助産師の仕事内容を動画でアプローチ | 医療映像.jp

DUMMY

助産師の仕事内容を動画でアプローチ

妊娠から出産・育児に至るまで、母子の健康を支える助産師。正常分娩であれば、医師の指示を受けることなく、自身の判断による助産介助を許された専門職のことです。赤ちゃんを取り上げるだけでなく、妊娠期や出産後の健康指導・乳房ケア・新生児のケアなども担います。英語ではMidwife(ミッドワイフ)といわれることもある職業で、これには英語の女性(Wife)とともに(Mid)という意味合いから成り立っています。海外では男性の助産師がいる国もある中、日本では女性だけが資格を取得できる、助産師。一体、どのような業務を行うのでしょうか。今回は、助産師の仕事内容を動画で伝えることの効果に関して、詳しくご紹介します。

① 再現VTR映像で助産師の1日を丁寧に

助産師になるためには、看護師免許が必須となります。助産師国家試験に合格しても、看護師国家試験に不合格だった場合、助産師資格を得ることはできないという仕組みになっています。この仕組みには、助産師国家試験の合格実績に有効期限がないため、翌年以降に看護師国家試験に合格すれば、助産師免除の申請ができるという面もあります。

現在、助産師の約7割が病院に勤務しています。その他では、助産院や保健所・教育機関や社会福祉施設などで働いています。病院勤務の場合は産科への配属が基本となりますが、混合病棟では他の診療科の仕事を兼務するケースもあり、必ずしも助産師としての役割だけに集中できるとは限りません。病院勤務の助産師の仕事内容は、動画を利用して伝えることが最適です。例えば助産師の1日の仕事の流れなどの内容は、動画内でドキュメンタリー風の動画に仕上げることにより、勤務内容がさらに分かりやすく伝わります。

動画内でドキュメンタリー風の動画に仕上げるために、再現VTR映像を導入することでリアリティ感じてもらうことができます。再現VTR映像を取り入れると、助産師が毎日どのように勤務しているのかよく知れるだけでなく、妊婦が病院や助産院を選ぶための訴求効果を期待することもできます。また、可能であれば、実際に助産院に勤務する助産師が登場したり、スタッフを登場させることも効果的です。動画の制作において特に重要なことは、誰が見ても分かりやすい動画に仕上げることです。

近年、産科医不足の影響もあり、助産外来や院内助産という形で病院の助産師が活躍することも増えています。助産外来は、妊産婦・褥婦の健康診断や保健指導などを、病院の助産師が行う専門外来です。院内助産は、比較的リスクの低いお産について、院内での出産介助やケアを助産師が中心となって行います。産婦人科の医師のように、麻酔を打ったり手術をしたりする医療行為は不可となっています。

②アニメーションを導入し産前から産後までを分かりやすく

助産師はお産の支援の他、生活の全般において妊婦と赤ちゃんの保健指導を行います。
主な流れとして、以下のように産前・出産時・産後に分類することができます。
助産師の仕事を深く知る上で、欠かすことのできない内容になりますので、ここでも動画を利用することが必要となってきます。
<産前>
食事や運動における生活指導や健康指導を行います。母親学級や父親学級などの産前教育を通して、母親・父親になる心構えを伝えます。
陣痛の周期や陣痛時の病院・助産院までの交通手段の確認や、出産から入退院までの流れなど、出産の基礎知識を伝えます。
妊婦の相談に乗り、産後の手伝いをしてくれる人の確認などを通し、不安を取り除くことも行います。
<出産時>
お産を助け、赤ちゃんを取り上げる分娩介助を行います。
病院・診療所の一般的なお産では、医師1人・介助を行う助産師1人・赤ちゃんを受けとる助産師あるいは看護師1人の3人体制となります。
介助を行う助産師は、母体の状態と赤ちゃんの状態を見極め、医師に処置を促すことで、お産をスムーズに進めます。
<産後>
入院中の母親の体調管理・母乳指導・乳児の保健指導などを行います。また、退院後の生活や育児に関するアドバイスなども行います。

院内での仕事を産前・出産時・産後に分けて助産師の仕事を詳しく説明することにより、信頼できる施設であることをアピールすることができます。
産前から産後迄の流れに関しても、動画を利用することが有益です。動画内にはアニメーションを導入することにより、視聴者が理解しやすくなります。アニメーションではオリジナルキャラクターを制作し、親しみを感じてもらいながら説明を行うことも相応しいでしょう。アニメーションの場合、柔らかな表現が可能なため、理解しやすい動画を届けられます。

③インタビュー映像で助産師の効果的な訴求を

看護師資格にも保健師資格にもない助産師資格の大きな特徴は、助産院の開業権が認められていることです。病院などに勤務しながら、将来的には助産院の開業を目指す人も、少なくありません。助産院には医師が常駐せず、助産師が全面的に出産のサポートを行うことになります。しかし、妊娠中の経過やお産の状態により、連携している病院や診療所の医師の支援を受けることもあります。また、異常分娩の対応は、医師にしか許可されていません。

助産院では、落ち着いた家庭的な雰囲気の中での出産となるケースが多く、そうしたお産を希望する母親は、助産院での出産が選択肢の中に入ってきます。助産院での出産のメリットやデメリットも、動画を利用して伝えることが効果的です。家庭的な雰囲気の中での出産というメリットや、異常分娩の際には医師のいる病院での出産になることなどの対応説明に、動画の利用は必要不可欠となります。動画内には、実際に助産院で出産した人のインタビュー映像を入れることで、助産院の雰囲気が伝わります。

実際に助産院で出産を行った人のインタビュー映像は、実際のお産の話が深く掘り下げられ、臨場感などを与えられることができるという効果があります。そのため、新たなニーズの獲得やブランディング・認知度の向上にも寄与します。またインタビュー映像には出産した人に限ることなく、例えば助産師のインタビューを実施することで、助産師という職業を紹介するのに役立ちます。また妊婦は助産院で、どのように出産を行えるのかというイメージを湧かせやすくなります。助産師という仕事内容の紹介としても、出産に対する妊婦の不安を解消する方法としても、インタビュー映像は有益なのです。

動画の制作は、映像制作を専門とする企業に依頼を行うようにします。映像制作のプロフェッショナルに依頼をすると、理想通りの動画に仕上げてくれます。近年は具体的な構想ではなく、漠然としている内容であっても、ヒアリングを通して企画のプロセスから任せられる企業もあります。また納期についても、融通が利きやすいこともあり、何よりスムーズに納品してくれるので、安心できます。

弊社では、助産師の仕事内容に関する動画の制作を行っております。助産師の仕事内容における動画制作の他、業界・業種問わず多種多様な映像制作を承っております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなどを、低価格でご利用いただけます。動画制作において独自技術を駆使した、唯一無二の高品質な映像美。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています