動画で解説 急増する眼精疲労 | 医療映像.jp

DUMMY

動画で解説 急増する眼精疲労

パソコンなどのデスクワーク作業の増加から、近い距離にピントを合わせるために目の筋肉を酷使する、眼精疲労が増加傾向にあります。近年は一般家庭におけるパソコンやスマートフォンの普及により、大人に限ることなく子どもに対しても、大きな問題となっているものです。今回は、眼精疲労の原因やその対策を動画で説明することのメリットなどに関して、丁寧に解説を行います。

①眼精疲労と疲れ目の違いとは?動画で分かりやすく

目に充血や痛みなどが発生し、視界がかすんだりぼやけたりする・あるいは眩しさを感じることもあるなどの症状が起こることを、疲れ目といいます。これが悪化することにより、目の症状だけに留まらず、肩や首の凝り・ときには眩暈や吐き気などの全身疾患を引き起こすこともあります。このような症状が回復しないものが、眼精疲労として通常の疲れ目と区別されることになります。ただの疲れ目だと侮っていると、身体だけではなく精神にまで影響を及ぼすことのある、眼精疲労。代表的な目の症状として、以下のような症状が、該当します。
◇目が重い
◇目が痛い
◇何となく目が眩しい
◇目のかすみ
◇目が乾く状態
◇目の充血
◇まぶたの痙攣
◇まばたきの増加
身体的な症状としては、頭痛や首の凝り・肩の凝り・イライラ感・吐き気などが挙げられます。眼精疲労と疲れ目の違いは、動画を活用し伝えることが最適です。動画内には、ドクターインタビューで分かりやすく解説を行うことにより、説得力が増すというメリットがあります。ドクターインタビューを収録することには、そのクリニックのアピールを行うことにもつながるため、新たな患者の獲得やブランディング効果・認知度の向上などにも寄与します。

また目の症状や身体的な症状は、動画内にアニメーションを導入することで、分かりやすく説明できます。アニメーションを導入すると、実際には表現不可能な仮想空間でさえ映像の中に映し出すことが可能となります。キャラクターを生み出すことで、その動画に親しみを感じてもらえたり、内容により大きな宣伝効果にもつなげられるというメリットがあります。また実写であれば撮影費やスタジオ費・移動費などがかかりますが、その点の予算が不要であったり、修正が発生した場合には再度撮影とはならず修正できるのも、アニメーションを導入することの利点であると言えるでしょう。

②動画だから理解できる眼精疲労の原因

眼精疲労には、個々のライフスタイルが深く関係しています。パソコンやスマートフォンは、今や現代人に必要不可欠なツールとなっています。仕事だけに限ることなく、自宅でも長時間パソコンやスマートフォンを使用する生活を送る方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか。けれども、パソコンやスマートフォンの使用時間が長ければ長いほど、目の疲れを感じやすくなります。これをIT眼症やテクノストレス眼症といい、パソコンの画面などを近くから見ようと試みる際に、目の痛みや頭痛などが起こることもあるのです。

そのうちにパソコンの画面そのものを見ることが苦痛となり、仕事や勉強においてモチベーションの低下を指摘され、勘違いされてしまうことにも、繋がり兼ねません。これには目のピントを合わせる毛様体筋を酷使することで、目が疲れる原因となっています。遠くを見る際に、遠くを見ている際にはピント合わせを行う毛様体筋の緊張は緩んでいる状態となります。これがパソコンなどの近くを見る際になると、ピント合わせを行う毛様体筋が緊張状態となります。そして手元を見る際、例えばスマートフォンを使用しているとピント合わせを行う毛様体筋は、さらに緊張状態となるのです。

日常生活において、毛様体筋が緩むような状態は少ないものであり、緊張状態の持続されることが多いため、毛様体筋に大きな負担がかかることで、疲れ目の症状が現れます。目のピントを合わせる毛様体筋の状態の解説には、動画の活用が効果的です。また映像や音・テロップなどだけでなく、CGを導入して伝えることも、理解しやすいため有益です。

CGには、注目させたい対象物に焦点を当て、ピンポイントに目立たせることができるというメリットがあります。またCG映像は大変綺麗に制作する事ができるため、目の仕組みや筋肉の動きなどを細やかに再現することができます。視聴者の目を引きやすく、何を重視してどのように見せたいのか?ということも視聴者にストレートに伝えやすいという利点もあります。

③眼精疲労の改善法を動画でアプローチ

眼精疲労を改善させるためには、照明やエアコンなどに配慮をし、パソコンやスマートフォンを使用する場合には、設定や使用時間などにも配慮することが重要です。エアコンや送風機などの風が直接目に当たるような室内では、席を移動したり風よけなどをデスクに置くことも有効な手段となります。パソコンを使用するデスクワークには、まずは適度に休憩時間を挟むように心掛け、姿勢が正しくなるよう椅子の高さを調節することも大切です。パソコンのディスプレイは高い位置にせず、少し見下ろすくらいの高さに設置するようにします。

ディスプレイの輝度を下げたり、コントラストを見やすいように設定することも大切です。パソコンの位置により、室内の照明が当たり見えにくいというケースもあります。その場合には、ディスプレイの方向を変更してみるようにしましょう。少し角度を変えるだけで、照明による乱反射は軽減されます。この他、睡眠時間の確保やバランスのとれた食事内容に見直す等、規則正しい生活を送ることで、眼精疲労を改善させていくことができると言われています。

眼精疲労は目の疲れだけでなく、重篤な目や身体の病に起因して起こることもあります。診察や検査などで目の病気が発見された場合に、その病を治療することにより、眼精疲労を起こしている原因を取り除くことができます。また眼鏡やコンタクトレンズなどの矯正不良も、眼精疲労の原因になり得ます。そのため、適正な度数の眼鏡やコンタクトレンズを処方してもらうことが必要になります。日常生活では、意識的にまばたきを増加させたり、目の視線を変える体操を行うなどして目の潤いを保ち、緊張を緩めることも大切です。

このように眼精疲労は、生活環境を整えることが重要であるということが判明しています。生活環境の中で対応可能な対策における説明も、動画で伝えることが何より最適です。動画内には、実写の映像やイラストなどを活用して紹介することにより、誰でも手軽にできる対策であることを強調するために有効な手立てとなります。

実写の映像は、実際にある風景や人物などを映し出すため、視聴者にとってより身近に感じてもらいやすい映像制作が可能であるというメリットがあります。イラストには、実写ではリアル過ぎる映像を、優しく表現できるという利点があります。動画の制作は、映像制作会社に依頼するのはいかがでしょう。個人制作では困難な技術も含め、巧みな技法を駆使して満足度の高い動画制作を実現してくれます。豊富な実績を保有する企業であれば、安心して動画制作を任せることができるはずです。

弊社では、眼精疲労に関する動画制作を行っております。また眼精疲労における動画制作の他にも、さまざまな医療に関する映像制作を行っております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなど、唯一無二のオリジナル映像技術を、ローコストでご利用いただけます。この機会に、一度ご利用されてみませんか?動画制作のご依頼・ご相談は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています