夏の「あせも」対策を動画で解明 | 医療映像.jp

DUMMY

夏の「あせも」対策を動画で解明

汗を沢山かく季節は、水ぶくれやかゆみなどを伴う「あせも」に注意する必要があります。あせもは、乳幼児によく見られる症状として知られていますが、夏の猛暑などにより、大人や高齢者に起こることも珍しくありません。あせもは、専門用語では汗疹(かんしん)といいます。大量に汗をかいたときに、汗を排出する汗管(かんかん)が一時的に詰まることにより、汗がスムーズに排出されないことで起こるトラブルのことです。今回は、夏に発生しやすいあせもにおける対処法を動画で伝えることのメリットについて、詳しく説明します。あせもになりやすい原因やあせもの種類、具体的なあせも対策までご紹介します。

①あせもの原因にインタビュー映像やアニメーションを応用

汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。暑いときに体温調節を行うための汗は、主にエクリン腺から分泌され、このエクリン腺が何らかの原因で詰まると、あせもの症状が現れます。汗は、体温調節を行うことがその主な役割であり、汗を作るエクリン汗腺は、頭から足先まで全身に分布しています。エクリン汗腺は、自律神経からくる指令を受け取り、体温を下げるために必要な汗を作ります。自律神経が十分発達していない乳児は部屋の温度や湿度を調整したり、脱ぎ着しやすい衣類で体温調節を助ける必要があります。

生まれたときには既に大人と同じ数のエクリン汗腺が存在するため、子ども時代の汗腺は大人と比べて非常に高密度であり、当然トラブルも多いものです。あせもは、汗が大量に出る高温多湿の環境下や、発熱・スポーツ時に起きやすい症状であり湿布や包帯・ギプスの装着などで通気性が悪くなった部分に見られることもあります。

汗腺の種類や子供があせもになりやすい理由・あせもになりやすい箇所などは、動画を活用して伝えることが最適です。動画内には医師のインタビュー映像とともに、アニメーションを用いて解説を行うと、さらに分かりやすい動画に仕上げられます。医師のインタビュー映像には、説得力を持たせることが出来、アニメーションには柔らかく親しみやすい表現で伝えられるというメリットがあります。

医師のインタビューや解説用のアニメーションはあせも対策動画に限らず、医療映像全般に活用可能なものです。そのため医療動画を制作する際には、積極的に導入することにより視聴者の理解が深まります。医療動画の制作は、医療映像専門の映像制作会社に依頼をすれば、短期間で理想通りの動画を手に入れることができます。具体的な企画が定まっていない場合にも、一度映像制作会社に相談を行うことで、ヒアリングを通してスムーズに事が進む可能性が高いはずです。

②あせもの種類をCGで分かりやすく

あせもは、汗が通る菅である汗管が一時的に詰まることにより、汗が貯蓄して汗管の外に漏れ出るために発症する状態のことをいいます。その深さにより、以下のように3種類に分類することができます。
◇1. 水晶様汗疹
水晶様汗疹は、角層という皮膚の一番外側が閉塞して汗がたまるものであり、透明な水ぶくれがポツポツと現れほとんど炎症が起こらないまま数日で消退する。赤ん坊の顔にできやすい種類のあせもであるが、大人でも発熱する病気のときに発生する可能性もある。見かける頻度は少ない。
◇2. 紅色汗疹
紅色汗疹は、一般的に考える「あせも」である。表皮中の汗管から汗が漏れ出ることにより、周囲に強いかゆみや炎症を起こす。汗がたまりやすい関節の内側や首回り、身体などに多い。乳幼児や肥満の人・汗かきの人に多い症状。症状が酷いときには、搔きむしって細菌感染を合併することで「とびひ」を引き起こしてしまう。症状が悪化する場合には、皮膚科を受診するとステロイド外用薬やかゆみ止めの抗ヒスタミン薬・ケースにより抗生物質の処方が行われる場合がある。皮膚科に来院する患者は、ほとんどが紅色汗疹で来院する。
◇3. 深在性汗疹
深在性汗疹は、通常熱帯地方に見られる紅色汗疹の重症型である。紅色汗疹を繰り返すことにより、広範囲にぶつぶつとした盛り上がりが多発し、真皮での汗管の閉塞のために発汗が止まり、熱中症を起こしやすい状態となる。

あせもの種類に関する説明にも、動画を活用することが有益です。動画内にはCGを使用することで、どうしてあせもができるのか?どういう状態になっているのか?などの疑問を、理解しやすく表現できます。CGには、クローズアップしたいポイントに絞って伝えられるというメリットがあります。また特定のパーツだけを際立たせたいというケースでも、CGを取り入れることが効果的になります。CGは綺麗で鮮やかな映像として見せられるため、複雑なものをシンプルに表現することもでき、人目を引きやすいというメリットもあります。

③夏のあせも対策に実写映像を導入

あせもを防ぐには、汗をかいたときに放置しないことが大切です。こまめに汗を拭いたり、着替えたり、ぬるめのお湯で洗い流すと良いでしょう。高温多湿の環境では、エアコンを上手く活用し、吸収性や通気性の良い下着や衣類を身に付けるようにします。また、汗をかいても濡れたままにしておかないようにします。あせもができてしまったら、入浴やシャワーで肌を清潔にしてから、薬を塗って早めに治療することも大切です。

あせもができた後は、肌を清潔にし、汗をかいてもすぐに拭き取るなどのケアが必要となります。乳児や寝たきりの方のケースでは、汗をかきやすい部位に気を付けましょう。顔や額・首脇の下肘や膝の裏・足の付け根や間・湿布や包帯・ギプスを付けている部位などが該当します。赤いあせもができたときや、汗を刺激と感じたときにかゆみを感じ、爪でかきたくなります。しかし、肌を掻きむしるとあせもを悪化させ、バリア機能の低下を引き起こします。そのため、薬ですみやかに症状を抑えることが大切です。

適切に発汗ができることは、自律神経のバランスを測るバロメーターとなります。発汗機能は、大人になってからも日頃から訓練をしていないと衰えるものです。発汗の準備が十分にできていない初夏などは、熱中症を発症する人が増加します。汗は悪者ではなく、必要不可欠なものです。日頃からうっすら汗がかせる程度の適度な運動や入浴などを、日々の生活の中に取り入れることも大切です。あせもを防ぐ方法や、あせもになりやすい部位も動画を活用し実写の映像で紹介することで、より身近に感じてもらえるというメリットがあります。

実写の映像を使用することにより、視聴者に臨場感を与えることができます。また実写映像のケースでは、あせもとは一体どのようなものなのか?どのような形をしているのか?「とびひ」になってしまった場合はどのような症状なのか?など具体的に知りたいときに役立ちます。この場合、実際にあせもができている映像をそのまま映し出すことも効果的です。あせも対策動画の制作は、映像制作会社に依頼を行うことが最適です。

弊社では、夏の「あせも」対策に関する動画の制作を承っております。夏のあせも対策における動画制作の他にも、業界・業種問わず幅広い映像制作を行っております。各種PR動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなどを、リーズナブルな費用でご利用いただけます。ヒアリングによる企画・構成、高品質な弊社独自の映像技術をお試しください。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています