「健診」と「検診」の違いを動画で | 医療映像.jp

DUMMY

「健診」と「検診」の違いを動画で

みなさんは、「健診」と「検診」の違いがお分かりでしょうか。もちろんよく知っているという方もいらっしゃれば、よく分からないという方もいらっしゃるかもしれません。今回のテーマである健診と検診の違いは、誰もが知っているようで意外と誤解しやすい言葉でもあるのです。今回は、健診と検診の違いを動画で説明を行うことのメリットや効果に関して解説します。

①医師のインタビュー映像で相違点によりインパクトを

健診とは、健康診断の略であり、健康が保たれているかを総合的に調べるもののことを指します。この健康診断では、患者の身体に潜む病気の危険因子の有無を調べます。会社などで行う定期検診や、特定健康診査といわれる特定健診が基本となるものです。検査の目的は、肥満ではないかということと、血圧測定で、血圧は大丈夫であるかなど、全体的な身体のチェックとなり、生活習慣を見直すことなどになります。要するに健康診断は、健康かどうかを調べ、病気の危険因子を早く見つけることができる一次予防のことをいうのです。

一方で検診とは、病気を見つけるための検査や診察を行うことを指しています。具体的な検査内容には、胃がん検診や大腸がん検診・肺がん検診や乳がん検診・子宮がん検診などがあります。この他にも歯科検診というような、特定の病気を早期に発見し、治療の準備に生かすことが目的のため、特定の臓器に対しピンポイントで検査することを目的としている検査です。予防医学的に見ると、早期発見が目的であるので、二次予防の検査となります。がん検診などのように、特定の病気を早期に発見し、早期治療を行うための二次予防のことを、検診というのです。

健診と検診は、類似した言葉のようでもあります。互いの異なる点については、動画を通して伝えることが最適です。動画内には専門家のインタビュー映像を導入することにより、健康状態を知ることが重要であるということが分かりやすくなるというメリットがあります。インタビュー映像には、医師やスタッフなどの生の声を取り入れると、説得力を持たせる動画制作を実現できるため、さらに効果的です。

②健康診断の種類をアニメーションで分かりやすく

健康診断には、以下のように幾つかの種類があります。
◇特定健診・保健指導
平成20年から始まった、いわゆるメタボリックシンドロームの健診。40歳から74歳までが対象。
◇職場健診
労働安全衛生法によりその実施が定められ、事業主が費用を負担。正社員に留まらず、非正規社員も1週間の所定労働時間が同種の業務を行う正社員の3/4以上となる場合には、対象となる。
◇学校健診
学校保健法により定められ、身長・体重・栄養状態・視力・聴力・目の疾患・耳鼻咽喉の疾患・皮膚疾患・心臓疾患などの有無を調べます。
◇人間ドック
病院や健診センターで、身体各部位の検査を受けて、臓器の異常や病気の有無を調べる健康診断。人間ドックは任意の為、費用は自己負担となる。

上記の健康診断の種類における説明も、動画を利用することで、視聴者が理解しやすい動画に仕上げることができるというメリットがあります。上記の種類をアニメーションで表現にし、一覧表示や1つひとつの項目を丁寧に解説するのも適切です。アニメーションには、伝えたい情報を柔らかい表現で伝えられるという効果があります。親しみの感じられる映像により、スピーディーに内容を把握できるアニメーションは大人から子供まで理解しやすい表現方法と言えます。

例えば実際には撮影することが難しい体内や脳内などの働きを表現することができるのも、アニメーションの魅力です。また、実際に立ち入ることが困難な場所で実写の撮影不可能なポイントなども、アニメーションで再現することが可能です。この他オリジナルキャラクターを作成すれば、子どもから大人まで愛着を持ってもらいやすく、商品アピールなどにも効果的です。

アニメーションには、実写のような人件費や交通費・会場費などが不要であるというメリットもあります。これは、後述のCGにおいても同様のことが言えます。これらのことから、実写よりもコストをかけずに効率良く動画制作を達成したいケースにも、有効であることが分かります。アニメーションやCGを積極的に取り入れ、有益な動画づくりを成功させることが重要になります。

動画を制作する上で大切なことは、全体を通して視聴者に分かりやすい内容を心掛けることです。そのような動画を制作することができれば、今後の新規受診者の獲得や増患にもつなげることができるはずです。

医療系動画制作の際には、医療を専門とするプロの映像制作企業に依頼を行うことが必要となります。映像制作企業は、これまでの実績や経験に基づき、1人ひとりの顧客の理想とする動画制作を実現してくれます。個人での動画の制作は、相当の時間を要するものであり、他の業務にも支障を来しやすい手間のかかる作業です。映像のプロに任せることにより、理想通りのパーフェクトな動画制作を叶えられます。また納期に関しても柔軟に対応してくれる企業が多くあります。まずは気になる映像制作企業に問い合わせを行うことから始めましょう。

③CG動画で健診と検診の重要性を訴求

自分に合った健康診断を選択するには、今までの健診結果や年齢なども考慮した上で相応しいとされるものを受ける必要があります。予約の際に相談することができるため、迷ったときには問い合わせを行うことも良いでしょう。

病気の予防には、以下の3つの予防医学があります。
◇一次予防
病気にならないようにする。生活習慣改善や予防接種など。
◇二次予防
病気になった人を早期発見・早期治療する。
◇三次予防
病気になった人の後遺症の進行を防ぐ。リハビリなど。

最近では、病気にならないために、職場の環境を整えることにより、病気を予防する0次予防の考えも提案されています。
健診の種類や、病気の予防に関しても、動画を利用することで健康診断を実施率・受診率が上がる可能性があります。動画内にCGを導入することにより、分かりやすく伝えられ、さらにCGには、目立たせたいポイントを効果的に際立たせることのできるというメリットがあります。CGを取り入れて、効果的な情報の伝達を行うことにより、視聴者に飽きを感じさせることなく視聴してもらうことができます。

自らの健康は、自らで守るため、健診は大切であるということを動画に盛り込むことが重要になります。健康診断や検診の流れ、病院内の施設を紹介することにより、病院のブランディング効果や認知度の向上などに寄与します。動画の制作は、先述のように医療専門の映像制作企業に依頼を行うことが最適です。映像制作企業でなければ不可能な技術力というものが存在します。そうした特殊技術は、後の再生回数や新規受診者のアプローチにまで関わってくるうものです。満足できる動画を安心して公開するためにも、動画制作は必ず映像制作企業に依頼を行うようにしましょう。

弊社では、健診と検診の違いに関する動画の制作を行っております。健診と検診の違いにおける動画制作の他、幅広い映像制作を承っております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなどを、ローコストでご利用いただけます。驚異的な映像美と、圧倒的な独自技術。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社までお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています