足のボコボコ下肢静脈瘤を動画解説 | 医療映像.jp

DUMMY

足のボコボコ下肢静脈瘤を動画解説

下肢静脈瘤とは、制脈の弁が壊れることにより、起こる静脈独特の病気のことをいいます。足の血管が膨れてこぶのようになる良性の病のことであり、良性の病で、命にかかわるようなことはめったにありません。けれども、自然に完治することはありません。だるさやむくみが日常的に起こり、こぶのように血管の目立つ見た目の問題もあります。重症化すると湿疹ができたり、皮膚が破れて潰瘍となったり出血を起こすこともあります。今回は、下肢静脈瘤を動画で説明することのメリットなどに関し、徹底解説します。

①CG動画で分かりやすい足のメカニズム

人の身体には血管があり、この血管には動脈と静脈の2種類が存在します。動脈は、心臓から送り出された血液を、身体のすみずみまで流す働きがあります。静脈は、動脈により臓器に送り込まれた血液を心臓に戻す働きがあります。人間は、立って生活をしているため、特に足の静脈には重力に逆らい、血液を下から上に向かって送るという、特別な働きがあります。このような血液の流れを、静脈還流といいます。

足は、ふくらはぎの筋肉によるポンプ作用と静脈弁が、最も重要な働きを担っています。重力に逆らって足から心臓に血液を送る必要があるため、静脈の中にはハの字型の弁があり、立っているときに血液が足のほうへと逆流するのを防いでいるのです。血管に動脈や静脈があることを知る方がほとんどではあるけれども、静脈の働きや動脈と異なり、弁のあることまでは、まだ知らないという方もいるはずです。こうした情報には、動画を活用して伝えることが効果的です。動画内にはCGを導入し、静脈の重要性を認識してもらうようにしましょう。

CGには、注目してほしいポイントに絞って目立たせることができるというメリットがあります。人間は本来、動きのあるものに目を向けやすいという特徴のあることから、そもそも動画は注目されやすいものです。CGで見せる映像というのはまた異なる特徴があり、非常に鮮明で美しく表現できます。また、血管内という普段目にすることが無い個所を分かりやすく表現することができるため、下肢静脈内にある弁やその働きを理解しやすく解説することができるため、動画内にCGを取り入れることは必要といえます。

②下肢静脈瘤の主な症状に動画を応用

弁が壊れる原因には、遺伝や妊娠・出産や長時間の立ち仕事などがあります。下肢静脈瘤の主な症状として、ふくらはぎのだるさや痛み・足のむくみなどが挙げられます。長時間立っていた後や、昼から夕方にかけて起こります。夜に寝ている間に起こるこむら返りも、下肢静脈瘤の症状の1つです。また皮膚の循環が悪くなることから、湿疹や色素沈着などの皮膚炎を起こすこともあります。この皮膚炎が悪化すると潰瘍ができたり、出血したりすることもあります。
下肢静脈瘤の主な症状は、以下になります。
◇足の血管が目立つ
◇ふくらはぎがだるい・重痛い・疲れやすい
◇足がむくむ
◇血管が膨らみ熱くなる・ピリピリする
◇足がむくむ
◇就寝中の明け方につる
◇ふくらはぎに湿疹ができる
◇くるぶしの上が色素沈着する・潰瘍ができる
比較的多い症状として、痛みはないのに指で押すと引っ込んだまま戻らない・靴下の跡が戻りにくい・靴が入らないなどの足のむくみがあります。この足のむくみは、下肢静脈瘤以外のさまざまな病などでも起こる可能性があるものです。けれども心臓や腎臓の病であるということは少なく、大多数は長時間の立ち仕事や座り仕事・加齢などが原因となっています。

こうした内容を分かりやすく伝えるために、下肢静脈瘤における実際の映像を動画内に導入することで、視聴者が自らの症状と比較しやすくなるというメリットがあります。実際の映像ほど、リアルなものはありません。必要な箇所に効果的に取り入れることが大切です。実際の映像を導入することにより、様々な症例を見ることができ視聴者が自身の症状と比較し下肢静脈瘤への理解が深まり、通院することを視野に入れる可能性があります。

また患者のインタビュー映像も挿入することにより、どのような症状から下肢静脈瘤だと判明したのかということを、さらに身近に感じやすくなるでしょう。患者のインタビュー映像は、視聴者層が患者であることも多い医療動画にとって、新規患者の獲得へつなげやすい情報です。そのため、患者のインタビュー映像の挿入は、有益な動画制作になりやすいと言えるのです。

③治療内容に医師のインタビュー映像を導入

下肢静脈瘤において、足全体に影響を及ぼすようになると、治療が必要となることもあります。以下のようなケースです。
◇見た目が気になり温泉やプールに行けない・スカートが履けない
◇毎日症状があり辛い
◇下肢静脈瘤による皮膚炎がある
これらの治療には大きく分類をして、「保存的治療」・「硬化療法」・「手術」・「血管内治療」の4つがあります。下肢静脈瘤は一度できてしまうと、根治には手術療法しか方法がないことが特徴として挙げられます。

治療方針は医師の診断や症状によって決まりますが、以下の手段により、下肢静脈瘤を予防することもできます。
◇長時間の立ち仕事を避ける
◇弾性ストッキングの着用
◇運動やマッサージを行う
これらの情報の伝達にも、動画を活用することが効果的です。動画内に医師のインタビュー映像を挿入することで治療方法の種類や方法が丁寧に解説することができます。また、専門家による実際の運動法・マッサージの仕方・弾性ストッキングの着用効果などを導入することで、動画ならではの理解のしやすさを活かすことができます。医師のインタビュー映像は、動画を見る視聴者を納得させることに寄与したり、安心感を与えることができるというメリットがあります。そのため症例や治療法、医療機器の紹介などにも最適であり、延いては新規患者の獲得を行うことにも貢献します。

動画の制作には、必ず映像制作を専門とする企業に依頼することが重要です。映像制作企業は、プロフェッショナルとして高い技術力を保有しています。そのような技術は、個人的に制作する動画とは全く異なる仕上がりとなるものです。動画の仕上がりに心から満足出来、理想通りの納品を目指す場合に、映像制作企業の協力は欠かすことができません。また短時間での納品を希望する際にも、同様のことが言えます。

弊社では、下肢静脈瘤の解説動画に関する動画の制作を行っております。下肢静脈瘤の解説動画における動画制作の他にも、幅広い映像制作を承っております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなど、弊社オリジナル映像技術を、低価格でご利用いただけます。この機会に、ぜひ一度ご利用されてみては如何でしょうか。動画制作のご依頼は、弊社まで、お気軽にお問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています