かかりつけ医のメリットを動画で | 医療映像.jp

DUMMY

かかりつけ医のメリットを動画で

日本医師会では、「健康に関することを何でも相談でき、必要な時は専門の医療機関を紹介してくれる身近にいて頼りになる医師のこと」をかかりつけ医と呼んでいます。かかりつけ医とは、体調が悪いと感じるときに、まず相談する自宅付近や職場付近などの診療所や病院の医師のことです。今回は、かかりつけ医のメリットを動画で解説することに関して詳しい説明を行います。

①インタビュー映像やアニメーションで伝わるかかりつけ医の存在

日常生活における健康の相談から、傷病による受診や通院など、かかりつけ医はどの世代にとっても健康をサポートしてくれる、頼もしい存在です。かかりつけ医に相談すれば、日頃の健康状態を知ってもらえるだけでなく、ちょっとした体調の変化にもすぐに気づきやすいものです。病気の予防や早期発見・早期の治療も、可能となります。

かかりつけ医は必要に応じて、適切な医療機関を紹介してくれ、症状に応じた専門家の紹介もスムーズに行います。かかりつけ医がいれば、病気や症状・治療法などについて、的確な診断やアドバイスをしてくれます。
現在、かかりつけ医を持っていない、かかりつけ医の探し方が分からないなどの方は
以下の方法でかかりつけ医を見つけてみてもいいかもしれません。
◇自分が通いやすいエリアの病院で、軽い風邪の症状で受診してみる。
◇自分が通いやすいエリアの病院で、健康診断を受けてみる。
◇自分が通いやすいエリアの病院で、予防接種などを受けてみる。
訪れた病院の看護師や受付・待合室などの雰囲気も参考になります。
現在は、インターネットの口コミなどが多くあり、そうした情報をもとに気になる病院に実際に足を運び、自分の目と感覚から確かめたほうが良いでしょう。

かかりつけ医とは一体どういう医師なのか?ということは、動画を活用して伝えることが効果的です。動画内には、医師のインタビュー映像を導入することにより、かかりつけ医のメリットを分かりやすく解説できます。また、かかりつけ医を見つける方法には、動画内にアニメーションを導入し分かりやすく表現することで、かかりつけ医に対するハードルがぐっと下がります。

医師のインタビュー映像を挿入することにより、内容に確かな説得力を持たせることができます。またアニメーションには、実写では理解しにくい内容も、理解しやすくなるという効果があります。インタビュー映像やアニメーションを有効活用し、有益な動画づくりを行うことが重要になります。

②映像で分かりやすいかかりつけ医を持つメリット

かかりつけ医を持つと、以下のメリットを享受できます。
◇適切な他の医療機関を紹介
入院や高度な設備での検査が必要になった場合に、診療科の異なる医師にかかりたい場合にも適切な医療機関を紹介してくれます。大病院に初診で受診をする際には、かかりつけ医や他の医療機関からの紹介状が必要になります。紹介状の持参の無い場合には、初診料などの診療科とは別に、選定療養費として負担がかかるケースがありますので、かかりつけ医の紹介状があったほうがスムーズでしょう。

◇健康診断・健康相談に対応
定期的な健康診断やインフルエンザなどの予防注射を行ってくれたり、高血圧症や糖尿病といった慢性的な病気の診察なども行ってくれます。その結果の指導や相談にも応じてくれます。また、患者の日ごろの状態を知っていることにより、病状や病歴・体質などを踏まえた診療を受けることができます。

◇介護保険の主治医意見書の記入
65歳以上で介護保険が必要になった場合、行政に申請を行いますが、その際かかりつけ医が主治医意見書を書いてくれます。それをもとに地域の介護認定審査会で、どのような介護が必要な段階にあるのかということを話し合い、サポートしてくれます。

◇産業員や在宅医として対応
かかりつけ医は、地域での保育園や幼稚園の園医や学校医として健康診断や健康相談に従事したり、職場での健康管理を職務とする産業医として活動している医師もいます。この他にも、在宅療養が必要な方には訪問診療を行ってくれる医師もいます。

かかりつけ医は、医療と介護・地域の保健や福祉サービスといった、さまざまな職種の方々と連絡・連携を行いながら、支援の必要な方への活動を行っています。健康に関し、何でも相談することができるのも、かかりつけ医ならではであると言えます。

◇ACPに対応
さらに、将来の人生をどのように生活をして、どのような医療や介護を受けて最期を迎えるかの計画し、家族や身近な人・医療やケアの担当者と予め明らかにしておく取り組みのことを、ACP(アドバンス・ケア・プランニング)といいます。人生会議という愛称でも呼ばれている取り組みです。この取り組みでは、環境や体調の変化により、繰り返し話し合いを行うプロセスを踏みます。地域の他の医療機関や介護施設・在宅ケアサービスなどと連携を行い、患者一人ひとりに合ったサービスを考えていきます。

◇認知症の早期診断と支援
認知症を起こす病気には、治すことの難しいものが多くありますが、適切な治療により進行を遅らせることができたり、適切な医療機関につないでくれ、本人の不安や介護する家族側の負担を軽くすることができます。

◇死亡診断書の記入
もし自宅で亡くなった場合にも、かかりつけ医が看取った場合は死亡診断書を記入してくれます。かかりつけ医がいない場合には、警察の検死を受けることになります。

かかりつけ医を持つことで得られるメリットについても、動画で伝えることが最適です。少し難解な内容の説明であっても、動画にすると大変分かりやすくなるものです。映像にはアニメーションを導入し、理解しやすい表現を心掛けると良いでしょう。また、実際にかかりつけ医を持っている人のインタビュー入れてもよいでしょう。有益な動画制作を行いたいと考えるときに、とにかく視聴者に伝わりやすい表現を心掛けるようにすることが必要です。

③かかりつけ医の紹介に動画の活用は必要不可欠

かかりつけ医は、認知症の早期診断と支援を行うために介護保険の相談に乗ったり、必要に応じて専門医やケアマネジャー・看護師・地域包括支援センターなどと連携をはかり、生活を支えます。かかりつけ医を持つことで、病歴や薬によるアレルギーの有無・日頃の生活環境や家族の既往歴・子どもの場合に発達や発育の状態などを医師が知っていれば、診断や治療の際にも役立ちます。

かかりつけ医を持つことで、これらの情報を1カ所に蓄積できるため、適切な治療やアドバイスを受けることができます。かかりつけ医を決める上で最も大切なことは、医師との信頼関係です。かかりつけ医を持つことのメリットは、動画を活用することにより、医師や病院の雰囲気そのものを効果的に伝えられます。動画を通して伝えることで病院のブランディング効果を高め、「この医師なら信頼できる」と思える医師を見つけてもらう契機になります。

動画の制作は、必ず映像制作会社に依頼を行うようにしましょう。医療映像の専門家である映像制作会社に依頼をすれば、思い描く動画をつくり上げることができます。個人制作では難しい最新映像技術も、専門企業に任せることにより、全て享受できます。

弊社では、かかりつけ医のメリットに関する動画の制作を承っております。かかりつけ医のメリットにおける動画制作の他にも、業界・業種問わずさまざまな映像制作を行っています。各種PR動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなどを、リーズナブルな価格でご利用いただけます。オリジナル技術を駆使した、世界に1つの映像美。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています