理学療法士・作業療法士の違いを動画で | 医療映像.jp

DUMMY

理学療法士・作業療法士の違いを動画で

リハビリテーションに従事する2つの職業として、理学療法士と作業療法士があります。どちらも国家資格が必要であり、それぞれ病院施設で働くことが多く、言葉にも類似点があります。そのため、どのように違いがあるのか疑問に思われる方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。似ているようで異なる理学療法士と作業療法士。もちろん、それらの仕事内容も、大きく異なります。今回は、理学療法士と作業療法士における説明から、それぞれの違いに関して解説を行っていきます。2つの異なる職業を動画で伝えることの効果についても、本記事内で触れていきます。

①理学療法士とは?動画に収めるリハビリテーション

理学療法士とは、病気や怪我などにより、身体が思うように動かない患者に対し、「立つ・歩く・座る・寝る」などの基本的な同さ能力の回復や維持を目的とし、理学療法に基づいたリハビリテーションを行う専門職のことをいいます。理学療法とは、運動やマッサージ・電気や温熱などその他の物理的手段を通し、患者の筋力や関節の機能回復を目指す療法になります。日常生活の自立を、リハビリテーションの分野からサポートしていきます。

例えば平行棒を使用しての歩行訓練・ベッドから起き上がる動作の訓練などのリハビリテーションが挙げられます。超高齢社会を迎える日本において、理学療法士は機能の回復を図るだけではなく、健康を維持する・悪化を予防することなどを目的としての活躍も求められています。理学療法士の活躍のフィールドは、医療や福祉分野を始めとし、健康推進・スポーツ医学・スポーツトレーナーなどの分野にも広がっています。理学療法士は、筋肉など身体構造におけるスペシャリストのため、スポーツ選手の怪我の予防や怪我をした選手の復帰への手助けなどの分野でも注目されています。

また今後、活躍の場が広がっていくであろう分野として、予防という新たな分野が挙げられます。高齢化がますます進む日本には、リハビリテーションを必要とする患者は増加傾向にあります。リハビリテーションを必要とする全ての患者に行き届いたケアが行えるよう、リハビリテーションの不必要な身体を目指すべきであると考えがあることからも、理学療法士の仕事は今後予防の分野に拡大していくと見られています。

理学療法士のリハビリテーションにおける内容は、動画で分かりやすく説明することが有効です。一概にリハビリテーションと言っても様々な内容が含まれています。個々の患者に合ったリハビリテーションの進め方やリハビリテーションの内容などを動画することにより、リハビリテーションを始める前の事前知識となり、スムーズにリハビリテーションへ入っていくことができるでしょう。動画には、文字や静止画よりも動きのある映像と音声から訴求することができるため、サービス内容などの魅力も印象に残しやすいという効果があります。

②作業療法士とは?動画にインタビューの活用も効果的

作業療法士とは、日常で必要となる「食事・洗顔・料理・字を書く」などの応用的動作能力や、地域活動への参加・就学や就労といった社会的適応能力を維持・改善し、その人らしい生活の獲得を目的として、リハビリテーションを行う専門職のことをいいます。理学療法士が身体の大きな動きのリハビリテーションを行うのに対し、作業療法士は手の動作や指の細かい動作などのリハビリテーションを行うケースが多くあります。また、作業療法士ならではの特徴として、精神分野のリハビリテーションを行うということもあり、精神科の病院などでも活躍します。

医師の指導のもとに、リハビリテーションが行われるという点は、理学療法士と同じです。リハビリテーションの行い方は、患者一人ひとりが必要とする作業によりさまざまですが、患者の希望を聞いたり、家族との面談を行いながら作業を決める必要があります。メンタルケアも作業療法士の仕事の1つです。病気や怪我などでこれまで当たり前だと思っていた日常的な動作が、突然できなくなるという患者もいます。そのときのショックは大きく、気持ちの整理がつかない患者も多く存在します。

このようなメンタルケアを行うのも、作業療法士の大切な仕事です。作業療法士の仕事や、リハビリテーションの内容も、動画を活用し説明を行うことが最適です。また理学療法士との違いに関しても、理解しやすく解説すると良いでしょう。もし病院内に理学療法士・作業療法士の両方の先生が在籍しているのであれば、動画の中でインタビューを入れてみるのも有益です。

理学療法士と作業療法士の先生方へのインタビュー内容には、先生の紹介と普段どのようなリハビリテーションを行うのかということの説明を行います。また、施設で働くスタッフの声や患者の声なども入れると、より施設の雰囲気がより分かりやすくなります。この他にも、ドローンを活用して施設の外観などを撮影すると、施設そのものの周辺環境まで知ることができるため、積極的に取り入れてみても良いでしょう。

③ 理学療法士と作業療法士の違いを動画で差別化

理学療法士と作業療法士は、似ているようで異なる職業です。これらの違いを理解しやすく伝える方法として、動画を活用することが最も効果的です。動画が60秒で伝達可能な情報量は、ウェブサイト3600ページ分に値するといわれています。これを文字情報に置き換えると、180万字分に値するものです。理学療法士と作業療法士の区別分からないままリハビリテーションを受けている方もいるかもしれません。理学療法士と作業療法士ともに国家資格を持つリハビリテーションのプロフェッショナルです。動画を活用し、理学療法士と作業療法士のリハビリテーション内容の違いなどを紹介することにより、患者はよりリハビリテーションへの理解が深まることでしょう。リハビリテーションという動きのある作業内容は写真や文章だけでは伝わりにくい面が出てきます。短時間で圧倒的に多くの情報を伝達できる動画はまさに現代社会に欠かせない情報伝達技術であると言えます。

また動画は、SNSとの相性も非常に良く、想像以上の効果につながることもあります。魅力であると判断された動画は即拡散される上、さらにその動画を見た視聴者が広めることで、認知度を向上させることにも寄与します。

理学療法士と作業療法士における動画制作は、映像制作会社に依頼を行うことが最適です。動画のプロフェッショナルである映像制作会社であれば、イメージ通りの動画制作を実現してくれます。現在では、高品質な動画を低価格で制作する企業もあります。中には、それらに加えて短納期で仕上げてくれる企業もあるはずです。自社に相応しい映像制作会社を選択し、費用を考えた上で依頼を行うことが望まれます。

弊社では、理学療法士・作業療法士の違いに関する動画制作のご依頼を承っております。理学療法士・作業療法士の違いにおける映像制作の他、幅広い動画の制作を致しております。各種PR映像制作や動画配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなど、唯一無二の映像技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。この機会に、一度ご検討されてみては如何でしょうか?動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています