薬の保管方法を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

薬の保管方法を動画で

医薬品は適切な環境で保管する必要があります。間違った方法で保管していると、その薬本来の有効性や安全性が得られなくなってしまう恐れがあります。また薬を冷蔵庫に入れておけば、長持ちすると考える方もいるかもしれません。しかし、薬によって適切な保管法は異なります。そのため、薬をどのように保管すれば良いのか分からないという場合には、薬を処方された薬局などに、確認を行う必要があるのです。今回は、薬の保管の仕方を動画で解説することの意義などについて、詳しい説明を行います。

①薬の保管法や薬の性質の解説には実写動画が効果的

薬の保管法でよく知られている基本は、高温・多湿・直射日光を避ける方法です。また一般の錠剤やカプセル剤は、冷蔵庫に入れると取り出したときに室温との急な温度差により湿気を帯びる恐れもあるため、室温で保管するようにします。薬は温度や湿度・紫外線などにより、分解・変質してしまうものが多くあります。温度や湿度が高く、直射日光の当たる環境で保管していると、効能が落ちるだけでなく、いざ薬を使用したときに十分な効果が得られなくなるという恐れもあります。

薬は保管の仕方に対し、特に指示のない場合には、湿気・日光・高温を避け、室内で保管します。容器の蓋や線を固く締め、直射日光の当たらない場所に置きます。冬場は暖房の近くに置かないようにし、特に夏場の車内に長時間置きっぱなしにすることのないように注意しましょう。基本的な薬の保管方法は、動画で効果的に伝えることが必要です。実写映像で表現することにより、視聴者自身が薬を保管している方法が合っているのかということを、身近に感じることができます。

飲み薬にも、湿気や直射日光に弱い薬があります。例えば、アルミ製の包装がされており、「飲む直前に開ける」よう注意書きのされているような薬は、湿気に弱い傾向にあります。この薬を開封した状態にしておくと、すぐに空気中の湿気に反応して、変質します。また、赤色のPTP包装シートに入っている錠剤は、直射日光に弱いという性質があります。PTPとは、Press Through Packのことを指しています。直射日光の当たる場所で保管していると、薬の有効成分が分解され、薬が変色・変質してしまうのです。

こうした薬の性質に関しても、動画による伝達法が最適です。特殊な包装がされている薬であっても、実際の物を映像で見せることにより、処方されている薬がどのような特徴であるのかということを、分かりやすく解説できます。動画内には、薬剤師などの専門家による説明を取り入れることで、より説得力を持たせる動画制作が可能となります。

②インタビュー映像で理解しやすい保管における注意点

厚生労働省の2018年度「家庭用品等に係る健康被害病院モニター報告」によると、子どもの誤飲事故の約17%が医薬品・医薬部外品という報告があります。このような報告から考えても、薬は子どもの手の届くところに置かないように心掛けるようにすることが必要です。小さな子どもは、何でも口に入れたがります。手の届かないところに保管しておくのは基本ですが、食後に飲む予定であった薬をテーブルの上に出し、目を離した隙にラムネやお菓子のタブレットと間違って口の中へ入れてしまう恐れもあります。また子どもの目を引くようなお菓子の缶などの容器に保管することのないよう、注意しましょう。また古い薬は、捨てることが適切です。

冷所保存など、冷蔵庫で保管するよう指示のある薬もあります。主に、シロップ剤や目薬・坐薬・未開封のインスリンなどが該当します。シロップ剤は、子どもがジュースと間違えて飲んでしまうこともあるため、冷蔵庫内でも子どもの手の届かないところに置くようにします。他の容器に移し替えることなく、凍らせないようにすることにも注意します。製薬会社は薬の性状に応じて、製剤や包装に工夫をしています。シートや容器から出して保管を行ったり、他の瓶に移し替えたりせずに保管します。この理由には、移し替えることで、薬の取り間違えにつながる原因にもなることが挙げられます。

また、味や使い方そのものが分からなくなる恐れもあることから、誤用を避けるためにも、容器はそのままに保管することが大切になるのです。一般の方がなかなか接することのない製薬会社の広報など出演してもらうのも有効です。薬のシートや容器において工夫をしている点や、移し替えてはいけない理由などの注意点についても、動画で丁寧に解説を行いましょう。動画内には、インタビュー映像を挿入することにより、製薬会社の技術や工夫が伝わり薬に対する信頼感が生まれます。

インタビュー映像を挿入することにより、視聴者に安心感を与え、納得させることができます。このような動画づくりに欠かせないものが、先述のように薬剤師など専門家の説明になります。薬剤師は、まさに薬を扱プロフェッショナルです。そのため患者から信頼を得やすく、薬の保管法の解説に相応しい存在でもあります。これらの要素から、注意点や注意喚起を促す映像制作には、専門家によるインタビュー映像が重要になります。

③医療用医薬品とOTC医薬品の解説にはアニメーションが有益

病院や調剤薬局でもらう医療用医薬品は、原則正しく服用し使い切るようにします。事情により余った場合には、薬剤師に相談し、他人にあげないようにします。それぞれの症状に合わせ、治療に必要な分だけ渡されるため、使用期限は薬を処方された日数となります。OTC医薬品(一般用医薬品)は、ラベルや箱などに使用期限が書いてあります。未開封の場合の期限であるので、開封後は早めに使用するようにしましょう。子どもの手の届かないところに薬を置き、古い薬は捨てるようにします。

薬の保管法や医療用医薬品とOTC医薬品における解説も、動画を通して分かりやすく伝えることが効果的です。さまざまな年代の方にも理解できるよう、動画内にはアニメーションを導入することも有効です。アニメーションの活用により、それらの情報を容易に伝達可能となります。印象に残る映像制作という側面から取り入れることも、動画制作として最適な選択です。

アニメーションには、実写ではリアルにすぎる映像もオブラートに包んで伝えることができるという特徴があります。また、注意すべき点や注目してほしい個所を強調して表現することも得意としています。オリジナルキャラクターを用いれば、映像に対し子どもから大人まで親しみを持ってもらうことも難しくありません。また撮影のためのスタジオ費や機材費などのコストが不要であるという観点からも、導入を検討すべき映像技術であると言えます。

動画制作には、映像制作を専門とする企業に依頼をすることが重要です。幅広い要求に対応し、納期もある程度柔軟に設定可能であるという点において、依頼をするメリットは大変大きいと言えるからです。近年は、ハイレベルな映像制作を、ローコストで実現してくれる映像制作企業も存在します。そのような企業に依頼をすることにより、イメージ通りの動画に仕上げることができます。

弊社では、薬の保管方法に関する動画の制作を行っております。薬の保管方法における動画制作の他、多岐にわたる映像制作を致しております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなどを、低価格でご利用いただけます。どこまでも美しく、何よりもクリアな弊社独自の映像技術。動画制作のご依頼は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています