動画で分かりやすく暑熱順化の方法 | 医療映像.jp

DUMMY

動画で分かりやすく暑熱順化の方法

近年の真夏は、最高気温が35度を超える日も珍しくなくなり、熱中症やそれに近い症状で体調を崩す人も多くいます。暑さで体調を崩さないように、夏を迎える前に暑熱順化を行ったほうが良いとされています。暑熱順化とは、身体が暑さに慣れること・いわゆる暑さに強い身体を作ることを指しています。暑さに強い身体を作るためには、積極的に発汗をするなどし、暑い環境に身体を慣れさせる必要があります。今回は、暑熱順化の方法を動画で説明することの効果に関して、ご紹介します。

①CGやアニメーションで身体の仕組みを解明

暑い時期にも体温調節がきちんと行えるよう、本格的な夏になる前に暑熱順化を行う必要があります。具体的には、運動や入浴で汗をかくことにより、暑熱順化を促進させることができます。暑熱順化では、身体が暑さに慣れるための自律神経系や内分泌系の変化が起こります。発汗や皮膚の血流などの反応が良くなることで汗がさらさらになり、体温調節のメカニズムが高まります。

人間の身体は、体温が上がると皮膚血管を広げて血流量を増加させ、身体の表面から熱を逃がすほか、汗による気化熱で体温を下げる構造となっています。暑熱順化による身体の仕組みや体温調整の仕組みは、動画を利用して効果的に伝えましょう。動画内には、CGやアニメーションを導入することにより、さらに分かりやすく表現することができます。また、実際には目で見ることの不可能な血管や自律神経の働きも、CGやアニメーションを用いることで、容易に表現することが可能となります。

CGには、際立たせたいポイントにクローズアップし、鮮やかで綺麗な映像を見せられるという効果があります。それだけでなく、CGを活用すれば実写ではリアル過ぎる映像もオブラートに包んで見せることができます。これは、アニメーションにも言えることです。アニメーションの場合にも、全体的な表現を柔らかく見せられたり、現実には存在しない仮想空間を生み出すことも可能です。またCGとアニメーションには、例えば人件費や交通費・撮影機材費などが掛からないという特徴もあります。そのため、コストを抑えて制作を行いたいケースにも向いています。

こうした動画の制作は、個人で制作するのには、やはり限りがあります。また完成度の高い動画に仕上げたいという思いのある場合はプロの技術が必要となることがほとんどです。では、一体どうすれば良いのでしょうか。このようなときには、映像制作会社を利用するという選択肢が当てはまります。最新の映像技術を駆使し、視聴者の理解しやすい構成を提案し制作してくれるのも、映像制作会社を利用する魅力であると言えます。

②専門家のインタビュー映像で信頼を獲得

体温調整のメカニズムや能力は、1年中同じというわけではありません。2週間ほどかけて徐々に暑さに慣れることにより、高まっていきます。梅雨明け後は急に気温が上昇するため、梅雨明けまでに暑熱順化させることが良いでしょう。特に、急に気温の上がる時期は暑熱順化がまだ出来ていないため、熱が逃げにくく汗も上手くかきにくく、熱中症になるリスクも高いと言えます。梅雨明けの急な気温の上昇に身体がついていけず、熱中症になりやすい状態となっています。例えば中高年以上の人は、若い人よりも熱中症になりやすいため、積極的に暑熱順化を行ったほうが良いとされています。

しかし近年は、最高気温が35度を超える日も多くなり、夏の暑さが尋常ではありません。そのため、若い人も油断は禁物であると言えます。これからは若い人も暑熱順化を意識しながら過ごすことが大切です。具体的に暑熱順化できている状態とは、どのような状態のことでしょうか。具体的には、以下が該当します。
◇皮膚の血管が開く
◇汗が多く蒸発しやすい
◇水分補給で回復しやすい
その一方で、暑熱順化できていない状態というのも、意外と多く存在するものです。以下のような状態のことを指します。
◇皮膚の血管が開かない
◇汗をかきにくく蒸発しにくい
◇水分補給しても回復しない
暑熱順化を行うことにより、熱中症になりにくくなります。こうしたメカニズムは、動画で伝えることが有益です。動画内には、専門医のインタビュー映像を導入することで、馴染みのない暑熱順化という言葉が浸透しやすくなります。また専門家によるインタビュー映像には、動画の視聴者に説得力を持たせることもできるという効果もあります。説得力を持たせると、信頼を得やすくなります。暑熱順化により、熱中症になりにくくなるというメリットを理解しやすくなります。

③実写動画で理解しやすい暑熱順化

暑熱順化のポイントは軽度の運動や入浴になります。意識的に汗をかくことが重要であり、屋外であればひと駅分歩くこと・出来る限り階段を使用するなど、目安としてウォーキングは30分・ジョギングであれば15分・頻度は週5回程度が望ましいとされています。通勤や買い物の際のサイクリングも取り入れやすく、30分を目安に週3回程度取り入れると、良いでしょう。気温の高い日には、無理に運動してはいけません。屋内であれば、ストレッチを1日30分程度・週5回から毎日行うことが理想とされています。室内での運動は、温度や湿度には注意が必要です。

気温が上がってくると、シャワーだけという方も増加しますが、2日に1回を目安に湯船に入って意識的に汗をかくようにしましょう。暑熱順化を行う方法や注意点などは動画に収め、実写で撮影することでより身近に感じてもらうことができます。また実写動画には、リアリティ―を伝えやすいという効果もあります。これには実際に存在する街や人物・物などが映像に映ることにより、臨場感を演出であることが背景にあり、視聴者自身の行動と重ね合わすことができやすい為です。

動画は、現代において必要不可欠なツールとなっています。どのような動画であっても多くの人に見てもらう可能性のある映像づくりは、とても丁寧に制作されているものです。それらの動画の多くは、映像制作を専門とするプロに依頼を行う場合が大多数であるということは、あまり知られていない事実なのです。プロが制作した動画が、多くの視聴者の心を掴む力を持つ媒体であるということが、お分かりになるのではないでしょうか。

先述の内容からも、暑熱順化の方法における動画の制作は、映像制作会社に依頼を行うことが必要です。映像制作会社であれば、確実に良質な映像を、スムーズに納品してくれます。納期に関しても柔軟に対応してくれる企業も多く、ストレスフリーな動画制作を実現してくれます。近年は低価格で制作を行うところもあり、視聴者に見てもらう映像制作を望む場合に利用すべきであると言えます。

弊社では、暑熱順化の方法に関する動画の制作を承っております。暑熱順化の方法における映像制作の他にも、さまざまな医療に関わる映像制作を行っております。各種PR動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなどを、リーズナブルな価格でご利用いただけます。高品質な弊社のオリジナル映像技術。この機会に、一度ご利用されてみませんか?動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています