いびき・睡眠時無呼吸症候群を動画で分かりやすく | 医療映像.jp

DUMMY

いびき・睡眠時無呼吸症候群を動画で分かりやすく

良質な睡眠が妨げられる身近な病気として、睡眠時無呼吸症候群が挙げられます。日本には約300万人の患者がいると言われており、睡眠中に舌が喉の奥に落ち込むことで空気の通り道を塞ぎ、大きないびきや呼吸の停止により何度も目覚めてしまう病のことをいいます。この睡眠時無呼吸症候群は、集中力の欠如による学業や仕事・家事や育児の能率の低下・車の運転事故など社会生活に支障を来すことに留まらず、高血圧や不整脈・動脈硬化・心筋梗塞・脳血管障害・糖尿病などの生活習慣病にも罹りやすく、高い死亡率でも知られています。今回は、いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する詳しい情報を、動画で説明することの効果に関し、徹底解説します。

①いびきの原因を動画で解明

いびきをかいてしまう主な原因として、以下が該当します。
◇鼻づまり
アレルギー性鼻炎や花粉症などで鼻がつまった状態のまま、口呼吸が連続することが引き金となりいびきをかく原因となる。
◇アルコールの過剰摂取
アルコールを摂取することにより全身の筋肉が緩み、睡眠時になると舌が喉の奥に落ち込むため気道が狭められる。その結果として、いびきをかきやすくなる。またアルコールの飲酒量が増加すると、さらにいびきをかきやすくなる状況を誘発しやすくなる。
◇女性ホルモンの減少
60歳代の男性の約60%・女性の約45%が、いびきをかくと言われている。女性のケースに関しては、数値が大きく増加しており、これには女性ホルモン減少などに関係する更年期が影響しているのではないかとも考えられている。
◇扁桃腺・舌の肥大化
扁桃腺の肥大化は、幼児期や学童期などにも普通に起こる現象であるとされている。この扁桃腺の肥大化は、思春期に差し掛かる頃には小さくなり、いびきも解消されることがほとんどである。また舌の肥大化は、肥満によるものも影響していると言われている。
◇顎の後退
顎の特徴として、顎が小さければ小さいほど、気道が塞がれやすくなることが判明している。そのため、いびきをかきやすくなる。
◇肥満
脂肪が首回りや喉回りにもつくことや、舌を支える筋肉・首を覆う筋肉が年齢と共に低下すること・鼻から喉にかけての気道が狭まることなどのいわゆる肥満により、いびきをかく原因となる。

いびきをかく原因の説明は、動画を利用して伝えることが最も効果的です。動画内には、CGやアニメーションを導入して表現することにより、日頃は目にすることの不可能な体内のことも、理解しやすくなるという効果があります。CGには、際立たせたいポイントに絞り要点のみを映像化できたり、過度なリアリティーを排除することができるという魅力があります。これはアニメーションにも言えることですが、仮想空間を表現したいケースなどで、CGやアニメーションの導入は大変有効となります。

またCGやアニメーションは、コスト面においても優秀であると言えます。キャスティング費や撮影費などのコストが不要であるため、気軽に制作を依頼しやすい状況にあるというわけです。この他にもアニメーションは、子どもからお年寄りまで親しみを感じてもらいやすい映像を提供できる上、オリジナルキャラクターなどの制作により拡散の向上に結び付く可能性もあります。

②動画で説く睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群の主な症状として、以下が該当します。
◇いびきが気になる。(いびきに関して家族に指摘される。)
◇就寝中に何度も目が覚める。
◇朝起きてもスッキリすることがない。
◇起床時に頭痛や口中の渇きが感じられる。
◇就寝中であるはずなのに、疲労感がある。
◇心疾患や脳疾患・糖尿病を患っている。
◇日中に強い眠気を感じる。
◇最近やる気が出ない・集中力がないと感じる。
睡眠時無呼吸症候群の可能性のある症状に関しても、動画を利用して伝えることが、最も有益です。動画は、実写の映像を用いて撮影を行うことにより、身近に感じてもらいやすいという効果があります。自宅で睡眠時無呼吸症候群簡易検査(SAS)を行った後、陽性者には1泊入院でPSG検査となるケースが多いでしょう。PSG検査とは、顔や足にセンサーを装着する精密な検査のことです。こうした検査内容や、検査機器における解説内容を、動画で分かりやすく説明することは、単に病院を紹介することに限らず病院の施設やサービス紹介まで行えるため、有効な情報となります。

また治療方法にも幅があります。持続陽圧呼吸療法(CPAP治療)やマウスピース・手術などそれぞれの特徴やメリット・デメリット等を、医師が解説を行うことにより、治療を受けることへの理解と信頼が深まります。この他、病院に勤務するスタッフのインタビュー映像や患者のインタビュー映像などを動画内に組み込むことで、いびきの気になる視聴者が実際に来院し、新規患者を獲得する契機にもつなげられます。

③医療情報の伝達に動画利用は必要不可欠

いびきや睡眠時無呼吸症候群の解消に効果のあるものとして、医師に点鼻薬を処方してもらうこと場合があります。点鼻薬によるいびきが改善された際には、鼻づまりが原因です。点鼻薬で改善されない場合には、先述のような睡眠時無呼吸症候群簡易検査(SAS)などの検査へ移行します。いびきと睡眠時無呼吸症候群のセルフケアに効果のあるとされる方法として、減量を心掛けたり、仰向けに寝ると気道が塞がりやすくなるため横向きに眠るようにする・寝酒は避けるなどが挙げられます。個々に可能な範囲で実践してみるのも、良いでしょう。

また近年は生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防・対策が叫ばれ、世に浸透する現代病としてその名が知られていますが、これらの病をもつ患者は、いびきや睡眠時無呼吸症候群との合併症を罹患していることがよくあります。生活習慣病やメタボリックシンドロームが改善されない要因には、実はいびきや睡眠時無呼吸症候群が潜んでいるということは、決して珍しいことではないのです。

今回のテーマであるいびきや睡眠時無呼吸症候群ですが、医療におけるさまざまな情報を短い時間で効率的に伝えるためには、動画の利用が欠かせません。既に多くの医療機関で、モニターに動画を映し出し伝達する方法をとっています。病院や薬局などで映し出す動画は、オンライン動画共有プラットフォームやSNSなどにアップすることで、より拡散されやすくなります。映像が拡散され注目を浴びるようになれば、集患につながる可能性があります。そのため、医療情報に関する動画制作は現代社会において、必須であると言えるでしょう。

医療情報動画を制作する際には、映像制作企業に依頼を行うことが最適です。映像制作企業では、豊富なキャリアや実績をもとに、動画制作のための全サポートをしてくれます。動画のプロフェッショナルであるため、企画のプロセスにおいてどこかお悩みの場合にも、相談に乗ってくれます。現在は低価格ながらも高品質な動画制作を実現してくれる映像制作企業もあります。そのような企業は業界の中でも、特に優良企業であると言えるでしょう。

弊社では、いびきや睡眠時無呼吸症候群に関する動画の制作を承っております。またいびきや睡眠時無呼吸症候群における動画制作の他にも、多岐にわたる映像制作を行っております。各種PR動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなど、弊社独自の映像技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。この機会に一度ご利用されてみては、いかがでしょうか?動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています