肩こりの原因と予防を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

肩こりの原因と予防を動画で

年齢を重ねるほどに首の骨は老化が進み、自然と肩こりが現れやすくなるものですが、この辛い肩こりに対し必要なことは、適切な予防をすることになります。肩こりには、それを引き起こすような原因が、身体のどこかに必ずあるはずです。出来る限り、肩こりの症状を緩和させるために、まずは肩こりを予防する情報を知ることから始めることが重要です。今回は、肩こりの原因と、それに対する予防法にクローズアップし、動画を利用の効果に関して、詳しく解説を行っていきます。

①映像で伝える肩こりのメカニズム

日本人の多くが自覚をしている肩こりには、関連する筋肉がいろいろとあります。メインの部位は、首の後ろから肩、そして背中にかけての僧帽筋という筋肉となっています。この僧帽筋の血流が、何かしらの要因から悪くなり、その結果として筋肉が固まってしまう状態のことを、肩こりといいます。この肩こりの原因は、無意識に力が肩に入り込むことで、身体に緊張が引き起こされる状態のことを指しています。
肩がこることのないよう、自ら意識をしているつもりではあっても、実際には肩がこるよう筋肉が収縮してしまっているというのは、姿勢の悪い状態を、脳の中で形状記憶しているという状況です。姿勢の悪い状態を、姿勢の良い姿勢であると脳が勘違いしてしまうことにより、筋肉を緩める指示を伝達することが困難になります。筋肉が収縮するという誤った情報のみ脳に伝わるこの状況こそが、肩こりを引き起こすメカニズムとなっているのです。

肩こりに関する説明には、動画を利用することが、最も効果的です。動画には、テキストの5000倍の情報量があると言われており、1分間の動画の中で、ウェブサイト3600ページ分の情報量にもなるとされています。それだけでなく、動きがあることから人の目に留まりやすく、人の記憶に残りやすいというのも、動画ならではの特徴です。
動画の制作には、それを専門とする映像制作会社に依頼をする必要があります。弊社では、幅広い動画制作のご依頼を承っております。高品質で美しい、弊社独自の映像技術を、低価格でご利用いただけます。

②CGを導入する3つのメリットとは?

肩こりが起こる仕組みについては、動画を利用して伝えることが最適ですが、そうした動画の中でCGやアニメーションを取り入れることもまた効果的です。まずはCGを導入するメリットから、ご紹介します。CG活用で得られる3つのメリットは、以下になります。
◇1.実写で困難な映像を再現可能
実写の動画では、人間の体内の細部など、撮影しにくい箇所がありますが、そのような場合にCGを活用することによって、リアリティーを保ちながら、綺麗に映像化することができます。また肩こりのメカニズムである筋肉の収縮や脳・記憶との関連はCGを活用することにより現実感をもたせながら、説得力のある動画に作り上げることもできます。
◇2.過度の情報を排除可能
実写映像での撮影には、映る必要のない人や背景まで映り込み過ぎてしまうことがありますが、CGを活用することにより、不必要なパーツを全て排除することができて、必要なパーツのみ映像化をすることが可能であるという利点もあります。また実写ではリアル過ぎるような映像なども排除でき、非常に利便性の高い技術であると言えるでしょう。
◇3.コストの削減に寄与
動画の制作依頼を行う際に、動画のクオリティーということの他、制作費というのも、大変気になるところではないでしょうか。実写動画で撮影可能な映像であっても、CGを活用するほうが、費用を抑えられるというケースもあります。またCGを活用することで、人体の構図などを細かく整えることもできるます。実写のように修正のための撮り直しを行う必要もありません。その結果、コストカットを実現することが可能となるのです。

③アニメーションの活用も有益

次に、動画の中に、アニメーションを導入するメリットを見ていきます。アニメーションの活用から得られる3つのメリットは、以下になります。
◇1.表現しやすく伝わりやすい
アニメーションには、表現の幅が広く、実写では再現不可能な映像を映像化させるということもできます。さらに、注意を促したい箇所をデフォルメすることもできます。肩こりの実写映像では大げさに見えるものでもアニメーションなら受け入れられることもあります。
◇2.キャラクターの使用が可能
キャラクターを使用すると、人の記憶に残りやすいというメリットもあり、商品やサービスに親しみを持ってもらいやすいという効果があります。キャラクターの使用は、視覚的な親しみやすさだけでなく、アニメーションならではの口調やフレーズなども使用しやすいという利点もあります。そのため、肩こりに関する商品の紹介や、マニュアル説明などにも適した伝達法となっています。
◇3.低コストの可能性も
アニメーションは、実写の動画と比較をしても、低い費用で制作できる場合があります。実写での撮影には、人件費やキャスティング費、機材費やスタジオ代など、さまざまなコストがかかりますが、アニメーションを取り入れると、それらの費用を抑えることもできます。CGやアニメーションを導入した動画制作のご依頼は、映像制作会社に依頼を行うようにしましょう。動画のプロフェッショナルであるからこそ、巧みな技術を駆使して、イメージ通りの動画に仕上げてくれます。

単なる肩こりだけでなく、もし肩に痛みを感じるようになった場合には、整形外科を受診することが必要です。特に、首の痛みがあったり、手に痺れを感じるなどというような神経系の症状が現れた際には、老化から生じる頚椎症や、頸椎ヘルニアなどの可能性もあるため、早めに受診をするようにしましょう。肩こりに関するさまざまな動画制作は、弊社にて承っております。この機会に、ご検討されてみては如何でしょうか。

④動画で説く肩こり予防のポイント

肩こりの原因には、正確な情報が脳に伝達されないということが判明しています。例えばストレスを感じたままの状態でいると、正確な情報が脳に伝わらず、肩こりの起こりやすい状態となってしまうわけです。肩こりを正しく予防するためには、以下のポイントに気を付ける必要があります。
◇肩こりの原因を検証する
◇適度な運動を心掛ける
◇十分な睡眠をとりストレスを減らす
◇仕事の環境を再考する
◇肩や首を冷やさない
◇入浴で血行を促進させる
◇適度なマッサージを心掛ける

またこの他にも、肩こりを軽減させるため、体操を毎日行うなども効果的です。少し良くなってきたからと、そこで止めてしまうのではなく、大切な事は毎日体操を継続するということです。肩こりの予防法や、体操に関する情報なども、動画を利用することによって、分かりやすく伝えることができます。また、肩こり軽減のための体操などは、実写の動画で解説を行うことが有益です。実際に映像の中で体操を行うことにより、さらに丁寧で理解を深めてもらえる動画となるでしょう。

納得してもらうことができて、満足度の高い動画を制作するためには、映像制作会社に依頼をすることが必要になります。
弊社では、ハイクオリティー且つハイレベルな動画制作を致しております。
動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にお問い合わせください

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています