医薬品の説明資料としての動画 | 医療映像.jp

DUMMY

医薬品の説明資料としての動画

初めて使用する医薬品を処方される場合には、医師や薬剤師から具体的な説明を受けることになりますが、中には説明された内容を忘れてしまう患者もいるかもしれません。用法を忘れてしまったとしても、家族が覚えておけるような環境づくりをすることも大切です。そのためには、医薬品の用法・用量の解説動画を公開しておくことが最も有益です。動画を公開することにより、万が一説明を受けた本人がその内容を忘れてしまったとしても、家族が後から動画を閲覧し、用法・用量の確認をすることもできます。今回は、医薬品の資料に関する説明動画の制作意義や、待ち時間に映像効果を活用することなどに関して、お話をしていきます。

①解説動画の意義は何か?

医薬品は、使い慣れている患者でなければ、大半の方はその使い方を知ることはなく、それに関する知識もありません。患者が誤った使用法や服用をしないよう、医薬品についての説明動画はメリットも多いことから、やはり制作をするべきであると言うことができます。また、患者は医薬品の効能だけに目が行きがちですが、どのような薬であっても、副作用の出る可能性はあるわけです。医師の先生方は、医薬品の効能と副作用のバランスを考えて処方をしているため、自己判断のみで安易に薬を服用してはいけないということも、動画の中で、有効的に伝えることができます。

また治療方針などは、医師が直接説明を行うことによって、患者に安心感を与えることができます。しかし、同じ病気を患う患者や、同じ薬を服用する患者に、繰り返し何度も同様の説明をするということは、効率的とは言えません。薬の服用法や、その病気のよくある症状などに関しては、映像を活用して伝えることで、より合理的に、そしてスムーズに伝えられるということも、多くあります。特に、服用の際の注意点などは、映像を通して解説を行うほうが、さらに伝わりやすいとされています。その背景として、医薬品のベネフィットとリスクを分かりやすく説明できるというポイントが挙げられるのです。

②待ち時間にも映像効果をフル活用

クリニックや薬局の待ち時間を、ストレスであると感じる患者は、決して少なくありません。病院は、実にさまざまな方の出入りする特殊な空間であり、何らかの感染症から来院をする患者もいることでしょう。そうした全く見知らぬ人と同じスペースで過ごすということが、何となく苦痛であると感じる方や、体調の悪い中来院している患者などもいるわけです。また待合室によっては、パソコンやスマートフォンの使用を一部制限されてしまうような空間も、絶対にないとは言い切れません。そうしたさまざまな要因が重なることで、患者のストレスとなる可能性は、大いに考えられるものです。

クリニックや薬局の待ち時間にも、医薬品の説明資料に関する動画を患者に見せることによって、負担に感じやすい待ち時間を、意義のある時間に変えることができます。待ち時間に映像を見てもらうことには、ストレスを感じやすい時を紛らわすことが可能であり、動画の力でストレスを減少させることもできます。また、動画による分かりやすい解説から、安心して薬を服用してもらうことも可能となります。待っている間に見てもらう動画として、以下の4つのパターンが効果的です。
◇1.医薬品に関する解説
◇2.クリニックの紹介(施設や設備等)
◇3.医師やスタッフの紹介
◇4.クリニックに特化した情報
人間は、90%を超える情報を、視覚と聴覚より取り込んでいるとされています。視覚と聴覚を有効活用したものが、まさに動画となります。動くものには人間の目を引きやすいという効果があり、動きのある映像を制作することで、より患者の目を引き付けることができます。

また動画のメリットとして、やはり情報量が多いため、印象に残りやすいという利点が挙げられます。動画は、文字やテキストなどと比較をしても、約5000倍の情報量を持つとされています。この理由として、サウンドやビジュアルといった情報を、同時に受け取ることができるためです。アメリカの研究所によれば、テキストを読んだ場合の記憶定着率が10%であったのに対し、動画を活用すると、それが20%にまでアップしたそうです。この結果から、要するに動画には、テキストよりも2倍の記憶定着率があると言うことができるわけです。こうした科学的な証明から、如何に動画を活用することが重要であるのかということまで、知ることができます。

③双方にとって有益な動画づくりを目指して

動画コンテンツのニーズが高まり続けている現代であるからこそ、映像制作企業に依頼をすることには、多大なメリットがあるのです。病院と患者の双方にとって、メリットのある動画を制作するためには、やはり映像制作を専門とする企業に依頼をすることが必要です。映像制作企業に依頼をすることの主な利点として、以下の4つが挙げられます。
◇1.高品質な動画制作が可能
◇2.優れた企画と構成内容
◇3.最低限のコストで制作可能
◇4.動画制作の手間が不要に
映像制作企業は、アングルの計算や的確な撮影技術を駆使して、最後まで飽きさせず、ハイクオリティーな動画づくりを実現してくれます。また、映像制作企業の企画や構成についてもクライアントの意向を存分に取り入れ、無駄なコストをかけることなく、制作費のみで、望み通りの動画に仕上げてくれるでしょう。この他、自主制作で発生するような手間や時間を取ることもありませんので、業務の効率化を図ることが出来、労力のカットといったメリットがあります。
映像制作企業の選び方に関しては、制作目的に見合う技術力のある企業であるか見極めることが大切です。
動画を制作する目的が明確である場合に、その目的を確実に叶えてくれる技術力のある制作企業を選ぶことは、必須であると言うことができます。アニメーションで仕上げたいケースや、CGを多用した映像に仕上げたい等、目的は個々に全く異なるものであります。目的が定かであっても、検討している映像制作企業にそうした技術力があるのかどうかということを事前に見極めておくことは、損をしない選び方のとして、大変重要なポイントとなります。そのため、事前にウェブサイトで検討中企業の情報を確認したり、問い合わせたりすることも適切です。

動画共有サイトやソーシャルメディアなどでも、商品のPRやマーケティングなどに動画を活用することが、現代社会において非常に一般的となっています。それらの動画も、映像制作企業への依頼のもと、制作されているものが大多数であります。特に、品質の高い動画制作には、難易度の高いスキルも必要となりますので、動画のプロフェッショナルである映像制作企業手を借りて制作を進めることが、何よりも最適であると言えるのです。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています