訪問リハビリの特徴を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

訪問リハビリの特徴を動画で

高齢化社会である近年では、「訪問リハビリ」という言葉を耳にすることも多くなっています。年々増加する訪問リハビリですが、一体どのようなリハビリを受けることができるのでしょうか。またどのような方がサービスの対象者となるのかということまで、動画で解説するメリットをご紹介します。

①CG動画で分かりやすい訪問リハビリとは?

「訪問リハビリ」とは、作業療法士や理学療法士・言語聴覚士が利用者の自宅を訪問し、リハビリのお手伝いをするサービスのことをいいます。このサービスの最大の特徴は、通常の生活環境のままリハビリを行うことであり、介護施設や病院などが提供する、訪問リハビリテーションです。またこの他に、訪問看護ステーションからのリハビリ専門職が、訪問することもあります。

保険制度に関しては、医療保険と介護保険があり、大多数の方が介護保険のサービスを利用します。この費用ですが、病名や地域・時期や各種保険負担割合などにより異なります。一度の訪問リハビリの平均時間は、40~60分ほどになります。具体例を挙げると、自己負担の割合が1割の介護保険サービスの場合には、40分で約600円~900円という費用でサービスを受けられます。

利用者やその家族が気になりやすい、訪問リハビリの特徴や費用に関する説明は、CG動画を利用することがおすすめです。CG動画は分かりやすく伝えられるだけでなく、訪問リハビリの特徴をより想像しやすくするというメリットがあります。またCGを利用すれば、色や形を即座に変更できるため、イメージカラーや文字フォントを修正することも、CGであれば難しくありません。

この他にもCG動画は鮮やかで一目見て目を引くことが可能であり、費用やサービスの内容を大変分かりやすく表現することができます。そのため、訪問リハビリの特徴に関する動画制作にも、CG動画を積極的に取り入れることをおすすめします。CG動画の導入により、新たな利用者の獲得や病院・施設の信用向上にも寄与するでしょう。

訪問リハビリの特徴における動画の解説には、動画を制作している映像制作会社に依頼することが必須であると言えます。やはり動画のプロフェッショナルである映像制作会社に依頼をすると、イメージ通りかつクオリティーの高い動画に仕上げてくれます。制作依頼を行うときに、独自の映像技術を持つ企業などもおすすめです。また納期も相談できるので、安心して依頼をすることができます。

弊社では、訪問リハビリに関する動画の制作を行っております。訪問リハビリに関する動画制作の他にも、さまざまな映像制作を致しております。各種PR動画制作や映像配信サービス、ドローン撮影や動画コンサルティングなど、多岐に渡る映像制作を展開しております。無数の動画制作会社の中でも、最高品質を誇る弊社のオリジナル映像技術を、低価格でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、お問い合わせください。

②実写動画とアニメーション動画のメリットと異なるポイント

訪問リハビリは、原則として通院の困難な方が対象となるサービスです。もし通院することができて同様のサービスが受けられる場合には、通所リハビリテーションやデイサービスなどを受けることができます。また、通院ができる場合にも、「通所リハビリテーションのみでは家屋内での日常生活の自立が困難である場合の家屋状況の確認を含めた訪問」は認められています。具体例として、自宅での入浴の練習や料理・外出の練習などを指し、自宅でしか不可能なことがあれば訪問リハビリの対象となります。

訪問リハビリの対象者の解説も、動画を通して理解しやすく説明することが効果的です。動画を利用するときに、リアリティーを持たせる場合には実写の動画を活用し、分かりやすさを印象付ける場合にはアニメーション動画という技法が最適です。ここで、実写動画とアニメーションそれぞれのメリットと違いについて解説します。

まず実写動画ですが、映像を見る方に臨場感を与えることが出来、よりリアルに伝えられるというメリットがあります。共感も得やすく、好感度の上昇にもつなげられます。高い共感や好感を感じさせるためには、ロケーションの選定やキャスティングも重要な要素となります。また、実際に訪問リハビリサービスを受けている方を撮影することにより、これから訪問リハビリを開始しようとする人にとって、より身近に感じ実感が湧くかもしれません。一方でアニメーション動画は、幅広い表現が可能であり、キャラクターの登場など一目で愛着や親しみを持ってもらいやすいというメリットがあります。また修正が発生した場合にも、人件費やロケーション代などが余分にかからないため、比較的低コストで制作ができるという点も挙げられます。

③訪問リハビリ動画の制作はプロに依頼を

介護保険における訪問リハビリは、40歳以上で介護保険の「要介護1~5」・「要支援1~2」の認定を受けた方が対象です。これが医療保険になると、年齢問わず0歳から受けられます。原則介護保険が優先ではありますが、シチュエーション次第では医療保険が優先になることもあります。訪問リハビリのサービスとしては、リハビリの専門職員が訪問し、全身状態の把握や生活状況の確認などを行います。

また、その利用者ごとに合うリハビリを提供し、主に自主練習指導や食事・入浴やトイレ動作などの日常生活動作の練習、ベッドや歩行器などの福祉用具のアドバイス、移動練習や外出練習なども行います。この他にも、生活環境調整や家族への指導なども行います。自宅での生活の中で入浴動作練習を何度も行うことにより、さまざまな動作を行うことができるようになります。

福祉用具を活用し、入浴に必須の道具を整えた結果として、安心・安全の入浴が可能となります。これは、着替えの練習にも言えることです。進行性疾患の場合には、徐々に不自由になる身体に合わせて食事中の自助具のアドバイスを行います。この他にも、ベッドや寝具・車椅子の変更などのアドバイスも行うことがあります。

サービスを受けられることに関する内容も、動画を利用して伝えることが有益です。このとき、内容の説明だけでなく、実際にサービスを利用している方の体験談などを取り入れると、よりこれから利用しようとしている人やその家族に分かりやすい動画となるでしょう。動画の中には、実写やCG・アニメーションなどの技術を内容に応じて効果的に取り入れると、さらに有益な動画づくりを実現できるはずです。

弊社では、映像制作のご依頼を承っております。大企業の皆様にも広く利用されており、数多くの実績とキャリアが、弊社にはあります。CG・実写・アニメーション動画の他、デジタルサイネージ動画やVR動画制作などにも対応しております。動画制作を依頼される際には、唯一無二の弊社独自の映像技術をご利用ください。動画制作のご依頼やご相談いつでもお待ちいたしております。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています