「冬もかくれ脱水」注意動画 | 医療映像.jp

DUMMY

「冬もかくれ脱水」注意動画

冬のかくれ脱水は、思わぬところで起こることが分かっています。今回は、かくれ脱水の注意動画に関する解説を行います。

①かくれ脱水の全容とは?映像で予防を促進

夏場の脱水は、テレビなどで注意喚起がなされているため、目につきやすくなっています。身体のほぼ半分を占めている「水」は、成人の際には体重の60%ほど、65歳以上のシニア層では50%を水分が占めています。体液は汗や尿で体外に出る水分と飲食により、体内に入る水分とのバランスがとれることによって、一定量維持されているのです。しかし、以下のような原因が起こることで、バランスが崩れて体液が不足する結果となります。脱水の起こるメカニズムは、動画で解説することにより、分かりやすく伝えることができます。積極的な動画の活用を行うことが重要です。

冬場の脱水の主な原因となっているのは、「乾燥」です。湿度が低く乾燥する冬に水分の蒸発が進み、体液がさらに失われやすい状態となります。夏の暑い時期と比較をしても、喉の渇きを感じにくいだけでなく、水分を取らないという方が多くなるのも寒い冬の時期の特徴です。その結果として、体外に出る水分は多く、体内に補われる水分は減少するため、体液が不足しやすい状況となるわけです。自らも気付かぬうちに体液が失われることで、無自覚の脱水症状に陥ることとなるのです。

冬場の脱水の原因についても動画を利用して効果的にアプローチしましょう。動画には、人の目を引き付ける効果があります。短時間で最後まで見てもらえる分かりやすい動画を制作することが必要です。短時間で質の高い動画を制作するためには、映像制作企業への依頼を行うことが最適です。映像制作企業ならではのプロの技術を駆使して、短時間で理解してもらえる動画を仕上げてくれるでしょう。

弊社では、冬のかくれ脱水に関する注意動画の制作を承っております。この機会に、ぜひ一度、弊社の動画制作をご利用してみませんか?

②かくれ脱水を引き起こすシチュエーションを動画で解説

脱水の初期症状として、「何となく体調が悪い」ということが挙げられます。「何となく」ということから、つい見過ごしがちですが、冬場の主な脱水症状として、頭痛や胃もたれ、昼間の眠気や集中力低下、食欲不振や腹部違和感、筋肉痛や足がつるなど、脱水とは関係が無いと思われがちな症状が起こります。これらの症状も、動画で丁寧に説明を行うことが有益です。

特に、脱水症状にはいくつもの不快な症状が起こるからこそ、動画を活用して丁寧に解説を行う必要があるのです。一覧表示するのも分かりやすいですし、1つひとつ紹介するのも適切でしょう。これが口頭での説明することは効率的ではありません。その点においても、動画は大変優れていると言えるでしょう。クリニックの待合室や薬局、公式ウェブサイトで繰り返し動画を流すことによって、患者や視聴者の記憶に残りやすく、尚且つ効率的に伝えることができるからです。

かくれ脱水になりやすい冬場のシチュエーションとは、一体どのようなものがあるのでしょうか。主に以下の4つが挙げられます。

◇1.乾燥
空気の乾燥や、冬場は急速な脱水が起こらないことから、自覚のないかくれ脱水が増加します。無自覚のままに、1日約900ml水分が失われ、冬場は生活をするだけで失われる水分量が増加するけれども、水分摂取を怠りやすくなるのです。これには乾燥や湿度の低下した環境などを要因とし、無自覚のままかくれ脱水に陥ってしまいます。

◇2.水分補給の減少
水分をとることが夏場よりも少なくなりやすい冬場は、かくれ脱水になりやすいと言うことができます。成人は1日に1000mlの水分を摂りますが、冬になると食材も根菜類等、夏場より水分量の少ないものが多くなるため、そうした要因も重なることで、水分摂取の機会は冬場に減少します。

◇3.運動不足からくる筋肉量の減少
マスクを着用しやすい冬場は、運動不足も重なること、またアルコールや糖分摂取が自然と増加することなども筋肉量減少の原因となり、その結果かくれ脱水を引き起こしやすくなります。運動不足もアルコール・糖分摂取も、病気を発症する原因にもなり得ますので、量には注意をしましょう。

◇4.感染症による嘔吐や下痢
ノロウイルスやロタウイルスなどの冬に流行しやすい感染症に感染することで嘔吐や下痢を引き起こすこととなり、脱水になってしまうということもあります。感染症に罹患すると、辛い症状が複数現れることもあるため、感染症から脱水にならないよう、気を付ける必要があります。

冬場にかくれ脱水になりやすいシチュエーションに関しても、動画を利用して伝えることが最も好ましいでしょう。動画は単純に説得力をもたせることにも寄与しますし、誰にでも理解しやすいように伝えることができるという点においても、何より有益な伝達手段であるということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

③アニメーションやイラストで伝わりやすい映像制作を

原因不明のまま続く不調がある場合には、水分不足を疑いましょう。そして、すぐに対策をとることが重要です。かくれ脱水を防ぐポイントとして、こまめな水分補給や経口補水液を飲むことも効果的です。シニア層のケースでは、気温や体調の変化、喉の渇きを感じにくくなることがあります。そのため、慢性的に水分不足となりがちです。血液中の水分が不足すると血液が濃くなり、その結果血栓もできやすい状態となります。ここまでになると、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクも高まりますので、注意をする必要があります。
若年層については、朝食を抜いたり、過度のダイエットから不規則な食生活となることが原因で、水分不足になるケースがあります。シニア層や若年層の水分不足の原因に関しても、動画の力を活用して、積極的に発信をすることが大切です。かくれ脱水については、シニア層も若年層も気になる情報です。そのため、なるべく目を引きやすい映像制作を実現することが重要となります。

乾燥を防ぐ対策として、以下の対策が有効です。
◇1.加湿器の使用
◇2.洗濯物や濡れタオルを室内に干す
◇3.定期的に窓を開けて換気をする

上記のような脱水対策も、動画を利用して分かりやすく説明をすることが有益です。このとき、アニメーションやイラストを使用することによって、より効果的に表現することができます。アニメーションやイラストには、実写よりも親しみを感じてもらいながら最後まで見てもらいやすいというメリットがあります。またキャラクターを制作することもできるため、子どもであればより愛着や親しみを感じてもらいやすい傾向にあります。

アニメーションやイラストは、日本では非常に愛されているカルチャーとしても有名であって、シニア層でも若年層でも、アニメーションやイラストを好む方々は大変多くいらっしゃいます。アニメーションやイラストを上手に活用することによって、より理解されやすい動画制作を叶えられます。動画制作の依頼は、映像制作企業に協力をしてもらうようにしましょう。映像制作企業であれば、どのようなリクエストにも応じてくれて、比較的リーズナブルな価格で仕上げてくれます。

弊社では、冬のかくれ脱水に関する注意動画をはじめ、さまざまな動画制作を行っております。冬のかくれ脱水に関する注意動画の他にも、PR動画制作や映像配信サービス、動画コンサルティングやドローン撮影など、幅広い映像制作を展開しております。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています