冬の乾燥肌対策を動画で紹介 | 医療映像.jp

DUMMY

冬の乾燥肌対策を動画で紹介

冬は、1年のうちで最も湿度が低く、空気が乾燥する季節です。冬になると乾燥肌や、カサカサして何だか痒いと感じる方も、多いかもしれません。気温が低く空気が乾燥している冬は、肌の保湿が必要となる季節でもあります。今回は冬に肌が乾燥しやすい理由とその対策を、動画を通して説明することのメリットに関して解説します。

① CGグラフに映し出す気温や湿度から分かること

寒さや風邪の冷たさなどが増すことにより、気温も湿度も急降下するのが冬の季節です。空気が冷たく乾燥しているため、肌にとっては過酷な季節となります。室内でも使用する暖房器具などによって空気はさらに乾燥しやすくなり、空気の乾燥から肌の水分が失われることにより、乾燥状態に陥ります。また気温が低ければ血行が悪くなりやすく、皮脂や汗の分泌も減少していきます。

肌のバリア機能の1つである皮脂膜が十分に形成されなくなり、肌のバリア機能が低下してしまうと、肌が突っ張ったりカサカサとして白い粉がふいたり、痒みが出てくることもあります。肌トラブルが悪化しやすい冬の季節ですが、このような肌が乾燥する理由には、動画を利用して説明を行うことが最も効果的です。気温や湿度・皮脂の分泌量など、CGグラフで分かりやすく解説を行いましょう。血行不良になると肌の機能が低下する理由に関しては、CGやアニメーションを導入し、説明を行うことが有益です。

CGグラフは、口頭で説明しただけでは理解しがたい情報を、一目見て視聴者が分かりやすいと感じる映像を見せることができるというメリットがあります。そのため、気温や湿度・皮脂の分泌量などの情報から、乾燥肌を防ぐための具体的な予防や対策を行うべきという説明の説得材料となります。動画を制作する際には、CGグラフの活用も必要な要素であると言えます。この他にも、アニメーションは表現を柔らかく見せることを得意とし、特に子どもに見せる動画制作の際に最適です。CGは、際立たせたいポイントに焦点を当て、その対象だけを巧みに演出させることができます。

②注意点に実写映像やCG映像を有効活用

顔周りで特に乾燥しやすい箇所は、目の周りや頬・首などの皮脂分泌の少ない部位になります。冬の乾燥肌を防ぐために、洗顔時に注意しなければならないこととして、以下の4つが挙げられます。
◇1.熱いお湯での洗顔はNG
◇2.洗顔時はぬるま湯を使用
◇3.水分だけでなく油分もバランスよく補給する
◇4.お手入れのラストは乳液やクリーム等油分が多めに含まれた物を使用

また洗顔時だけでなく、昼間の乾燥対策にも、以下の点に注意する必要があります。
◇1.メイク前のスキンケアは丁寧に保湿を行う
◇2.紫外線も乾燥の原因となるため紫外線カット効果のあるものを選定

この他冬の乾燥肌対策として、入浴時にも注意すべきことがあります。入浴時における注意点は、以下の5つが挙げられます。
◇1.熱すぎるお湯への入浴はNG
◇2.お湯の温度は約40℃を目安にする
◇3.身体を洗う際は石鹸やボディーソープを予め泡立ててから洗う
◇4.泡で洗うことを意識し優しい素材のもので洗う
◇5.ゴシゴシとこすらないようにする

手足などの身体の末端は、もともと血流が滞りやすく、皮脂腺が無く乾燥しやすい部位となっています。寒さなどにより血流が滞ることで、肌のターンオーバー(肌の細胞が一定の周期で生まれ変わる仕組み)が正常に行われなくなります。この背景には、古い角質が蓄積されるため、かかとの皮膚がどんどん厚くなりカサカサになってしまうことがあります。かかとや足の裏は身体全体を支えており、歩いたり立ったりする際に、衝撃や圧力・摩擦などのさまざまな刺激を受け続けている部分でもあります。

皮膚は刺激を受けると、皮膚を守るために厚みが増して固くなる性質となっています。この皮膚の厚みがまさに角質層と呼ばれるものです。角質層が厚みを増し水分不足となることにより、角質層がカサカサしたり、ひび割れてしまったりということが起こります。そこで湯船に浸かると、身体全体が温まり血流が良くなるため、肌のターンオーバーが促進されるという嬉しい効果もあります。肌のターンオーバーが正常になれば、硬くなってしまったかかとの古い角質も、はがれやすくなるのです。

洗顔時や昼間の乾燥肌対策における注意点・入浴時の注意点や皮膚の構造における解説にも、動画を利用することが有益です。動画制作の際には、実際にカサカサしているかかとの実写映像を映し出し、そこから徐々にCG映像を活用した説明に移行していく方法がおすすめです。実写映像は実際に人間が映し出されるため、リアリティー溢れる臨場感を感じてもらいながら見てもらえるというメリットがあり、CG映像には焦点を絞ってその対象を目立たせる演出を行うことがでるという利点があります。また、実際に目で見ることができない現象(ターンオーバーや血行不良など)の解説をCGやアニメーションで表現していくことにより、より視聴者の理解が得られます。

③冬の乾燥肌対策をイラストで丁寧に解説

冬の乾燥肌対策における洗顔時や昼間・入浴時の注意点に関しては、先述の項目で説明を行いましたが、それでは入浴後についてはどうでしょうか。入浴後に注意すべきこととして、以下の2つが挙げられます。

◇1.入浴後は出来る限り早く保湿ケアを行う
◇2.ひざやひじ・すねやかかとは特に乾燥しやすいため、念入りに保湿を行う。マッサージをして血行促進するのもおすすめ。

ドラッグストアやスーパーなどでは、冬の乾燥肌対策としてさまざまなスキンケアクリームが販売されています。自分の肌に合うものを選び、適度に使用することが大切です。入浴時の注意点や入浴後の注意点における解説にも、動画を利用して分かりやすく伝えることが最適です。注意点の説明としてキャラクターを活用すると、親しみを持ちながら理解してもらえるため、非常に有効です。また日々のお肌のお手入れが習慣化しやすいイメージを持たせるためにも、キャラクターを用いて解説を行うことには、大きなメリットがあると言えるでしょう。

また冬場に暖房器具を使用する場合には、加湿を行うことも必要です。室内の最適湿度は40%~60%の間であるとされており、適切な湿度を保つことで肌の乾燥を防ぐことだけに留まらず、同じ気温であっても少し暖かいと感じたり、ウイルスも飛散しにくいため風邪やインフルエンザなどの感染症対策にもなります。このような説明にも、動画を利用して伝えることが最も効果的です。動画の制作依頼は、専門の映像制作会社に依頼を行うことで、質の高いイメージ通りの動画を仕上げることができます。また、弊社が持つ映像制作のノウハウを活かし視聴者に理解してもらいやすい作品構成やCGの動きなどをご提案いたします。

弊社では、冬の乾燥肌対策に関する動画の制作を承っております。冬の乾燥肌対策動画の他にも、豊富な映像制作を展開致しております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローン撮影や動画マーケティングなど、映像制作会社の中でもトップクラスの品質を誇る弊社オリジナル映像技術を、リーズナブルな価格で提供しております。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています