虫歯予防にフッ素を動画でアプローチ | 医療映像.jp

DUMMY

虫歯予防にフッ素を動画でアプローチ

フッ素とは、ほとんどの食品に含まれているミネラル成分のうちの1つです。フッ素は、魚介類や野菜、牛乳や肉、塩やお茶の葉などほとんどの食品に含まれていて、ビタミン類などのように、毎日摂取しなければならない必須の栄養素として位置づけられています。このフッ素ですが、単体ではなくナトリウムと結びついた「フッ化ナトリウム」、カルシウムと結びついた「フッ化カルシウム」など、必ず他の物質と結びつきながら存在していますハミガキ剤によく配合されている「フッ素」はむし歯の発生と進行を防ぎます。今回は、虫歯予防「フッ素」をテーマに、動画で解説することの効果について説明を行います。

①CG動画で分かりやすいフッ素の全容

フッ素が効果を発揮する働きとして、以下の3つが挙げられます。フッ素効果に関する内容は、動画を活用することによって、より分かりやすく伝達することができます。また、CG動画を活用すると、さらに効果的に伝えられます。
◇1.菌の増殖を抑制
むし歯を起こす細菌の働きを弱めて、酸が増殖するのを抑制します。いつでも口内が中性であるならば、歯の脱灰はありませんが、脱灰と再石灰化は1日の中でも急速に進みます。もし初期むし歯が出来、フッ素の活用やその他のケアで再石灰化しやすい口内環境をつくり出すことができれば、修復をすることも可能です。初期むし歯が修復されるまでには、半年から1年ほどかかるとされています。そういったことから、定期検診が半年に1回以上と推奨されているのは、理にかなっています。
◇2.再石灰化・エナメル質の修復を促進
酸によって歯から溶け出したカルシウムやリンを再石灰化することを促し、唾液中のカルシウムやリン酸を歯にくっつけてくれます。こうした作用によって、初期むし歯は治ることもあるのです。
◇3.歯の質を強化・耐酸性・結晶性アップ
歯の表面を覆うエナメル質を、酸に溶けにくい性質に変えて、むし歯への抵抗力を高めます。フッ素が歯に作用することで、歯質はフルオロアパタイトという安定した結晶構造を持つこととなり、歯質は強化され、酸に強くむし歯になりにくい歯となるわけです。

フッ素は、誰もが知っているようで、その詳細までは知らないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。フッ素が歯にどのような影響を与え、どういった効果を得られるのかということは、動画を通して伝えることが有効です。
口頭での説明だけでは理解することが難しい内容も、動画を活用することでスムーズに、そして伝わりやすくなります。また病院や待合室だけでなく、ウェブサイトなどでも動画を公開することにより、繰り返し見てもらえ、理解しやすく、尚且つ記憶に残りやすい動画制作を実現することができるでしょう。

②ハミガキ剤の注意点をアニメーション動画で伝える

初期むし歯は自分で見つけることは難しく、歯科専門家による定期検診が必要となります。初期むし歯ができてしまったからと言って、一時的にケアに気遣うだけでは、フッ素効果は十分に発揮されることはありません。毎日、口内環境は変化をするので、脱灰に傾くリスクはいつでもあります。そのため、日々のオーラルケアでフッ素をきちんと取り入れ、継続的なむし歯予防を行うことが重要です。

またフッ素配合のハミガキ剤を使用する際には、以下のことに注意しましょう。また、ハミガキ剤使用の際の注意点についても、動画を活用して発信することが有益です。ハミガキやハミガキ剤の重要性・注意点については、きちんと子どもに説く必要があります。
◇1.効果的に使用するための量
年齢により、フッ素配合ハミガキ剤の使用量の目安は異なります。
使用の適切な量を知りましょう。歯科医の定期検診などで聞いてみるのもお勧めです。
◇2.歯磨き後のすすぎ
10ml~15mlの水を口に入れ、1回ほどすすぐことがおすすめです。口内にフッ素が残るため、むし歯予防に効果的です。
◇3.ハミガキ剤は飲み込まない
多くの実験により、フッ素の安全性はチェックされていますが、ハミガキ剤は食品ではないので、飲み込まないようにしましょう。
子どものケースでは、一人ですすぎができるようになってから使用するのがいいかもしれません。

ハミガキ剤を使用する際の注意点は覚えてしまえば習慣化する簡単な内容です。しかし、子どもの場合は、つい忘れてしまいやすい情報です。子どもが覚えやすく分かりやすい、そして効率的に伝えるためには、動画の活用が欠かせません。また、アニメーション動画を導入することで、より丁寧に伝えることができるため、アニメーション動画は積極的に活用するのもいいでしょう。

③フッ素の応用法にCG動画を活用

フッ素のむし歯予防効果として、以下の3つの応用法があります。
◇1.フッ素塗布
直接歯にフッ素を作用させ、歯科医師や歯科衛生士などの専門家が直接行うフッ素応用法のことをいいます。永久歯や乳歯の生え始めの時期に年3回~4回ほど塗布することで、高いむし歯予防効果を得ることができます。
◇2.フッ素洗口
歯の表面にフッ素イオンを作用させることを目的とした応用法のことをいいます。学校などの施設で、集団応用されるケースでは、優れた効果を発揮しています。この集団応用は、個人応用よりも高い効果を得ることができ、特にフッ素洗口は幼稚園や小学校などに普及しつつあり、高いむし歯予防効果があるとされています。
◇3.フッ素入りハミガキ剤の利用
誰でも家庭で簡単にフッ素を応用できる方法です。フッ素を入りハミガキ剤を使い綺麗に歯磨きを行います。ハミガキ後のすすぎはフッ素を残すためにもしすぎないようにしましょう。使用するハミガキ剤の量は、年齢によって異なりますが、おおよそ歯ブラシの毛の部分の約2分の1を目安とすればよいでしょう。

フッ素の効果を表現するために、CG動画を活用することで、実写動画とはまた異なる技法で伝えることができます。3DCGを活用すると、実際に存在していても撮影が困難なものまで映像化することが可能であり、リアリティーを保ちながら映像化することができます。体内映像なども表現可能であるため、3DCGは医療現場でもさまざまなポイントで活用されています。

またCG動画を活用すれば、実写では写り込んでしまう不要なものを除くことができ、必要とされる部分のみを表現できるという効果もあります。それだけでなく、実写動画であればコストが高くなる内容の動画なども、CG動画であれば雰囲気等の細部まで調整をすることができるので、撮り直す必要などもなく効率的にコストカットを叶えられる可能性があります。これらのことからも、動画は必要不可欠のツールであるということが分かります。

むし歯予防の「フッ素」動画解説には、動画の制作を依頼することをお勧めします。動画制作は、それを専門とする映像制作会社に依頼をすることが最適です。映像制作会社に依頼をすると、まさにリクエスト通りの高品質な動画制作を実現してくれます。また実写・CG・アニメーションなど効果的な表現方法や納期の相談も可能なため、依頼をするメリットは大きいと言うことができます。

弊社では、むし歯予防「フッ素」に関する動画の制作を承っております。フッ素に関する動画制作の他にも、幅広い映像制作を行っております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス、動画マーケティングやドローン撮影など、幅広い映像制作を展開しております。弊社独自の映像技術を、低価格でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています