便秘解消を動画で効果的に | 医療映像.jp

DUMMY

便秘解消を動画で効果的に

便秘が数日続くと、腹部に張りを感じたり、場合によっては緊急の事態に発展し兼ねないこともあるものです。この他にも、肌トラブルが発生することもあります。排便における悩みは、年齢を重ねるにつれ多くなっていくという特徴もあります。出来る限り薬に頼ることなく、改善させるためには、どうすれば良いのでしょうか。今回は、便秘の解消法やその内容を動画にして伝えることのメリットなどに関し、解説を行います.

①男女比グラフや年齢別データにCGを導入

男女問わず、便秘と診断される患者は、年々増加傾向にあるといわれています。便秘は女性に多いようなイメージもありますが、実は男性にも便秘を自覚している方が3割ほど存在します。年齢別にみると、20代~30代で便秘自覚者が増加するという特徴がありますが、年齢が上がるにつれ男女差はなくなっていきます。便秘になる原因にはさまざまな理由がありますが、便秘を放置すると心身ともにストレスが蓄積し、他の疾患の発生とも関連するとされています。そのため、日々の生活の中で気を付けていくことが重要になります。

例えば長時間のデスク作業やストレス・運動量の低下や高齢化などの影響を受けるのは、男性も女性も変わりません。便秘に悩む患者は今や男女問わず増加している現状があるのです。動画を活用し便秘の解消法を伝える際に、男女比データや年齢別グラフを、一目見て理解しやすいようCGで表現するのも効果的です。CGを活用すると、数字が羅列された表ではなく分かりやすく色を配したグラフになり強調したい部分をめだたせることができます。また、実写ではリアル過ぎる映像のリアリティーを排除して理想の映像制作を実現できます。

またこの他にもCGを活用すると、棒グラフであれば棒が伸びる動きを付けたり円グラフであれば注目してほしい箇所を強調して見せることができ、一見難しそうなデータも容易に理解しやすくなります。要点にクローズアップして説明したい場合に、CGの活用はまさに最適であると言えるのです。また実写と比較をすると、人件費や移動費などが不要であることから、コストを抑えて制作可能な点もCGを活用するメリットとなっています。

②筋肉低下に3DCGやアニメーションを活用

[慢性便秘症診療ガイドライン2017]によると、「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」を便秘としています。便が直腸に達しても排便反射が起こることなく、直腸に便が停滞することで排便がうまくいかなくなります。この一連のフローとして、腸管の緊張が緩むことで、大腸の運動機能が低下し大腸内に便が長くとどまります。大腸内に便が長くとどまることで水分が過剰に吸収され、便が硬くなります。副交感神経の過度の興奮により、大腸が緊張しすぎることで便がうまく運ばれなくなるのです。便秘を甘くみていると、大腸内で便がますます硬くなり、悪循環となります。

さらに、痔や潰瘍のような合併症と言える症状も発生する恐れがあります。便秘の原因を動画で説明する場合にも、CGを活用し分かりやすく解説しましょう。CGの他に、アニメーションを活用することも効果的です。アニメーションでは、グロテスクにならないよう説明を行うことができ、最後まで視聴してもらえるはずです。アニメーションを活用すると、実際には表現するには複雑で難解な映像も、容易に表現することができます。また伝えたい内容をピンポイントに定め、視聴者に理解しやすい映像を届けられます。またCGと同様に、人件費などが不要であるため、コストを抑えた動画制作を叶えられます。

また、仕事などで無理な体勢での作業や、長時間同じ姿勢を取るような生活習慣のある方は、背骨や骨盤に歪みが生じやすくなっています。ケース次第では、腸に繋がる神経を圧迫して腰痛になったり、腰回りの硬くなった筋肉が便秘を引き起こすこともあります。身体が硬く筋肉が弱いと、腸を動かす筋力も低下します。このような悪循環が、便秘と腰痛の悪化につながるのです。便秘と腰痛の解消法には、柔軟体操をするなどし、腰回りの筋肉の緊張をほぐすことが有効です。身体の冷えが原因となり、腰痛から便秘になることもあります。

便秘の原因となる筋肉の低下には、3DCGを活用することにより、実際には撮影不可能な筋肉の動きなども表現できるようになります。3DCGは縦・横・奥行きの3方向が存在する中で物を制作していきます。アニメーションで動かしてみたり、光を生成しコントラストを生み出します。

3DCGを活用すると、360度好きなように対象物を見ることができるというメリットがあります。また、対象物を回転させることも可能であるという点において、より立体的で多角的な視点から対象物を見られます。高品質の映像を求め、映像制作企業に動画制作依頼を行う際には、先述のCGやアニメーションの他、3DCGの活用もおすすめすることができます。

③便秘の解消法を動画からアプローチ

便秘の解消を目指すためには、内蔵の冷えにつながらない食生活や運動など普段の生活習慣を見直すことも効果的です。無理なく継続的に行えることから始め、少しずつ便秘の解消を促していきます。食事や運動・ツボ押しなども便秘解消のために有効です。運動にはウォーキングや腹筋・マッサージなどを加え、ツボ押しには呼吸と上手く合わせながら、リラックスした気持ちでゆっくりと押すようにします。

便意を我慢すると、便が行き場を失い滞留します。この状態が続くことにより、便が固まり便秘の原因となります。便意が来たところで、排便のタイミングを逃さないことがとても重要です。ストレスを溜めすぎると、自律神経が乱れ大腸や胃などの働きに悪影響を与えます。そのため趣味や睡眠などを取り入れ、上手にリフレッシュの時間を作ることが大切です。また、無理なダイエットや食事制限を継続しても便が不足し、ストレスで便秘になるという悪循環に陥ります。便秘にもさまざまなタイプがあり、それぞれに適したケアを行う必要があります。

便秘による強い腹痛や吐き気・発熱などの症状がある際には、危険なケースがあります。腸閉そくや大腸の胃潰瘍・穿せんこう孔などの病気も考えられるからです。便に血が混じるような場合には、痔の悪化かもしれませんが、中には直腸潰瘍や大腸がんなどの可能性もあります。このようなときには、直ちに医療機関での診察治療が必要になるため、動画内に注意喚起を入れることも重要なポイントです。

便秘の解消方法を動画で紹介することは、誰にでも容易に理解しやすいため、有益であると言えます。動画は、短時間で多くの情報を伝達できる優れた技術を持っています。例えば伝えたい情報にばらつきがあるようなケースでは、数本にシリーズ分けすることも可能です。

短い時間で必要とされる情報を正確に伝えられる動画は、忙しく時間に追われる現代人にとっても最良の伝達技術であると言えます。動画の制作は、動画制作のプロ集団である映像制作企業に依頼を行います。豊富な制作経験や確かな技術力から、個々の企業に相応しい映像制作を実現してくれるはずです。

弊社では、便秘の解消に関する動画制作のご依頼を承っております。便秘の解消における映像制作の他、多種多様な動画の制作を行っております。各種プロモーション映像制作や動画配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなど、唯一無二の映像制作技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています