動画で正しい体温測定 | 医療映像.jp

DUMMY

動画で正しい体温測定

日々の健康管理に欠かすことのできないものとして、電子体温計での体温測定があります。近年では、さまざまな形の電子体温計があり、非接触のものや耳で測るものなども登場しています。体温は、同じ人間であっても1日を通して変化するため、日頃より体温測定を行う習慣をつけて、自らの平熱を知るということが大切です。また、各部位に合う正確な測り方で測定をするということも、大変重要です。今回は、正しい体温測定を行うための方法を動画で説明することの効果に関して、お話をしていきます。

電子体温計の種類を動画で解説

電子体温計には、予測式と実測式の2種類があります。予測式の電子体温計は、平衡温を短時間で分析し、演算を行った値を表示させるという方法であり、測定開始直後からの温度とその後の温度変化を、機器に伝わる温度の上がり方で計算をし、測定結果を表示します。各企業が独自収集した体温データをもとに計算がなされるのも特徴となっており、予測測定の終了後も、そのまま測定を行うと、実測式に切り替わるというタイプのものもあります。

次に実測式の電子体温計ですが、こちらは測定部位の実際の温度を測り、表示するという方法になります。実測式の電子体温計のケースでは、基本的には脇で約10分、口の中では約5分の時間が必要となっています。ブザーのあるタイプであれば、温度の上昇がほぼなくなったタイミングを捉えると、脇で約10分(口中約5分)という時間よりも早く検温終了ブザーが鳴るという仕組みになっています。

電子体温計の種類や、測定方法における説明は、動画を活用することによって、誰にでも分かりやすく伝えることができます。今まで何気なく測ってきた体温を正確に測ることができるようになります。そのため、動画を通して情報を正確に伝えるということが、最も有益な伝達手段であると言うことができるのです。

それだけでなく、動画は画像や文字だけの情報よりも、遥かに多くの情報をスピーディーに知らせることができるため、あるていど複雑で難解な内容の映像であっても、ショートスパンで効果的に理解してもらえるという利点があります。この他にも、動画はその内容を脳に記憶させるため、長期的な視点から見ても、いつまでも印象に残りやすいという効果があります。体温を測るという行為は何歳になっても続くため動画で正しい測定の仕方を覚えておくのは有益といえるでしょう。

またこの他に、動画における拡散性の高さもメリットとして挙げられます。動画を見た後に、何らかのフィーリングを持った視聴者は、その動画を他の人々にも共有したいという思いが生まれ、広範囲に拡散をさせていくというアクションを起こしやすくなるのです。こうした視聴者のアクションも、動画を活用する上で、最終的には利益となる可能性が高いでしょう。

②脇で測る時の注意点

起床直後や食事の後、運動の後や入浴後にも、体温は自然と上昇します。このとき、体温測定までは30分以上時間を空けるようにすることが必要です。脇で体温を測るときの注意点は、以下の4つになります。
◇1.熱を冷ます
熱がこもることにより、体温は高くなるので、乾いたタオルなどで拭き取ることが大切です。このとき、濡れタオルで身体を拭いてしまうと、皮膚温度を下げてしまうことから、注意するようにしましょう。また測定前に厚着をしていたり、長時間布団に入っていたりすると、余計に熱がこもりやすいため、気を付けましょう。
◇2.汗を拭きとる
大人よりも子どものほうが、汗をかきやすい可能性があります。そのため、汗はしっかりと拭き取っておきましょう。
◇3.脇腹に肘を密着
脇腹が完全に密閉状態となるように、きちんと閉じることが重要です。子どもの検温には、腕を軽く押さえるようにします。またこのとき、手のひらを上向きにすると、脇を固定しやすいでしょう。
◇4.電子体温計の位置がずれないよう注意
電子体温計は、脇の中心に当てる必要があります。そのため、下から上に挟み、腕に対して30°から45°の角度を維持します。電子体温計を持ったまま測定を行うと、挟んでいる部位が、より分かりやすくなります。脇の中心と外側では、温度が変わってしまいますので、注意しましょう。電子体温計によって予測測定時間は異なりますが、実測検温する場合には、約10分測ります。

毎日何気なく測っている電子体温計を、脇で正しく測定するための注意点にも、動画を活用して効果的に解説をすることが、有益です。またこの他にも、病院や待合室で動画を流したり、デジタルサイネージ動画を利用して、紹介をするということも、有効です。デジタルサイネージ動画は、LEDパネルや液晶パネルを取り入れていることから、美しい発色が特徴です。そのため患者に見やすい映像で情報を発信することができます。

デジタルサイネージ動画は、音声やテロップ、スライドショーやアニメーションなどのコンテンツを流すことが可能であり、データの入れ替えを行うことで、その瞬間にリアルタイムで情報の更新をすることもできるようになっています。時間や曜日などに合わせて、表示コンテンツを切り替えることが可能です。朝や正午、夕方などに合わせて、スケジュールを組むこともできるため、既にスケジュールが組まれているようなコンテンツは、もちろん自動で切り替わるので、本来であれば更新に発生するような手間も、一切かかりません。午前中は高齢者向け・午後は親子向けなど時間帯によって流す動画を変えるのも有益でしょう。

この他、電子体温計を自ら測ることが可能となった子どもに対して、正確な測り方を教えるための教材として、動画を活用することも効果的です。現在は、さまざまな教育分野で、オンライン映像による教材が導入されています。医療分野でも、映像による教材は、数多く存在します。口頭での説明よりも映像を見せることによって正しく理解することができます。また、子どもは映像や動画に強い関心を示します。であるからこそ、動画という映像技術を、積極的に導入するべきであると言うことができます。動画により自分で正しく体温を測ることができるようになるということは自分自身の体や体調に興味を持ってもらうことができる第一歩とかもしれません。

動画制作を依頼するときには、動画制作を専門とする企業に依頼を行うことが、必要です。何故、動画制作を専門とする企業に依頼をする必要があるのかと言うと、病院や待合室で流す動画というのは、多くの患者やその家族などが目にする映像になりますので、どの年齢層にも分かりやすく伝えることができる企画、構成が必要となります。そのため、動画制作企業にきちんと依頼を行うことによって、高品質で誰にでも見てもらえる動画制作を、叶えることができるのです。

弊社では、体温測定に関する動画の制作を行っております。また、プロモーション映像制作や動画配信サービス、映像コンサルティングやドローン撮影など、バリエーションに富んだ事業展開も致しております。この他、レンタルスタジオの運営事業等も致しております。決して期待を裏切らない、ハイクオリティーな弊社独自の映像技術を、ご利用なさってみませんか。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています