湿布の使い方を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

湿布の使い方を動画で

日常生活の中で、筋肉痛や肩こり・捻挫・腰痛などの症状から湿布を使用する方は多くいらっしゃいます。湿布を患部に貼る際に、湿布の種類や成分について、気に掛けたことはあるでしょうか?湿布には市販の物でも温湿布と冷湿布とがあり、症状により使い分けると、湿布本来の効果を得やすいというメリットがあります。では、この温湿布と冷湿布の異なる点は、一体何でしょうか。今回は温湿布と冷湿布の違いから、副作用における情報・湿布の貼り方などを動画で説明することの効果に関して、網羅的に解説します。湿布に関する質問を受けやすい医療関係者の方や、湿布を薬局などで購入されるという一般の方も、ぜひ本記事を参考にされてみてください。

① 湿布に関して専門家のインタビュー映像で信頼を獲得

まずはじめに、ドラッグストアなどでも手軽に購入できる温湿布と冷湿布の効能について、詳しい説明を行います。
◇温湿布
・肩こりや腰痛・神経痛などの慢性的な痛みに効果的とされている。
・血行の改善を狙った湿布で、血液循環の改善及び新陳代謝の促進をもたらし、関節や筋肉の鎮痛効果が得られる。
・慢性的な痛みの原因は、血行不良や筋肉の緊張から引き起こされていると考えられており、そのような痛みには温湿布が適していると言える。
・血行を促進する温湿布は、慢性的な痛みの症状を改善させることに寄与する。
・患部をお風呂で温めたり、撫でたりさすった場合に気持ちが良ければ、温かい温湿布が適切な場合が多い。
・温感と冷感の「どちらのほうが気持ちが良いのか」により使い分けることできる。

◇冷湿布
・筋肉痛やぎっくり腰・捻挫などの急性の痛みを緩和させるためには冷湿布の使用が効果的。
・主に炎症があったり腫れている・熱感があるケースに対し、痛みの抑制を狙った湿布として抗炎症効果や鎮痛効果などが得られる。
・捻挫や打撲などの急性の怪我のケースでは、患部の炎症により腫れたり赤みを帯びてくるため、冷やし鎮痛効果のある冷湿布が適している場合が多い。
・急性の怪我のケースでは、早急に患部を冷やし炎症を抑えることが重要であるため、患部を冷やす冷湿布を使用し患部の熱を下げるようにする。

温湿布も冷湿布も、薬局などで手軽に購入することができます。温湿布と冷湿布それぞれの特徴は、動画で伝えることが最適です。動画内には、医師あるいは薬剤師などの専門家のインタビュー映像を導入することで、症状に合わせた湿布を購入しやすくなります。

専門家のインタビュー映像を導入すると、プロならではの視点から、湿布への正しい知識や理解を深めてもらうことが出来、患者の購入を促進させられます。それだけに留まらず、湿布そのもののブランディング効果を高めたり、メーカーの認知度向上にも役立てることができます。

② 湿布による副作用も動画で丁寧に説明

湿布は飲み薬と異なり、全身に作用しない分、副作用が少なく身体に優しい治療であると言われています。けれども、副作用の危険性が全くないわけではありません。例えば喘息の持病がある方の場合に、発作を誘発する恐れがあります。そのため、発作の起こりそうな際には、すぐに剥がす必要があります。また皮膚が弱く被れやすい方の場合に、皮膚への負担を考慮すると、比較的早めに剥がしたほうが良いとされています。

この他、湿布を毎日同じ個所に貼り続けるのであれば、剥がしてから再度貼るまでの時間を、最低1時間ほど取るようにし、皮膚を休ませる時間を作るようにしましょう。湿布は副作用が出にくいとされていますが、全く起こらないというわけでもありません。そのため動画制作の際には、副作用への配慮もインタビュー映像内として取り入れる必要があります。

先述のようにインタビュー映像には、医師や薬剤師などの専門家による意見を導入することが効果的であるとされています。特に副作用などのセンシティブな内容であるからこそ、プロによる視点からの解説が必要となるのです。患者が納得且つ安心して湿布を購入し使用するためにも、動画内にこうしたインタビュー映像を取り入れることが、何より有効です。動画は、説明書などの文章を読むよりも短時間に多くの情報を発信することができます。合理的で効率的な情報伝達手段と言えるでしょう。

③ 正しい湿布の使い方に実写やアニメーションを導入

湿布を使用する際に気を付けておきたいポイントや知っておくと便利なポイントがいくつかあります。
◇湿布を貼る部位の汗などの水分をじゅうぶんに拭き取り、清潔にしておく。
◇湿布の薬面のフィルムを剥がし、よく伸ばしながら患部に貼る。
◇関節などの動く部位には、フィルムを剥がす前にハサミで切り込みを入れたり、切り取ったりすることで、さらにぴったりと貼ることが出来、剥がれにくくなる。
◇腰や背中など、自分1人で湿布の貼りにくい箇所は、フィルムが分割されるよう工夫のされた製品を使用するようにする。
◇湿布の真ん中部分のフィルムを剥がして患部に固定し、次に残りの両側のフィルムを剥がすと、綺麗に貼ることができる。

現在では、1人で貼ることのできる補助器具なども市販されています。毎日同じ個所に湿布を貼る必要のある方は、こうした器具の活用も、視野にいれると良いかもしれません。湿布を貼るときの注意点における説明も、動画で伝えることが最も有益です。ここで言う注意点とは、水分を拭き、伸ばしながら貼るなどを指しています。動画は実写で紹介することにより、分かりやすい解説を行うことができます。

実写の動画は、実際に存在する場所や人物・物などを活用し制作を行うため、視聴者により身近に感じてもらいやすいという効果があります。実写動画のシチュエーション次第では、その場に自分がいるかのように感じさせることもできるのが、実写動画の良さでもあります。剝がれにくくするための切り込みや切り取りには、アニメーションを導入することで、見やすく覚えやすい動画制作を実現できます。

アニメーションには、実写映像よりも注視してほしい部分だけを強調して表現することができます。また、オリジナルキャラクターを作成すれば、PR次第で人気のキャラクターとして多くの視聴者の心を掴むこともあるかもしれません。その他、キャスティング費が掛からず、撮影費なども不要、または軽微な修正であれば再撮影になることもないというメリットがあるのも、アニメーションの魅力となっています。

湿布の使い方における動画の制作は、映像制作を専門とする会社に、依頼を行うようにしましょう。満足度の高い動画を制作したい場合にはプロの経験値がモノをいう場面が多くあります。また、その動画を多くの視聴者に見てもらうことを前提としているケースでは、映像制作会社の需要はさらに高まります。企業サイドの視点だけでなく視聴者の視点に立つことも映像制作会社のサポートで可能になってきます。

弊社では、湿布の使い方に関する動画の制作を行っております。湿布の使い方における動画制作の他にも、幅広い映像制作を承っております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなど、弊社オリジナル映像技術を、低価格でご利用いただけます。この機会に、ぜひ一度ご利用されてみては如何でしょうか。動画制作のご依頼は、弊社まで、お気軽にお問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています