明を行います。
また、OTC医薬品購入時でも薬剤師など専門家は購入者に薬の説明をしてくれます。

服薬指導で、薬剤師や患者の声や情報は、患者の状態次第では医療機関に共有されることもあります。この共有によって、その後の治療がより最適なものへと直結していくこととなるでしょう。また薬を扱う上で、薬に関する専門的知識を持たない患者であるからこそ、全ての患者との良好なコミュニケーションも、欠かすことのできない一種の手段であると言うことができるのです。

服薬指導法や薬の区分に関する解説も、動画を利用して患者が理解しやすく伝えることが最も効果的です。動画は、非常に多くの患者に視聴してもらえる大変優れた映像技術です。動画を利用することにより、時間も手間も掛けることなく、効率的にアピールをすることができます。動画の制作依頼には、映像制作会社の協力を得ることが、まさに必須であると言うことができます。映像制作会社に依頼をすれば、希望通りの納期で、確実にハイクオリティーな作品に仕上げてくれるからです。

弊社では、薬の区分に関する動画の制作を承っております。この他、PR動画制作や動画配信サービス、ドローン撮影や動画マーケティング、レンタルスタジオの運営業務など、幅広い事業を展開しております。高品質で美しい弊社オリジナル技術を、是非ご利用なさってみては如何でしょうか?薬の区分に関する動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています