季節の変わり目「ぎっくり腰」に注意を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

季節の変わり目「ぎっくり腰」に注意を動画で

ぎっくり腰の痛みは経験者でなければ分からないほどに辛く、多くの人は激痛に顔をしかめます。その場で横になったまま動けなくなるほど、ぎっくり腰は何の前触れもなく、突然発症します。季節の変わり目となると、ぎっくり腰になりやすい方が増加します。その背景として、身体が季節の変わり目の温度差についてきていないという季節的なファクターと、身体を急に動かすこととが重なることが挙げられます。誰にでも起こり得る可能性のあるぎっくり腰。今回は、ぎっくり腰の注意喚起を動画で発信することのメリットに関して、丁寧に解説を行っていきます。

①動画が伝えるぎっくり腰のメカニズム

ぎっくり腰は、重い物を持ちあげたときに起こりやすいとされていますが、実際にはくしゃみや咳をしたときであったり、寝床から身体を起こそうとしたとき、顔を洗うときや椅子に腰掛けて身体を捻るときなど、実にいろいろなケースが存在するのです。日常生活を送る上で、何てことのない些細な動作をした瞬間に起こる可能性もあるぎっくり腰は、従来では急性の一時的な腰痛であると言われていました。このぎっくり腰、きちんと治療をせずに放置をしていると、慢性の腰痛として長期的に悩まされるケースも少なくありません。特に中高年の方は、治療をしなければ何度でも再発をすることもある、要注意すべき疾患となっています。

ぎっくり腰になる可能性があるのかどうかということは、働く職種によっても変わってきます。前述のように中高年の方はぎっくり腰を引き起こしやすい傾向にあり、その中でも事務職などのデスクワークに就いている方が発症しやすいと言われています。このようなことから、ぎっくり腰を起こしてしまったときの対策であったり、再発予防の観点から、まずはぎっくり腰について正確に知っておくということが、非常に重要になってきます。腰をサポートする靭帯や筋肉などに急激に負担がかかることで断裂を起こし、それが神経を刺激することにより、強い捻挫を起こした状態と同じになります。

腰の捻挫痛みの原因はそれだけに限ることなく、腰の中央に連なる椎骨の関節や関節包、椎間板等に傷が付くことによって、神経を圧迫することから起こります。原因によっても変わってきますが、人によっては痛みの重なりから、より強い痛みを感じることもあるでしょう。前述のように中高年の方であれば、運動不足や加齢のため、腰を支える筋肉もだんだん弱くなっていきます。それにより、腹筋と背筋のバランスが乱れることもあるのです。

ぎっくり腰になりやすい動作や年齢的なリスク、痛みの仕組みにおける情報も、動画を活用して分かりやすく伝えることが必要です。動画は人の目を引き付けやすいという特徴を持っています。そのため、動画で効果的に注意喚起をすることが、最も効果的な伝達方法となります。実写動画であれば、医師の先生方やスタッフに説明をしてもらうことも最適です。そうすることによって医師の先生方やスタッフに実際に説明をされているような感覚を味わいながら、動画を見てもらうことができるからです。

②ぎっくり腰の対処法とは?映像で分かりやすく

もしぎっくり腰になってしまったら、一体どうすれば良いのでしょうか。まずは姿勢から見ていくことが大切です。横向きに寝て、腰を丸める姿勢をとることで、だいぶ楽になることができるでしょう。病院でブロック注射をしてもらい、痛みを緩和させるという方法もありますが、身体を無理に動かしてしまうと、症状を悪化させることにもなり兼ねません。

激しい痛みのある2日から3日は、自宅でゆっくりと体を休め、その後クリニックに足を運ぶようにします。自宅で休んでいる間は、マッサージなどをするということも控え、湿布で痛みを緩和させる程度にしておきましょう。また最初のうちは、温めることをせず、2日・3日ほどで痛みが少し落ち着いてきたところで、徐々に動き始めることが適切です。

従来であれば、とりあえず痛みが鎮まるまでは寝ていることが1番であるとされていましたが、近年では早めに動き始めることで、回復に至るまでが早いと分かってきています。もちろん無理は禁物ですので、痛みの状況に合わせ、自宅内を少しずつ歩いてみるようにしましょう。この他にも、クリニックできちんと検査を受けるということも大切です。クリニックでは、鎮痛剤だけでなく、布製のコルセットをもらうこともできます。布製のコルセットを利用すると、歩くことが楽になるはずです。

ぎっくり腰の痛みは、通常であれば1週間ほどで鎮静化し、日常生活も通常通りにこなせるようになります。しかし、そこで安心をしてしまうと、また再発をしたり、慢性の腰痛持ちとなってしまうこともあります。このようになる最大の原因として、運動不足が挙げられます。例えば散歩は、いつでも始めることができて、適度に身体を動かすことから身体にとても良いとされています。この他、水中ウォーキングなども効果的であるとされていますので、時間を見つけて、少し身体を動かすことを、習慣化させるようにしましょう。

ぎっくり腰になってしまったときの対処法やその後の注意点に関しても、動画を通して分かりやすく解説を行うことが大変有効です。ぎっくり腰の詳しい説明として、動画の中にCGやアニメーションを取り入れることも有益です。CGは、ぎっくり腰の痛みが発生する場所などにポイントを絞り、一目見るだけで分かりやすい映像に仕上げてくれます。アニメーションは、誰にでも理解してもらうことが容易であり、親しみを感じてもらいながら、優しく伝えることが可能です。CGもアニメーションもぎっくり腰を説く上で、必要な技術であると言うことができるます。

③日常で注意するべきポイントを動画で応用

ぎっくり腰にならないためには、日常生活における動作にも、注意をする必要があります。
日常生活の中で、具体的に注意すべき動作として、以下のポイントが挙げられます。
◇1.起床時はすぐに身体を起こさず、布団の中で横になり、胎児のように腰を丸める姿勢をとる。
◇2.顔を洗うときは腰だけでなく、膝も少し曲げることで腰への負担が軽減される。
◇3.物を持ち上げたり、床から物を拾うときには、膝を曲げる癖をつける。
◇4.靴は基本的にウォーキングシューズを履く。通常の靴の場合には、厚めの中敷を敷き、歩行時の衝撃を緩和させる。
◇5.椅子に座るときには、背当てに腰が付くまで深く腰掛ける。また1時間に1度立ち上がり、軽い屈伸運動で腰部の血行を促す。
◇6.急に腰を捻ったり、背伸びをするような動作は、ぎっくり腰を招くこともあるので控える。

ぎっくり腰にならないために注意を促す動画の制作は、映像制作会社に依頼をすることが最適です。医療映像を専門とする映像制作会社であれば、様々な医療ジャンルの動画であっても、リクエスト通りに制作を行ってくれるでしょう。それだけでなく、納期もスピーディーであることも多いため、自主制作動画のように、予想以上に時間や手間をかけてしまうということが、一切ありません。これらのメリットから、動画制作をご検討される際には、映像制作会社に依頼をすることが最も有益であるということが、よくお分かりいただけたのではないでしょうか。

弊社では、ぎっくり腰に関する動画制作のご依頼を承っております。また、PR動画制作や映像配信サービス、ドローン撮影や動画マーケティングなど、多岐に渡る事業を展開しております。この他、レンタルスタジオの運営業務も致しております。高品質な弊社オリジナル映像技術を、ご利用なさってみませんか?ぎっくり腰に関する動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています