動画で分かりやすく補聴器の使い方 | 医療映像.jp

DUMMY

動画で分かりやすく補聴器の使い方

耳の聞こえを改善させるため、聞こえを補う医療機器のことを補聴器といいますが、実際に使用したことのある方でなければ、その使い心地や聞こえ方は分からないものです。今回は、補聴器を使うメリットやデメリット・補聴器の内容に関し、詳しい解説を行います。医療動画の制作をご検討されている企業の方や、これから補聴器の使用をご検討されている方なども、ぜひ参考になさってみてください。

①実写が生み出す補聴器における臨場感

加齢による聞こえは徐々に低下していくため、聞こえないことに少しずつ慣れていってしまいます。聞こえないことに慣れていくと、本人も気づかないまま対応が遅れることも、少なくありません。聞こえの問題により、以下のように家族や友人とのコミュニケーションがしにくいと感じる場合もあります。
◇テレビの音量が大きいと言われる
◇会話の中で聞き返すことが増えた
◇複数人と会話すると話についていけない
◇呼びかけられても気づかないことが増えた
◇話し声が大きいと言われる
難聴の進行をそのままにしておくと、周囲とのコミュニケーションを上手くとることが出来ずに、人と関わること自体億劫になっていきます。それにより心理的・社会的孤立が進み、最終的には認知機能の低下やうつ病を発症するリスクも高まってしまうのです。このような事態に陥らないためにも、早期の段階で対策を行うことが重要になります。難聴の症状は、動画で分かりやすく説明することが効果的です。実写の動画にすることで、実生活と結び付きやすくなるでしょう。

実写を活用することのメリットとして、人や場所・物などシチュエーションが実在し、現実味を出しやすいという利点があります。現実味を十分出すことができれば、視聴者に映像をより身近に感じてもらいやすくなります。動きのあるものに関しても、その場の臨場感をもって伝えることができます。そのため視聴者には、まるで映像と同じ空間の中にいて、全く同じ体験をしているかのようなリアリティーを感じさせられるのです。

実写を含む動画の制作は、動画制作を専門とする映像制作企業に依頼を行うようにしましょう。映像制作企業は、長年の制作技術を駆使し、満足度の高い動画に仕上げてくれます。制作企業を選ぶ際には、映像の質や費用面はどうかというところまでリサーチしてもよいでしょう。近年は高品質ながら、低価格で動画を制作してくれる企業も登場しています。補聴器の動画に対する目的やターゲットを決めてから企業に問い合わせると、その後の工程もスムーズに進みやすいでしょう。

②アニメーションで分かりやすい補聴器のメリット・デメリット

補聴器は、日常生活におけるさまざまな音を聞こえやすくしてくれるため、難聴の場合に効果を発揮します。以下のように補聴器には、実に多くのメリットがありますが、デメリットに関しても知る必要があります。
◇補聴器のメリット
・音が聞こえやすくなることにより、会話がスムーズになる
・今まで聞こえなかった小さな音が聞こえるようになる
・聴力が悪化するのを抑える効果を期待できる
・聞こえが改善することで認知症の予防にもなる
・活動の幅が広がる
・聞き返しが減少する
◇補聴器のデメリット
・難聴の種類により、補聴器では役不足の場合もある
・周囲の雑音などもより聞こえるようになるため、ストレスを感じる
・補聴器の種類によっては扱いにくい場合もある
補聴器のメリットとデメリットは、アニメーションを活用し、分かりやすく説明することが有益です。アニメーションを活用すると、実写よりも強調したい部分を理解しやすく表現することができます。また現実世界には存在し得ない空間を映像化したり、実際には撮影の困難なフィールドの映像をアニメーションを用いて映像化するなど、多くの利点があります。この他にも、実写と異なり人件費やスタジオ費・撮影費などのコストがかからないことから、費用面においても活用しやすいと言えるのです。

③補聴器にかかるコストも動画の活用で丁寧に

リーズナブルな補聴器であっても、約3万円から5万円ほどと、決して安いものではありません。そのため、補聴器を購入する際にはきちんと検査を行い、一定期間試用した上で、自身に合う補聴器を選ぶことが重要です。この他、以下の点に関しても、チェックしておくと良いでしょう。
◇耳鼻科医からの紹介状を持参する
◇家族と一緒に行く
◇どういうときに聞こえにくいのか細かく伝える
◇予算・価格の相談
補聴器の種類には大きく分けて3種類あり、耳にかけて使用する「耳かけ型」と、耳の穴に入れて使用する「耳あな型」・比較的大きなサイズの「ポケット型」があります。補聴器を購入する場合には、これらそれぞれの長所と短所を把握しご自身の聞こえの状況や補聴器の操作方法などを理解した上で、購入を決定することが必要です。実際の補聴器を、どのように使用していくのか丁寧に説明を行いたいときには、動画で解説を行うことが最適です。

動画は、視覚と聴覚の両方から働きかけるため、情報を短時間で効率的に伝えたいケースや、商品の訴求を狙うケース・ブランディング効果を向上させたいケースなどに有効です。忙しい現代人が情報を集めたいときには、動画を閲覧することが日常的になっていますし、視聴する年齢層も広がってきています。また動画は、SNSなどで拡散されやすい媒体でもあるので、最終的に大きな利益を得られる可能性あるでしょう

④動画で補聴器の使用法を解説

補聴器を購入する前のフィッティングの段階で、自分に合う補聴器であるのか、きちんと見極めておきましょう。補聴器を使用する中で、聞こえに不具合を感じることがあれば、補聴器販売店にて再度調整を行います。購入後も、フィッティングと使用トレーニング・アドバイス等のケアを受けることにより、自らに相応しい補聴器に仕上げていきます。

難聴の程度は一人ひとり異なるため、高音が聞こえづらい・低音が聞こえづらいなどいろいろな問題があります。また当然のことながら、補聴器を使用する環境も一人ひとり全く異なります。個々の聞こえに合わせてフィッティングを行うことが、重要になります。聞こえに変化が生じた段階で、耳鼻咽喉科を受診する必要があるでしょう。

補聴器や難聴における説明も、動画を通して伝えることで、分かりやすく伝えられます。動画は業界・業種問わず、日々さまざまなコンテンツで活用されています。現代社会において動画は、まさに必要不可欠な情報伝達技術であると言えるのです。映像制作企業に依頼を行うことことにより映像のプロならではの視点が動画に反映されます。動画制作を依頼すると完成までサポートされ、自社の目的を達成する動画制作を、きっと実現することができるはずです。

弊社では、補聴器の使い方に関する動画の制作依頼を承っております。補聴器の使い方における映像制作の他、さまざまな動画の制作を行っております。各種プロモーション映像制作や動画配信サービス、ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなど、弊社オリジナル映像技術を、低価格でご利用いただけます。この機会に、一度ご検討されてみては如何でしょうか?動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています