動画で伝えるヒートショック対策 | 医療映像.jp

DUMMY

動画で伝えるヒートショック対策

日本では、湯船に浸かる習慣があり、入浴は日々の疲労をとるだけでなく、身体全体にも癒しを与えてくれるものです。しかし毎年寒い季節になると、入浴中にヒートショックを起こすことによる急死が数多く発生しているのも事実です。ヒートショックに関連する入浴中の心肺停止者数は、気温の低下する10月頃から増加をし、1月頃にかけてが最も多くなっています。このような結果から、ヒートショックを予防して、きちんと対策を行うということが、大変重要になってきます。今回は、ヒートショックの対策を、動画で伝えることのメリットについて、解説を行います。

①映像の力でヒートショックを予防

入浴中に死亡する人の数は、全国で年間約14000人と推測されています。その原因の多くは、ヒートショックによるものであるという可能性が指摘されています。ヒートショックは、主に自宅の中の温度差によって生じる現象であるとされています。暖かい部屋の中から寒い廊下、あるいはトイレなどに移動したり、温度の低い脱衣所で着替えた後、温かい湯船に浸かるなどの急激な温度変化から血圧が変動することにより起きる健康被害のことです。

東京都健康長寿センターの調査によると、2011年にヒートショックで入浴中に死亡をした人は、約17000人と推定されています。この数字は、交通事故の死亡者数よりも多い結果となっています。ヒートショックによる入浴関連死は、65歳以上になると80%以上を占めていて、その中でも特に75歳以上のシニア層が多い状況にあり、以前との比較をしても、確実に増加をしているという現状があります。

冬の時期は、脱衣所や浴室の温度も低下し、自然と長風呂になりやすい傾向にあります。そのため、危険の高まりやすい状況となるわけです。また昔ながらの温泉施設や日本家屋などでも、床がタイルで出来ていたり、暖房設備自体整備されていなかったりするような空間も多くあるので、それだけ温度差が発生しやすい環境となってしまうのです。ヒートショックの影響を受けやすい方には、以下の7つの特徴があります。
◇1.シニア層である
◇2.熱い風呂を好む
◇3.高血圧や糖尿病、動脈硬化がある
◇4.肥満や不整脈、睡眠時無呼吸症候群がある
◇5.長湯を好む
◇6.飲酒後の風呂を好む
◇7.脱衣所に暖房設備がない
上記に該当する方は、ヒートショック対策をきちんとした上で、入浴を行う必要があります。上記に該当するシニア層が家族の中にいる場合には、脱衣所や浴室で倒れるかもしれないという危険性があるでしょう。そのため、入浴中は時々様子を見てあげるということも、大切なことです。

浴室とトイレは、比較的自宅の北側にあることが多く、暖かいリビングから寒い浴室に移動をする冬場の入浴前は、その場の寒さに熱を奪われないよう、血圧が上昇する状態となります。その後湯船に浸かることで血管が拡張され、急激に血圧が低下します。このように、血圧が何度も変動するような状況は、寒いトイレなどでも類似現象が起こり得ますが、血圧の変動は心臓に負担をかけ、脳卒中や心筋梗塞にも繋がり兼ねないため、注意しなければなりません。
なぜヒートショックが起きるのかを分かりやすく血圧変動や状況説明をCGやアニメーション動画で紹介することにより理解が深まります。

②動画でヒートショック予防・対策方法

ヒートショックを予防するために、まずは脱衣所やトイレを暖かくしましょう。またヒートショックの危険性は、決して入浴中だけに限らないということも、よく知っておく必要があるでしょう。具体的なヒートショックの対策としては、血圧の乱高下を回避する必要があります。そのためには、温度差をなくすということと、出来る限り身体に負担の少ない入浴法を行うことが重要になってきます。ここからは、シニア層の方にも実践していただきたいヒートショックの対策方法をご紹介します。大切なことは、ご家族の方にも協力をしてもらうということです。主なヒートショックの対策として、以下の7つが挙げられます。
◇1.脱衣所や浴室は暖かくする
◇2.湯船の温度は41℃以下
◇3.入浴時は家族に一声かける
◇4.ゆっくりと風呂から上がる
◇5.飲酒後の入浴は控える
◇6.シニア層は入浴前に血圧測定を行う
◇7.若年層も油断は大敵

シニア層に多いヒートショックですが、若年層であっても、油断は出来ず、いつ誰がヒートショックを起こしても、おかしくはないのです。そのため、家族全員が、毎日無事に入浴できているかどうかということを気にかけながら、予防をしていきましょう。
対策を実写映像で紹介することにより、リアリティが出て身近に感じることができるでしょうし、アニメーション映像ならテンポよく飽きさせずに見せることができます。
また入浴だけでなく、以下のように、トイレにおいても注意しなければならないポイントがあります。
◇1.寝室はトイレ付近にする
◇2.暖房器具をトイレに置く
◇3.力まない
シニア層は、夜間に何度かトイレに行くこともあったりと、寒い中廊下を通ってトイレに向かうだけでも、心臓に負担がかかるものです。そのため、出来る限りトイレに近い部屋を寝室にすることが効果的です。また、トイレに暖房器具を置くということも、有効です。近年はさまざまな暖房器具が販売されており、人感センサーの付いている電気温風器等の空間を取らない暖房器具が多く販売されていますので、積極的に活用をするようにしましょう。この他にも、排便時に力まないということも重要です。力むことによって、心臓への負担が高まってしまいます。それだけでなく、排便後は急激に血圧が低下することで、血圧の乱高下も起こりますので、排便時には、なるべく力まないように心掛けましょう。

ヒートショック対策には、入浴時や入浴後だけでなく、トイレにも注意をする必要があるということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。救急搬送される事例の中には、入浴で温められた身体が急速に冷えたことから、その数時間後にリビングで死亡していたということもあります。血圧の変動は、入浴後の数時間は継続するため、急激な温度変化には気を付けるようにしましょう。ヒートショック対策には、動画を利用して分かりやすく伝えることが、最も有益です。

動画を利用することにより、一度の説明だけでは理解しきれないような内容でも、理解してもらえるよう、丁寧に伝えることができます。実写動画でリアリティを求めるという方法も、より身近な問題として捉えることができるでしょう。実写動画の他には、アニメーション動画を取り入れるということも有益です。アニメーション動画を取り入れることによって、対策しなければならないポイントをより強調することが可能であり、さらに印象に残る映像に仕上げることもできるでしょう。

ヒートショックにおける動画制作業務は、それを専門とする映像制作会社に依頼をすることが最適です。動画のプロフェッショナルである映像制作会社は、企画力や構成力にも優れており、スピード感をもって納品をしてくれます。映像制作会社は高い技術力も備えていることから、効果的な訴求を実現することも可能です。また編集技術においては、視聴者の目を確実に引き付ける動画制作を叶えてくれるはずです。

弊社では、ヒートショック対策に関する動画制作のご依頼を承っております。ヒートショック対策動画の他には、PR動画制作や映像配信サービス、ドローン撮影や動画コンサルティングなど、多岐にわたる事業展開を行っております。この他、レンタルスタジオの運営事業も致しております。唯一無二の弊社オリジナル映像技術を、リーブナブルな費用でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています