風邪?赤ちゃんの注意すべき鼻水を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

風邪?赤ちゃんの注意すべき鼻水を動画で

乳児は、生後6か月頃までは、母親からもらう免疫によって風邪を引くことがないと言われています。しかし、決して病気にならないというわけではありません。幼稚園や保育園、小学校などに通う兄弟のいる家庭では、特に注意が必要です。また乳児は、自ら鼻水を出すことがまだ困難であるため、風邪を引いた際には鼻水を丁寧に取ってあげる必要もあります。今回は、赤ちゃんに注意が必要な鼻水を動画で解説することの効果について、詳しく解説をしていきます。

① 映像で説く注意が必要な乳児の鼻水とは?

まずは乳児の鼻水の色から見ていきましょう。乳児の鼻水の色が透明であれば、多少の鼻水が出てしまっていても、心配は要りません。乳児の鼻粘膜は敏感であり、花粉や埃、チリなどに反応することで、透明の鼻水が出るのです。鼻水が出るということは、ウイルスや埃等の侵入を防ぐために粘膜が反応しているということであり、免疫機能が正常に働いているということでもあります。

もし、これが透明な鼻水ではなく、黄色や緑色の鼻水が出ているようなケースでは、細菌やウイルスに感染していることが考えられるため、注意が必要となります。透明の鼻水と、黄色や緑色の鼻水の差に関する内容は、動画を使って分かりやすく伝えることが最適です。また、小児科の待合室や、薬局の待合室で動画を流すということも、新米ママや祖父母などの家族などに見てもらえるため、有益です。

黄色い鼻水や緑色の鼻水が出ているとき、乳児の鼻は詰まりやすくなっている状態であるため、こまめに鼻水を取り除く必要があるでしょう。この他、熱があったり、鼻詰まりの症状が酷いときには、小児科で診察を受ける必要があります。鼻は耳と繋がっているので、鼻詰まりを放置していると、その細菌やウイルスが耳へと侵入し、中耳炎になることもあります。中耳炎は乳児にとって非常に痛く感じるため、一度中耳炎になってしまうと治りにくくなる可能性もあるのです。鼻詰まりを放置することで影響が出るのは、耳だけではありません。

鼻と目は鼻涙管で繋がっているため、鼻が詰まることによって鼻涙管の出口が塞がり、涙の逆流で瞼が腫れることもあります。この他にも呼吸がしづらくなったり、ミルクを上手く飲みにくくなるというような危険性まであるわけです。こうした事態に陥らないためにも、黄色い鼻水や緑色の鼻水が出てしまっているときには、耳鼻科でも診てもらうことができます。耳鼻科でも鼻水の治療をしてくれるということは、動画を通して説明をすることによって、誰にでも容易に理解をしてもらいやすく、選択肢が増えることになります。

病院は、いつでも気軽に行けるというわけではありません。例えば深夜など病院が開いていない時間帯で、赤ちゃんが鼻づまりで機嫌が悪くなってしまっても、すぐに病院へ行くという判断は大変難しいものになるでしょう。そんなときに必要になるのが、自宅でできる対処法です。まず上体を起こして安静にさせるということを実践します。このときクッション等を使用して、上体を起こしてあげましょう。上体を起こすことによって、鼻詰まりが楽になることがあるためです。

それでも良くならないときには、部屋の加湿をします。乾燥した室内では、空気の刺激によって鼻水が出るということがあり、特に冬の季節になるとより一層乾燥するので、加湿器や濡れタオルを使い、室内の湿度を50%以上にして、喉や鼻の刺激を和らげてあげるようにすることが重要です。自宅でできる対処法に関する内容も、動画を有効活用し、丁寧に伝えていきましょう。

沢山の情報を、短時間で伝達・拡散することのできる動画の力は、確実に活用すべき技術です。人の目に留まりやすい動画を活用すれば、最後まで視聴者を飽きさせることなく、最後まで見てもらえる可能性も高まるのです。また、動画は人間の印象に残りやすいという効果もあります。そうした動画のメリットを最大限活用し、優秀な動画制作企業に魅力的な動画を制作してもらうことが必要です。
先程の対処法でも改善されない場合には、「鼻吸い器」を利用して、鼻水を取り除いていきます。

②鼻吸い器の使用法を理解しやすい動画で解説

鼻吸い器」は、鼻水を取り除くために効果的な育児アイテムです。乳児は自ら鼻水を出すことができないので、親が鼻吸い器を使用して、鼻水を吸い取ってあげるようにしましょう。鼻吸い器の使用方法は、以下になります。
◇1.頭を固定
お座り前の乳児のケースでは、足の間に乳児を置いて、上部より覗き込む体制をとって使用します。このとき、乳児が怖がることのないように、乳児が好みそうなアニメを流したり、玩具で気を紛らわせたり、お母さん自身が笑顔でいるということも大切です。
◇2.鼻の穴に鼻吸い器の先端を優しくあてる
吸っている間に先端角度をゆっくりと変えながら、鼻水を取りやすい位置を探していきます。このとき、先端を鼻の奥まで押し込んだり、強く吸ってしまうと、鼻粘膜を傷付けますので、注意しましょう。
◇3.吸い終わったらガーゼで鼻を拭く
蒸れたガーゼを使って、乳児の鼻を優しく拭き取ります。このとき、まだ鼻水が出てくるようなことがあれば、鼻下に保湿クリームを塗るようにします。鼻吸い器を使用するタイミングとして、お風呂上りがちょうど良いでしょう。お風呂上りは身体も温まっているため、鼻水が取りやすい状態となっているからです。鼻吸い器には、手動型と電動型があり、手動型は先端を鼻に入れてポンプの力で鼻水を吸い出すスポイトタイプと、鼻にストローを入れて口で鼻水を吸い出すストロータイプがあります。

それに対し電動型は、持ち運びできるコンパクトタイプと据え置きタイプがあります。鼻吸い器の使用方法と特徴における解説も、動画で伝えることが最も有効です。動画は短時間で拡散させることも可能であるため、新米ママや祖父母だけでなく、検索キーワード等によって、これからママになる妊婦なども動画を見にきてくれるという可能性も、大いに考えられるでしょう。

多くの人に動画を見てもらうことができれば、病院の知名度もさらに上がることとなり、新たな患者の獲得も期待することができるでしょう。このようなメリットから、動画を制作することは必須であると言うことができます。

赤ちゃんの鼻水における動画の制作は、映像を専門とする映像制作企業に依頼をするようにしましょう。映像制作企業は、映像制作のプロフェッショナルであるからこそ、プロならではの技術を駆使し、スピーディーに納品してくれます。個人制作動画であれば、企画の段階から予想以上の時間を費やしてしまい、思い通りに映像制作が進まないというようなトラブルが、大変多くあるはずです。沢山の人々に見てもらえる動画を制作したいのであれば、迷わず映像制作企業に依頼をしましょう。

弊社では、小児医療に関する動画制作を行っております。この他にも、プロモーション映像制作や動画配信サービス、動画コンサルティングやドローン撮影など、バリエーション豊富な事業を展開致しております。唯一無二の映像技術を、この機会にご利用なさってみませんか?小児医療関する動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています