人気職種・医療事務を動画で紹介 | 医療映像.jp

DUMMY

人気職種・医療事務を動画で紹介

医療事務は、若い女性や子育て中の女性を中心に高い人気を誇る職種です。好不況に左右されることなく、安定したニーズがあるのが特徴となっています。正社員やパート・アルバイトなど、勤務形態もさまざまで、自らに合う働き方を選びやすいのも、この業務の魅力のうちの1つです。今回は、医療事務にクローズアップし、仕事の内容などについて動画で解説することの効果に関し、丁寧にご説明します。

① 受付・会計業務には実写映像や再現VTRを

医療事務とは、病院やクリニックなどの医療機関で働く事務職のことを指します。医療事務の業務領域は、医療機関の中で3つの大きな役割を担っています。1つ目は受付・会計業務、2つ目にクラーク業務、3つ目にレセプト業務です。これら3つの役割の中で、最もイメージしやすいものが、受付・会計業務になります。受付業務は、来院した患者より保険証を預かったり、診療申請書を記入したり、患者を受診科への案内を行います。会計業務では、診療が終了した患者から、診療費用を受け取ります。カルテと診療報酬点数表・患者の加入している医療保険から請求金額を清算します。

受付・会計業務を分かりやすく伝えるためには、動画を活用することが最適です。動画内には、実際の映像を映し出したり、再現VTR等で紹介すると、さらに効果的です。実際の映像や再現VTRには、医療事務が身近な仕事であることをアピールするのに寄与します。受付・会計業務の医療事務のスタッフは、患者が病院で最初と最後に接することになる人物です。来院する患者は、身体に不調を抱えているので、安心感や信頼感を与えられるよう、細やかな気配りや丁寧な配慮が必要となります。また、会計で長時間待たせないよう配慮する必要も出てきます。そのため事務職でありながら、接客業のスキルも求められることは、覚えておくと良いでしょう。

② インタビュー映像で分かりやすいクラーク業務

医療機関での2つ目の大きな役割として、クラーク業務があります。この業務はさらに、外来クラークと病棟クラークに分類されます。外来クラークは、医師や看護師と患者の仲介を行います。具体的には、受付業務から電話応対・患者の呼び出しやカルテ・レントゲンの準備や検査データの準備などを行います。これに対し病棟クラークは、入院病棟で発生する事務作業全般を担当します。入退院の手続きから食事伝票の管理・手術や検査スケジュールの管理などが、該当します。病棟クラーク業務は、ナースステーションや病棟内の事務室に常駐することが多く、入院設備を持つ病院ならではの事務作業であると言えます。

クラーク業務も、動画で伝えることが有益です。動画には実写を用いて表現すると、理解しやすいでしょう。また動画内には、実際に外来クラークと病棟クラークで勤務する医療事務の方のインタビュー映像を入れることで、業務内容の違いを明確にすることができます。医療事務の方のインタビュー映像には、どのような仕事内容であり、どういった雰囲気の中勤務されているのかということがオープンになります。そのため、今後医療事務職を希望する求職者や転職希望者にとっても、大変優しいインタビュー映像となるでしょう。クラーク業務には外来クラークと病棟クラークがあることを説明しておくことは求職者にとって重要です。

③ レセプト業務にはCGやイラストの活用が有益

医療事務の専門性が最も発揮される仕事は、レセプト業務になります。患者が病院やクリニックで診療を受ける場合に、通常は保険証を提出して診療を受けるシステムとなっています。そのため患者は診療費用の全額を負担することにはならず、一部を支払い、残りを保険証を交付する健康保険組合や、国民健康保険組合などが支払うという仕組みです。病院やクリニックなどの医療機関は、健康保険組合や国民健康保険組合などに対し、診療費用を請求します。実際には、国民健康保険団体連合会や、社会保険診療報酬支払基金といった、審査支払機関に請求を行います。

診療費用の請求の際に提出を求められるのが、レセプト(診療報酬明細書)という書類です。このレセプトには、患者の氏名や診療を行った医療機関名のほか、診療の対象となった傷病名・その傷病に対し行われた処置や使用された薬に応じた診療報酬点数などが、1カ月分まとめて記載されています。診療報酬点数には、1点が10円の診療費用を表すなどの記載がなされています。

保険診療における診療費用の支払いの仕組みは、少し複雑なため、CGやイラストで分かりやすく表現する必要があります。この表現法により、理解度を高めることにもつながるからです。医療事務という業務に就くために、特に必要な資格はありません。医療事務に関連する民間資格や検定が、数多く存在するので、資格が要るように勘違いされやすくもあるのです。民間のさまざまな資格や検定は、スキルアップや自己知識レベルを示すためのものです。例えば診療報酬請求事務能力認定試験や、医療事務技能審査試験といった、メジャーな資格や検定に合格しておくと、採用の際に有利に働いたり、給料が高くなるというケースもあります。

レセプト業務や保険診療における解説にも、動画を活用することが最適です。医療事務の方に1日密着したVTRを導入することにより、一連の業務の流れを説明しやすくなります。1日密着のVTRには、毎日のルーティーンを見せることにより、求職者や転職希望者のためになりやすく、有効であると言えます。また病院やクリニックとしても、ブランディングやターゲティング・認知度の向上などを図れるため、有益であると言えます。

④医療事務の紹介に動画の活用は必須

時代や流行に左右されることない職種として、医療事務は定評があります。医療事務という言葉は知っていても、具体的な業務内容までは詳しくはない方も、いらっしゃいます。深く調べることなく、「資格が必要ありそうで、自分には無理」と自己判断してしまうケースも多く見受けられます。現代人は、多忙な生活を送ることを強いられやすい状況にあります。そんな中、短時間で多くの情報を得られる動画の存在感は、勢いを増す一方にあります。医療事務に興味があるけれど、挑戦する前に諦めてしまうことのないよう、動画からアプローチする必要があるのです。

医療事務における動画の制作は、映像制作会社に依頼を行うことが必要です。長年のキャリアや実績を持つ企業は、動画制作のプロフェッショナルです。個人制作では企画は出来ても、それを具現化する映像制作技術において、懸念点も数多くあるのが実情です。また個人のケースでは、動画制作に予想以上の膨大な時間を要することもあるものです。映像制作会社であれば、個人制作よりも短い納期設定で納品してくれる可能性が高まります。映像の美しさや技術力はもちろんのこと、満足度の高い動画を制作してくれるのも、映像制作会社に依頼するメリットとなっています。

弊社では、医療事務に関する動画の制作を承っております。医療事務における動画制作の他にも、多種多様な映像制作を行っております。各種PR動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなど、弊社独自の映像技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。この機会に、一度ご利用されてみては如何でしょうか。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています