動画で伝える絆創膏の選び方 | 医療映像.jp

DUMMY

動画で伝える絆創膏の選び方

ドラッグストアや薬局に絆創膏を買いに行くと、さまざまな種類や大きさの絆創膏が陳列されています。現在販売されている絆創膏には、さまざまな種類があることはご存知でしょうか。大きく分類をすると、液体(水)絆創膏・救急絆創膏・テープ絆創膏の3つに分けられます。今回は、正しい絆創膏の選び方を動画で説明することの効果について、丁寧に解説します。絆創膏の種類からモイストヒーリングを導入した絆創膏の使用法に関しても、触れていきます。

①薬剤師の動画解説で知る絆創膏の種類

先述のように絆創膏は、液体(水)絆創膏・救急絆創膏・テープ絆創膏の3つに分類できます。

液体絆創膏は、コロジオンという粘り気のある液体が主成分となっており、傷口に塗ると耐水性の高い被膜を形成することで傷をガードします。水に強く、皮膚の動きに強いことから、水に触れることの多い指先のちょっとした傷口に重宝します。塗ったときに弱冠しみたり、深い傷口に使用した際にはケロイドなどを生じたりする可能性もあるため、用法を守った使用が必要となります。

救急絆創膏は、最も一般的な絆創膏となっています。救急絆創膏は、医薬品医療機器等法により、医薬品・医薬部外品・医療機器の3つの種類に区分されています。製品区分の違いは、主に成分や効能・効果になるため、使用目的による使い分けが必要となります。ほとんどの製品が救急絆創膏として売られているため、購入の際は、裏面の製品区分をしっかりと確認する必要があります。以下医薬品・医薬部外品・医療機器の特徴になります。
◇医薬品・医薬部外品
一定濃度のアクリノールのほか、塩化ベンザルコニウムなどの殺菌消毒薬がパッド部分に含まれている。殺菌消毒効果を有しているのが特徴。
◇医療機器
最も多くの救急絆創膏が医療機器に区分されている。粘着性のシートに不織布製のパットが取り付けられており、すり傷や切り傷・さし傷や靴擦れ・ひっかき傷などの浅い傷口の保護に使用。パッド部分に薬剤が含まれていないため、患部の保護が主な目的。

現在では、目立ちにくい塩ビタイプや防水タイプなど、さまざまな素材でできた絆創膏のラインナップがあります。この他にも、湿潤治療を目的とした絆創膏も、救急絆創膏の一種となっています。テープ絆創膏は、粘着包帯や伸縮性粘着包帯・サージカルテープなどがあり、患部に薬を塗った後にガーゼなどで保護する場合に使用します。絆創膏は、それぞれの傷の大きさや傷の具合により選び方も変わってきます。絆創膏の種類の説明は、動画で分かりやすく伝えることが最適です。動画内では販売している店舗の薬剤師が説明したり、各メーカーが説明することで、目的に合ったものや種類も分かりやすくなります。

実際に勤務する薬剤師が解説を行うことにより、絆創膏メーカーの垣根を越えて、薬の専門家としての説得力や安心感を与えることができます。

②インタビュー映像やCG活用でモイストヒーリングを説く

湿潤性の絆創膏は、人気上昇中の絆創膏です。傷が綺麗に治ると人気のハイドロコロイド絆創膏は、モイストヒーリングを取り入れた製品です。モイストヒーリングとは、湿潤療法のことをいいます。身体が本来持っている自己治癒力を最大限に生かした治療法のことであり、ハイドロコロイド素材でできたパッドが患部からにじみ出てくる体液を吸収し、かさぶたを作らずに傷を治します。患部からにじみ出てくる体液には、皮膚が再生するための細胞成長因子が含まれています。乾燥させたりガーゼで吸い取ったりすると、せっかくの細胞成長因子が失われます。

モイストヒーリングでは、傷口を乾燥させないことにより、細胞成長因子の働きを助け、活発な細胞分裂を行うため傷の治りが早くなります。人気の製品が、どのようにして傷を治していくのか?ということを説明するためには、動画の利用が有益です。動画内には、メーカーの開発者のインタビュー映像を導入したり、ハイドロコロイド絆創膏の仕組みをCG映像を用いて解説することにより、絆創膏購入者への効果的なアプローチも行えます。

インタビュー映像には、開発メーカーの解説を取り入れることにより、いつも購入しているの絆創膏とは違っているというインパクトを与えることができます。正確な情報を伝えるためにも、開発者を動画に登場させることはプラスの効果をもたらします。またCG映像を導入することには、特に注目して欲しい部分だけを際立たせることができますし、効果を分かりやすく解説することができます。CG映像は、鮮やかで美しいため、動画内で商品訴求などの利用にも寄与します。もちろん、インタビュー映像もターゲット(購入者)に訴求する事が可能です。

③正しい絆創膏の選び方に動画は必須のツール

絆創膏を使用する前に、まず水で傷口を洗います。傷口に入ってしまった砂などの異物やばい菌を洗い流し、感染や化膿を防ぎます。絆創膏を使用すると、赤くなったりかゆみが出ることがあります。これには絆創膏の粘着剤の成分や、肌と密着することによる蒸れ・はがす際の刺激が原因となることもあります。絆創膏を貼る際には、皮膚がきつく感じないように貼り、はがすときはゆっくりと丁寧にはがしましょう。絆創膏のパッドはできるだけ濡らさないように注意します。パッドを濡らすと細菌が繁殖する原因にもなるためです。もし濡れてしまった場合には、新しいものに取り換えましょう。

水仕事をする方は、防水性の機能がある絆創膏もあります。絆創膏は、傷口を乾燥や雑菌から守る便利な保護剤です。絆創膏を選ぶときには種類だけでなく、サイズも大切です。また大人と子どもでは、指の太さも異なります。指先に使える小さいサイズのものから大きいサイズのものまで、何種類か常備しておくと安心です。ただし、絆創膏が使えるのはあくまでもすり傷や切り傷などのうち、特別な手当てを必要としない浅い傷のみとなります。出血量が多い傷や深い傷・動物などに噛まれた傷などは、感染症を起こす可能性もあるので、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。

絆創膏の選び方を分かりやすく伝えるためには、動画の利用が最も適切です。現代の人々は、短い時間でさまざまな情報を得られる動画を見る傾向にあります。伝えるべき情報を短時間にまとめるためには、映像制作技術を必要とするものです。近年はソーシャルメディアに動画を活用する場面も増えています。映像制作会社に依頼をすると、短納期でターゲットにリーチしやすい動画に仕上げてくれます。これらの理由から、動画制作を希望する方は、必ず映像制作会社にサポートしてもらうようにすることが重要です。

弊社では、動画で伝える絆創膏の選び方に関する動画の制作を行っております。動画で伝える絆創膏の選び方における動画制作の他、業界・業種問わずさまざまな映像制作を承っております。各種プロモーション動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画コンサルティングなどを、低価格でご利用いただけます。限りなく鮮明で高品質な世界に1つの映像技術。動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、お問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています