蚊に刺されない為に | 医療映像.jp

DUMMY

蚊に刺されない為に

日本でも、特に夏場に広がる蚊の被害。実は夏場だけでなく、4月から11月までを活動時期としているのです。病原体を保有する蚊に刺されることによって起こる感染症・蚊媒介感染症。主な蚊媒介感染症には、ウイルス疾患であるデング熱・チクングニア熱・ジカウイルス感染症・日本脳炎・ウエストナイル熱・黄熱・原虫疾患であるマラリアなどが該当します。これらの感染症は、主に熱帯・亜熱帯地域で流行しています。感染すると、危険なこともある蚊の存在。一体どうすれば、蚊の近寄りを防げるのでしょうか。今回は、蚊が寄ってくる原因や外出時の対策を、動画で説明することの効果について詳しい解説を行います。

① 蚊の生態を身近に感じてもらうために

日本では、日本脳炎以外の蚊媒介感染症は海外からの輸入感染症としてみられていますが、デング熱に関しては2014年に国内感染例が報告されています。治療法は、マラリアについては、抗マラリア薬を投与します。ウエストナイル熱・ジカウイルス感染症・チクングニア熱・デング熱・日本脳炎は、対症療法が中心となっています。感染してからの治療よりも、蚊に刺されないための対策が重要となり、蚊に刺されないために蚊を発生させないことも大事です。

デング熱などを媒介するヒトスジシマカ・通称「ヤブ蚊」は、外で生活している蚊です。幼虫であるボウフラは、空き缶やペットボトル・バケツや側溝・古タイヤや植木鉢の鉢受けなど、少しの水があればそこで孵化します。孵化させないためには、まず家の周りの水たまりをなくし、溝の掃除をし、ボウフラの住処を無くすことが大切です。

また、家の周りで蚊を大量発生させないために、蚊が好む雑木林や竹藪・草むらなど蚊の好む環境をつくらないことも大切です。例えば家の周りに草が生い茂っている際に、定期的に草刈りを行い、常に風通しの良い状態を保つようにしましょう。蚊が孵化しやすい環境については、実際の動画で紹介することにより、身近な場所に水たまりがあることを発見できます。また蚊が発生しないよう、家の周囲の環境が映像と似ていると、対策を注視してもらえます。

蚊に刺されない為には、蚊の生態や具体的な対策内容を動画で説明する必要があります。動画で説明を行う際には、蚊の発生しやすい場所を実写で撮影することにより、視聴者に身近に感じてもらうことができるでしょう。また、ボウフラなどの実写は不快に感じる人も多い為イラストやアニメーションを導入するというのも効果的です。アニメーションには、実写よりも柔らかく表現することができ、子供でも理解しやすい動画に仕上げることができます。アニメーションの他、CGの導入も効果的です。CGには、注目して欲しいポイントに絞り情報を伝えられるという効果があります。アニメーションやCGを上手に活用することで、多くの視聴者の目を引きやすい動画に仕上げられます。動画を見てほしいターゲットによって表現方法を変えていく必要があります。

②蚊が寄りつく原因に再現VTRを活用

蚊が寄って来る原因には、以下が挙げられます。また、蚊が寄って来る原因に関しても、動画で説明を行うことで、効率的に伝えられます。多くの視聴者は、短い時間で多くの情報を得られることを期待しています。それに対応可能な映像技術が、動画になります。そのため、積極的に動画を活用すべきであると言えるのです。
◇二酸化炭素
蚊は、人間が吐き出す二酸化炭素を目印に集まってきます。肥満傾向の人は、吐く息が多いため、刺されやすいでしょう。
◇体温
体温が高ければ高いほど、蚊に見つかりやすく、体温の高い赤ん坊や妊婦の方が蚊に刺されやすい傾向にあります。また飲酒をすると体温が上がるため、蚊に刺されやすくなります。
◇汗・足の臭い
汗の臭いのもととなる乳酸や脂肪酸を感じ取ります。足の裏から出る臭いが、蚊を刺激します。このケースでは、汗を拭き、足の裏を清潔に保つようにします。
◇暗い色の服装
蚊は色を識別することが出来ず、はっきりと識別可能な黒っぽい濃い色を好む傾向があります。ある実験によると、白い服を着ている人よりも、黒い服を着ている人のほうに約10倍もの蚊が集まったというデータが報告されています。

こうした動画の制作には、再現VTR映像の導入が効果的です。再現VTR映像には、実際の出来事をより身近なものとして感じてもらいやすいという効果があります。蚊が寄って来る原因に対しては、実写の映像を用いて説明を行うようにすると、さらに臨場感が増したり、実験映像などを使用してもよいでしょう。また実写映像は、共感してもらいやすいという特徴もあります。そのため、原因などの解説に相応しいジャンルであると言えます。

③蚊への対策に専門家のインタビュー映像を導入

蚊に刺されない為に、外出時には以下のように注意すべき対策があります。このような動画制作にも、やはり動画の力を活用することが重要です。例えば専門家のインタビュー映像を取り入れることも効果的です。専門家は、蚊に対しての研究データなどを保有しています。専門家の説明は、視聴者にとって非常に説得力のある内容として認識されます。そのため動画内で専門家のインタビュー映像は、とても有効な方法になります。
◇服装は肌の露出を抑え淡い色を選びます。
◇公園や草むら・雑木林などに近づかないようにします。
◇こまめに汗を拭き、乳酸などの臭いを抑え、冷却スプレーなどで体温を下げます。
◇虫よけを使用します。

上記の対策を分かりやすく説明するには、動画の活用が欠かせません。動画内には、製薬会社の虫よけを開発している人や広報のインタビューを入れることにより、蚊の生態と対策を躯体的にできます。また、インタビュー内容に沿ったイラストなどを挿入することにより、大人から子供まで理解しやすい動画を作ることができます。

また、外出時だけでなく、家の中での対策も行う必要があります。
◇小さな隙間からでも侵入が可能となっているため、窓や玄関・あみ戸等をしっかりと閉めましょう。上の階に住んでいるからと、安心することはできません。エレベーターなどでビルやマンション・どこにでも移動可能です。
◇蚊は、汗の成分に反応して近寄ってくるため、靴下をこまめに替え、靴を乾燥させるようにします。室内で蚊を見つけたら蚊に効く薬剤を使用するようにします。

蚊に刺されない為の対策における動画制作には映像制作会社への依頼が最も適切です。映像制作会社ならではの構成の提案や技術力を駆使して、質の高い動画に仕上げてくれます。もしまだ具体的な動画内容を定めていない場合でも、映像制作企業に一度相談をされてみることをおすすめします。ヒアリングを通して豊富な実績と経験・対応力を活かし、ターゲットに届く映像を制作してくれるでしょう。映像のプロ集団であるからこそ、真摯に向き合い、強力なサポートを行います。

弊社では、蚊に刺されない為の対策動画に関する映像制作を承っております。蚊に刺されない為の対策動画制作の他にも、業界・業種問わず、多種多様な映像制作を行っております。各種PR動画制作や映像配信サービス・ドローンを活用した空撮や動画マーケティングなどを、リーズナブルな価格でご利用いただけます。美しくて高品質、唯一無二の映像技術。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています