ゲーム酔い・3D酔い対策を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

ゲーム酔い・3D酔い対策を動画で

ゲームやVR・映画などの3D映像画面を日常的に見る人々は増加傾向にあります。3D映像を見続けることには、乗り物酔いと同じような症状が起こることがあるとされています。具体的な例を挙げると、めまいや冷や汗・吐き気などが該当します。このような3D画面を見続けることにより起こる乗り物酔いに類似した症状のことを、3D酔いといいます。バーチャルリアリティーの世界が身近になりつつある現代において、3D酔いやゲーム酔いなどの症状に悩まされる患者も増加しているのです。今回は、ゲーム酔いや3D酔いの原因とその仕組み・対策を動画で説明することの効果について、丁寧に解説します。

①動画で学ぶゲーム酔い・3D酔いメカニズム

身体の動きや位置は、3つの器官からの刺激により感知されています。まず視覚からの情報と内耳の前庭器(三半規管や耳石)から感じる加速や減速などの揺れの情報の2つが挙げられます。そしてもう1つが、立っている際の足の裏・座っている際の背中やお尻などの関節や筋肉から入る揺れ・振動の情報(固有知覚)です。3D映像では、視覚から揺れや加速・傾きといった情報があるけれども、他の期間からの情報と異なることで脳が混乱します。その結果として、自律神経も乱れることにより、3D酔いが生じるのです。

これはゲーム酔いにも同様の症状が当てはまり、映像からは急な加速や曲がるなどの視覚情報が伝達されているにも関わらず、耳や身体は加速を感じていなかったり、身体が傾いていないなどの状態になります。このような仮想空間の情報と、現実の自らの内耳や身体からの情報との差異から、脳が混乱してしまうことが原因で、ゲーム酔いが引き起こされるわけです。

3Dによるゲーム酔い・3D酔いの仕組みを分かりやすく説明するには、動画の力が必要です。動画は3D酔いなどの構造を、何より理解しやすく伝えられる映像技術です。実写での動画解説の他、CGを活用するのも効果的です。CGは、注目して欲しいポイントにクローズアップして、その対象が際立つように、演出させられます。またCGは映像そのものが大変綺麗であるため、人の目を引く動画に仕上げることができます。
弊社では実写映像やCGを駆使したゲーム酔い・3D酔い対策に関する動画の制作を承っております。ゲーム酔い・3D酔い対策の他にも、3D映像・3DCGに関する映像制作を展開しております。

②アニメーションで対策動画を有効活用

先述のようにゲーム酔いや3D酔いは、基本的には乗り物酔いに近い現象のことをいいます。3D映像を何度も見返すことで映像に慣れていくと、そのうちに脳は3D映像の揺れや速度を新しいパターンとして学び、少しずつ酔うこともなくなってきます。乗り物酔いは、男性よりも女性のほうが2倍近く酔いやすいとされており、それに加えて片頭痛を持つ人はさらに乗り物酔いをしやすいといわれています。

3D酔いは、乗り物酔いと異なり、これまで経験したことのない全く新しい揺れの刺激により起こります。子どもだけに限ることなく、もちろん大人であっても経験したことのない3D映像を見ると、酔いやすい傾向にあります。この3D酔いの対策として、短時間から少しずつ映像を見る時間を慣らしていくことが大切です。また、明るい室内で小さめの画面であること・頭を動かし過ぎず、体調管理に気を付けること・対策の1手段として酔い止めを飲むことなどがあります。小さめの画面でというのは、大画面やVRゴーグルなどは酔いやすいとされていることから、小さめの画面をおすすめします。

ゲーム酔いや3D酔いの対策における説明には、アニメーションを取り入れてもよいでしょう。近年はゲーム好きの大人も大変多いですが、やはり子どものほうがゲームを行う時間も多いでしょう。子どもが自宅でゲームを行う事を想定し、子どもにとっても分かりやすい映像の種類として、アニメーションの活用を行うことが最も相応しいと言うことができます。また日常的にゲームをしないという大人も、3D映画であれば観るケースは数多く存在します。3D映画の場合にも、3D酔いを起こすことがあるため、対策動画をデジタルサイネージを利用して流すことも最適です。

アニメーションを活用することの効果には、すぐに愛着や親しみを感じてもらえるだけでなく、情報内容のイメージ付けを容易に行うことができるという効果もあります。内容を脳に記憶させることができれば、商材の訴求やインパクトを与えられる映像を見せることも可能となります。また伝えたい情報だけに焦点を当てて説明することが出来、コストを抑えての制作依頼が可能であるという点も、アニメーションを活用する上で、大きなメリットとなるでしょう。アニメーションの活用シーンには、プロモーション動画や映像配信などで頻繁に活用される傾向があります。

③動画の訴求にデジタルサイネージも効果的

デジタルサイネージについても、情報内容のイメージ付けが容易であることや、商材の訴求を行うことができたり、インパクトを与える映像を見せられるという点などが挙げられます。この他にも、病院の待合室や薬局での待ち時間に効果的な情報の発信をすることにより、待ち時間を有益な時間に変えることができます。また、ゲーム酔いや3D酔いの対策動画はゲーム売り場や映画館などのデジタルサイネージで、発信してもいいかもしれません。
デジタルサイネージは季節や時間帯によって流す動画の内容を変更することができます。子供が多い時間帯にはアニメーションで大人が多い時間帯にはCGや実写映像でといった、視聴者に対するアプローチの仕方にも変化を付けることが可能になります。これらのことから、デジタルサイネージは動画をさらに多くの患者に見てもらうためにも、積極的に活用すべきであると言えるのです。

ゲーム酔いや3D酔いにおける動画制作は、先述のように映像制作を専門とする企業に依頼をすることが最適です。映像制作において、豊富な実績なキャリアのある映像制作企業へ依頼をすると、精神的にも一切負担を感じることなく、安心して任せられます。そのような側面からも、映像制作企業への依頼は、プラスの効果を生むということが分かります。現在は、低いコストで制作を行ってくれる映像制作企業もあります。高い技術力があり、尚且つ低価格での映像制作を実現してくれる企業への依頼を行うことは、業務効率化を促進する上でも、大変重要なポイントとなります。

弊社では、アニメーションやデジタルサイネージを導入したゲーム酔い・3D酔い対策に関する映像制作を行っております。ゲーム酔いや3D酔い対策動画の他、幅広い映像制作を致しております。プロモーション映像制作や動画配信サービス・動画マーケティングやドローン撮影など、映像制作企業の中でもトップクラスのオリジナル映像技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています