動画で解説 要支援・要介護の違い | 医療映像.jp

DUMMY

動画で解説 要支援・要介護の違い

要支援・要介護とは、日常生活を送る上で、どのくらい介護を必要とするのか?という、介護の必要度合いをあらわしたものです。例えば介護保険サービスを活用する場合に、身体の状況や認知症の有無により、要支援・要介護認定を受けることにより、どの程度サービスを活用する必要があるのかを判断してもらう必要があります。令和元年版の高齢社会白書を見ると、2016年度末の段階で、要介護あるいは要支援認定を受けたとされる人々は618万人となっており、これは2007年度末の高齢社会白書と比較をしても、180.9万人増加していることが分かる結果となっています。これらの情報から、要介護あるいは要支援認定を受ける人々の数は、今後も増加を辿るものと予想されています。今回は、要支援と要介護の異なる点における説明と、それらを動画で解説することの効果を解明していきます。

①認定者の推移をCGグラフで明瞭化

要支援とは、日常生活上の基本的動作について、ほぼ自分自身で行うことが可能であるけれども、日常生活動作の介助や現在の状態の防止から、要介護状態となることの予防に資する、方法的日常生活動作に関して何らかのサポートを必要とする状況のことをいいます。これに対し要介護とは、日常生活における基本的動作に関し、何らかのサポートを必要とする状況のことをいいます。要支援と要介護の異なる点における内容には、動画を活用することが最適です。

要支援・要介護認定を受ける人々が年々増加傾向にあるというような内容には、CGグラフを導入し、分かりやすく表現することが効果的です。CGグラフには、伝えたい統計情報を、誰にでも視覚から容易に伝えられるという効果があります。また通常のグラフと異なりCGを導入することで、動きを加えることができ現代的な映像を届けられます。加えてCGグラフは実写と異なり、撮影費などのコストは不要です。この他、介護保険サービスを利用するための認定制度に関しても、動画で理解しやすく説明することが有益です。

まずは動画制作について、動画の専門家である映像制作会社に、相談を行うようにしましょう。特にCGグラフを導入するケースでは、個人制作の領域では難しいレベルになります。また、強調したい部分や動きのスムーズさなども映像制作会社の協力を得ることで、満足度の高い動画を、納品してもらえます。もし映像制作会社選びにお悩みであれば、幾つか候補の企業を定めた上で比較を行うと各映像制作会社の得意分野が分かり発注しやすくなる場合があります。

②7つの状態区分に再現VTRを活用

要支援と要介護は、以下7つの段階に分類されています。

要支援1◇日常生活上の動作について、ほぼ全て自分で行うことができる。そのため食事や排せつ・入浴などもほぼ自分で行えるけれども、掃除などが1人では不可能な状態。

要支援2◇要支援1の状態と比較をし、自分でできることが少なくなり、支援とともに一部介護の必要となる状態のこと。日常の複雑な動作などに対し、介助を必要とすることが増えてくる。これには介護予防サービスを利用することにより、状態の維持や改善を期待できる。

要介護1◇立ち上がりや歩行が不安定であり、日常生活において部分的に介護が必要となる状態。

要介護2◇要介護1よりも思考力や理解力・判断力が低下した状態。また立ち上がりや歩行が自分で不可能なことが多く、日常生活全般に部分的介助が必要となる。

要介護3◇立ち上がりや歩行が自分自身で困難であり、日常生活全般に介助が必要となる状態。また認知症の症状や、問題行動が見られるようになり、日常生活に影響を与えるもの。

要介護4◇立ち上がりや歩行が自力ではほとんど不可能であり、食事などの日常生活が、介護なしには行えない状態のこと。コミュニケーション的側面からも、思考力や理解力・判断力の低下があり、意思の疎通もやや難しい。

要介護5◇寝たきりの状態となり、日常生活全般で全ての介助が必要となる状態。思考力や理解力・判断力の低下が進み、意思の疎通も困難に。

先述の要支援2と要介護1は近い状態にありながら、以下2つの要素に分類できます。

◇1認知症の日常生活自立度:運動機能に限らず、思考力や理解力・判断力といった点からも、低下がみられるかどうか。これにより、認知症の疑いが高いと判断された際、要介護1と判定される。

◇2状態の安定性:主治医の意見書などの調査から、半年以内に状態の大きく変わる可能性のあると判断された際、要介護1と判定される。

上記7つの段階における説明や2つの分類に関しても、動画を活用することで、分かりやすく伝えられます。動画には実写の再現VTRを用いることも、より理解を深めてもらえるため、効果的です。実写の再現VTRは、実際に起こった出来事や人物・場所や物を似せて撮影されるため、臨場感を感じながら見てもらえるという効果もあります。視聴者が感情移入しやすい雰囲気を生み出すこともできます。先述のCGグラフと比較をするとある程度のコストがかかるとしても、CGグラフにはない臨場感を演出できるという利点があります。

③動画で認知度の向上を実現

要支援は、要介護状態とならないことを目的とする、介護サービスです。これに対し要介護は、介護を受けながらさらに状態が悪化しないよう、状態を維持・改善するために必要なサービスです。要支援・要介護の仕組みと違いを理解した上で、介護保険の申請や介護サービスの利用を検討することが大切です。ごく僅かな点違いであっても、要支援・要介護認定では、段階が変わり利用可能なサービスが異なります。該当するのか該当しないのかを自分だけで判断せずに、少しでも介助の必要な状態を感じる際には、要支援・要介護認定を受けてみましょう。実際に認定を受けると、現在の状況がどのくらいであるのかを、客観的に知ることができます。

認定された介護度から、介護サービスの異なる点を動画で解説することも、有益です。介護サービスの組み方や頻度なども、動画の中に組み込むことにより、さらに丁寧で分かりやすくなります。動画には、極めて短い時間であっても、その中で多くの情報を伝達できる技術です。とにかく時間効率を重視する現代社会において、まさに必要不可欠であると言えます。今まで介護に縁のなかった人でも家族などの状況により急に要支援や要介護の認定が必要となる場合があります。このような場合、分かりやすく動画にしておくことで近親者の早い理解を得られることがあります。分かりやすい動画制作を行うには映像制作会社に相談するのもいいでしょう。

今介護の必要のない世代であっても、将来的に要支援・要介護は関係してくる可能性の高いものです。若い世代の興味や関心を引き出す動画づくりは、インターネット上で広く拡散されやすい傾向にあります。動画の制作は、映像制作会社に依頼を行うことが最適です。動画制作のプロフェッショナルとして、巧みな技術を駆使し、理想とする動画を納品してくれます。現在は高品質な動画を、低価格で制作する企業も多くあるため、相談や依頼を行いやすい状況となっています。

弊社では、要支援・要介護に関する動画の制作を承っております。要支援・要介護における動画制作の他、幅広い映像制作を行っております。各種PR動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなど、世界に1つの独自映像技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています