転倒予防を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

転倒予防を動画で

近年の社会の流れは、健康寿命の延伸といわれ、介護予防の必要性が唱えられています。高齢者で介護の必要となる原因の1つとして、転倒・転落などによる骨折があり、高齢者が転倒すると、骨折や頭部外傷などの大きな怪我を招きやすくなります。転倒による怪我が原因となり、介護の必要な状態になることもあります。

ケガをした時、若い頃と比較をすると回復までに時間がかかり、安静にしている期間が長くなる傾向にあり、その間に体力や筋力が衰え、そのまま寝たきり状態になってしまうことも少なくありません。転倒したことにより自信を失くしたり、歩くことへの恐怖心が生まれるなどで、身体を動かす機会が減ることもありますが、このような状態が長く続けば筋力の衰えだけでなく、内臓が上手く機能しないなど心身機能の低下につながる恐れもあるのです。今回は、転倒予防を動画で解説することの効果について説明を行います。

①転倒の原因を動画からアプローチ

転倒の原因には、以下が原因となることがあります。
◇加齢による身体能力・注意力の低下
高齢になると徐々に筋力や身体機能が低下し、バランスを崩しやすくなります。瞬発力や柔軟性なども衰えるため、転倒しやすくなるのです。とっさの反応やスムーズな動きも難しくなり、1つひとつの動作に時間がかかってしまいます。また焦りや緊張が生まれることから、注意力が低下し転倒してしまう恐れもあります。

◇病気や薬の影響
薬には必ずと言っていいほど副作用があります。また、高齢者には高齢者ならではの特徴があるため、薬の副作用には注意する必要があります。複数・多数の薬を飲んでいたり、内蔵機能が低下しているために副作用が出やすいということもあります。また薬を飲み始めてから体調の変化があっても、口に出さないことから周囲も気づきにくく、転倒につながりやすくなることがあります。

◇運動不足
身体を動かす機会が減ることにより、運動機能や感覚機能が衰え、転倒するリスクが高まります。関節痛などで動く意欲をなくした方がそのまま身体を動かさないでいると、外出や運動が億劫になったり身体を動かす機会自体も減るという悪循環に陥ります。

◇生活環境
住み慣れた自宅であっても、僅かな段差につまずいたり、濡れた床で足を滑らせるなどのリスクがあります。

手すりやスロープの設置など、本人の身体状況に合わせた生活環境に整備することも、転倒予防において重要です。転倒予防を効果的に伝えるには、動画を活用することが最適です。動画内では、アニメーションを導入し、転倒する原因の解説を丁寧に行うことができます。注意力の低下や薬の副作用など実写では表現し難い内容であってもアニメーションを導入することにより、分かりやすく強調したい箇所を示すことができます。

実写では表現することが困難な映像も、イラストをはじめとしたアニメーションで映像化できたり、仮想空間の再現も可能となります。またキャスティング費や移動費・ロケーション費などのコストも、アニメーションであれば必要ありません。また、修正も追加撮影の場合は高額になる可能性がありますが、アニメーションではその心配はありません。そのため、コストを抑えて制作を行いたい場合にも活躍するのが、まさにアニメーションであると言えます。

アニメーションを導入した動画制作の依頼を行う際には、映像制作会社に依頼を行うようにしましょう。映像制作会社は動画制作のプロであることから、動画に関する幅広い知識と経験を保有しています。そのため映像制作会社に依頼をすれば、視聴者やターゲット層に対し理解しやすい動画を手に入れることができるはずです。また近年はさまざまなリクエストに対応してくれるところもあります。動画制作にかかるコストなどは、制作を希望する会社のウェブサイトなどから問い合わせをし、検討するのもよいでしょう。

②動画で伝える転倒の外的要因

転倒は、場合によっては大きな怪我や事故につながる恐れもあるものです。そのため、転倒につながるような要因の把握を行い、転倒を引き起こさない生活を心掛ける必要があります。転倒につながりやすい外的要因として、以下が挙げられます。これらの要因はどれもささいなことがきっかけとなるものであり、きちんとポイントを押さえておくことで予防することができるはずです。そのため、常日頃より転倒の危険性のある方はチェックをし、適切な転倒予防対策を行うことが大切です。

◇脱げ易い、滑りやすい履物
◇デコボコなどの床の状態
◇小さな段差
◇滑りやすい場所
◇夜間などの足元の明るさ
◇電気コードなどの床の障害物
◇カーペットなどの折れ端
◇滑りやすいマット

転倒の外的要因に関しても、動画を活用することが有益です。動画内では、実写を取り入れることが効果的です。実写を導入すると、実際の生活に即した状況を、分かりやすく伝えられます。実写で表現することにより、まるでその場にいるかのようなリアリティーを視聴者に与えながら、内容をより身近に感じさせやすいという効果があります。例えば転倒予防の解説動画の際にも、動画の中にクリニックの説明を行ったり、動画の途中で医師の先生やスタッフのインタビューを挟むことも効果的です。

動画内に実写を取り入れることには、視聴者にリアリティーを感じさせられるだけでなく、動画に出演する出演者を自分自身と重ね合わせることにより、感情移入できたり対象物へのイメージがわきやすいという効果もあります。ストーリー性を重視する実写においては、動画の内容に視聴者が共感することにより、視聴した動画そのものが脳に記憶されやすくなります。こうした動画効果を活用し、有益な動画制作に結び付けることが重要になります。

③転倒予防には動画の活用が最も効果的

骨折の要因として、骨粗しょう症も挙げられます。骨粗しょう症とは、骨のカルシウム量(骨量)が減り、骨がスカスカにもろくなる病気のことをいいます。骨のカルシウム量が減っても自覚症状はなく、本人も周りにいる人も気づかないうちに進行していきます。そして骨粗しょう症になると、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。骨粗しょう症による骨折から、要介護状態になる方も、少なくありません。この病を理解しやすく伝えるためには、動画の活用が必須であると言えます。骨粗しょう症の骨の画像を見せたり、骨粗しょう症の検診の仕方を動画で紹介することで、骨密度について関心を持ってもらうことも有益です。骨を丈夫にする食事や筋力を維持する体操など、専門家にレクチャーしてもらいながら動画に組み込んでいくことが大切になります。

先述のように、転倒予防の動画制作には、映像制作会社に依頼を行うことが重要です。医療系の動画制作実績を持つ映像制作会社であれば、安心して依頼を行うことができるだけでなく、最近では低価格でありながら質の良い動画に仕上げてくれるところもあります。幾つか制作を依頼したい映像制作会社があるという場合には、他社との比較を行った上で依頼するのも、1つの方法であると言えます。

弊社では、転倒予防に関する動画制作を承っております。転倒予防における映像制作の他、さまざまな動画の制作を行っております。各種PR映像制作や動画配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなど、高品質で美しい独自の映像技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。この機会に、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています