片頭痛の原因症状を動画解説 | 医療映像.jp

DUMMY

片頭痛の原因症状を動画解説

頭痛に悩む方は、全国に4,000万人いると言われています。頭痛と一言で言っても、その種類や原因はさまざまであり、それにより対処法も全く異なるものです。また痛む場所や痛み方にもそれぞれ違いがあります。痛みの発生するメカニズムの1つとして、末梢で刺激を受けたことにより発した痛みの信号が、脊髄を通る神経を経路として脳に伝わり中枢で受信されることにより痛みを感じると考えられています。今回は、片頭痛の種類や原因・対処法における説明を動画にすることの効果などに関し解説を行います。

①CGで表現する片頭痛の世界

頭痛には、いろいろな種類があります。日常的によく見られる種類として、検査をしても異常の見つからない機能性頭痛があります。多くの頭痛は、このタイプがほとんどです。そしてこの機能性頭痛の中にも、いくつかの種類があります。主な種類として、片頭痛・緊張型頭痛・偶発頭痛の3種類が存在し、それらの原因の多くは体質や普段の生活にあるとされています。頭痛の種類や頭痛の起こる場所などは、動画を活用して伝えることが効果的です。動画には、CGを導入することにより、さらに分かりやすく説明できます。

CGを活用すると、余分な情報を全て排除した上で、解説したい箇所のみに絞り込み伝えることができます。実写の頭部の上に痛む箇所を指名したCGを重ね合わすことも可能です。また、実写では撮影の困難な場所を綺麗に映像化できたり、架空の世界を映像化することも可能です。そのため、視聴者が納得しやすい映像を具現化することができます。この他にも、神経経路などにもCGを活用すると、体内の見えない部分を模式的に表現することができます。CGは実写と異なり、撮影費や人件費などのコストが掛からないという点も、CG制作の大きな魅力です。

CGを活用した動画制作依頼は、映像制作会社に依頼を行うようにしましょう。特にCG制作は一般の方には難しく、映像のプロフェッショナルは視聴者に分かりやすく伝わりやすいCGを制作するノウハウを持っています。例えば誰が見ても高品質な動画は全て、映像制作会社が制作したものになります。一般の方が制作した動画は、どこか見る人に分かってしまうものです。パーフェクトでありながら、自然に仕上げたいという際にも、映像制作会社にサポートしてもらうことが何より重要になるのです。

②動画で追及する片頭痛の原因

自分の頭痛のタイプと原因を知ることにより、セルフケアのヒントが見つかる可能性があります。片頭痛は、血管の拡張によりズキズキとした拍動性の痛みが生じるものです。これは主に、こめかみから目のあたりが発作的に痛み、痛みの発作は数時間~数日間続きます。片側に現れることが多くありますが、両側から痛むこともあり、痛みが起きると光や音・においに敏感になるのが特徴です。片頭痛の原因は明らかにされていませんが、完全主義や努力家・神経質な性格の人がなりやすいと言われています。また体質やストレス・過労の他、特定の食べ物や薬などが刺激となることもあります。

月経周期などの女性ホルモンと関連があるともいわれており、20代~40代の女性に起こりやすい頭痛であるとも言われています。この他にも、寝過ぎや寝不足・天気や気圧の変化・肩こりや空腹・アルコールなどとも関連があるとされています。片頭痛のメカニズムはまだ完全には解明されておらず、以前は脳の血管の収縮により前兆が起こり、その後血管が拡張することで頭痛が起こると考えられていましたが、近年では脳そのものに何らかの原因があるという中枢起源説や、脳血管や三叉神経終末に原因の見られるとする三叉神経血管説があります。

この他にも、片頭痛は肉親に同様の頭痛を持つ方が多いため、遺伝的な要素があるとされています。片頭痛の原因や症状に関しても、動画で紹介することにより、片頭痛に対する理解も深まります。動画には、短時間で大変多くの情報を伝えられるため、忙しい現代人に最適な伝達方法であると言えます。

③アニメーションで分かりやすい片頭痛の対処法

片頭痛の対処法についても、動画を活用することにより分かりやすく、実行に移すことができたり自分の頭痛に合った対処法を見つけたりすることができます。

◇暗めの静かな場所で横になる
片頭痛は光の眩しさや音により、痛みの増すことがあります。動くと痛みが増すため、光や音を防いで安静にすることが重要です。そのため、出来る限り暗めの空間でゆっくりと横になるようにしましょう。

◇冷やす・押さえる
痛いところを冷やしたり、圧迫したりすることで周辺の血管が収縮するため痛みが和らぎます。痛い所を冷やす際には、保冷剤を使用して冷やすことも適切です。

◇睡眠をとる
片頭痛は、眠ることにより改善します。可能であれば、仕事や作業を中断し仮眠をとることも必要です。また片頭痛を感じる夜は、早めに就寝するよう心掛けることも大切です。

◇カフェインの入ったものを飲む
カフェインには、血管を収縮させる働きがあります。そのため痛み始めにコーヒーや緑茶などのカフェインを含む飲み物を飲むと、痛みが和らぐことがあります。仕事中に片頭痛を感じた場合には、カフェインを含む飲み物を摂取してみると治まる可能性があるでしょう。

◇鎮痛剤を服用する
鎮痛薬は、痛みのもととなるプロスタグランジンの産出を抑制し、頭痛を緩和する働きがあります。けれども、月に10日以上鎮痛薬を服用することには注意する必要があります。そのため、鎮痛薬を飲み過ぎる前に頭痛専門医の受診が必要であると言えます。

動画にアニメーションを導入することで、キャラクター効果などから、より伝わりやすく覚えやすくなります。また、アニメーションには、実写よりも伝えたい内容をより分かりやすく強調して伝えられるというメリットがあります。CGと同様に、仮想空間に存在するものを映像化することができるため、表現の幅を出すことが可能です。

この他にも、内容に修正点があっても容易に修正しやすいことや、コスト面においても人件費や撮影費などが掛からないことから、優れた映像技術であると言えます。実写やCGなどを比較をすると、アニメーションは大人だけでなく子どもにも理解してもらいやすい傾向にあります。小児患者に向けた訴求を行いたい場合にも、アニメーションを積極的に活用すると良いでしょう。キャラクターを制作すれば、人気キャラクターとなる可能性もあります。

先述のように動画の依頼を行う際には、映像制作会社にサポートしてもらうことが最も安心できます。豊富な実績とキャリアのもとに専門企業を選ぶことにより、短納期で想像を超えるほどに美しい動画を納品してもらえます。また映像制作会社を選ぶときには、対応が親切で丁寧であるかどうかということや、費用面はどのようになっているのか、きちんとチェックするようにしましょう。特に費用面については事前に把握しておくことにより、その後のプロセスもスムーズに進みやすいはずです。

弊社では、片頭痛の原因症状に関する動画制作を行っております。片頭痛の原因症状における映像制作の他、多岐にわたる動画の制作を致しております。各種PR映像制作や動画配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなど、弊社の医療映像技術を、ローコストでご利用いただけます。この機会に、ご検討されてみては如何でしょうか。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています