薬の効き方を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

薬の効き方を動画で

体調不良などから病院で診察を受け、薬を処方してもらうことがあります。処方薬が体内で一体どのように効いていくのか、また薬の飲み忘れや飲み過ぎなどの予防を目的として、用法・用量を守るためにはどうすれば良いのでしょうか。今回は、薬の効き方や仕組みを動画で説明することの効果に関して、丁寧に解説を行います。

①動画で説く薬が効く仕組みとは?

薬は、胃や腸で溶けることによってバラバラになります。主に、腸から体内へと吸収される形になり、血管の中に入っていきます。血管の中に流れることで、血液とともにまずは肝臓へ運ばれます。そこから効き目成分は全身へとめぐり、目標の場所に到達をすると効果を発揮する仕組みとなっています。要するに薬は全身をめぐることにより、それぞれの薬が体内の必要とされるポイントで、確かに作用するように作られているのです。

薬の効き方には、大きく分類すると2つのケースがあります。1つ目のケースは、体内で病気の元となる細菌などの原因に直接働きかける薬です。これは、医師から処方される抗生物質などのことを指しています。2つ目のケースは、人間の身体が本来保有する機能を上手く利用して、症状を改善して治す薬です。これは、頭痛や外傷などの痛み止め・消化性潰瘍の薬などを指しています。

薬の効き方や、薬が効く仕組みを分かりやすく伝えるためには、CG動画やアニメーション動画が効果的です。大人に向けては3DCGを活用した動画を制作することによって、リアリティーを感じながら視聴してもらえます。また、3DCGで体内での様子を表現することにより、テレビの健康番組で使用されている科学的に分析したCGなどを想起させ、大人であっても興味深く見ることができます。子どもに向けてはアニメーションを活用した動画を制作することで、理解しやすく興味を持ってもらえる動画に仕上げることができます。アニメーションは、誰にでも親しみや愛着を感じてもらいやすいというメリットを持っています。

3DCGのメリットとして、試薬などの説明の際に、その薬のイメージや効果が容易になるという点が挙げられます。また、色や形をすぐに変更可能な点も、3DCGの利点です。薬を目立たせたい、またはウイルスなどにどのように働きかけるかなど、強調したい面の色を変更していくことができます。それだけでなく、3DCGは立体的に物が表現されているので、360度の視点から、自由に眺めることができるのも魅力です。この他、シンプルに要点だけを分かりやすく堂にすることができます。また、一同動画を作成すれば転用することも可能になり、費用対効果を高められることも3DCGならではのメリットとなっています。

薬の効き方における動画の依頼は、動画を制作してくれる専門の映像制作会社に依頼を行うことが確実です。動画のプロとして実績やキャリアの豊富な映像制作会社に依頼を行うことによって、高品質でまさに理想的とする動画をスピーディーに納品してくれます。動画の制作依頼を行う際には、映像制作演出・技術を持つ制作会社であり、尚且つクオリティに見合った価格で制作をしてくれる企業をおすすめします。また納期も守ってくれるため、映像制作会社であれば、安心して任せることができます。

弊社では、薬の効き方に関する動画の制作を承っております。薬の効き方に関する動画制作の他、幅広い映像制作を行っております。映像制作の企画立案からCG・アニメーションのパーツ制作や撮影を含めたプロデュースまでお受けします。薬の効き方における動画の他にも、各種動画配信サービスやプロモーション映像制作・動画マーケティングやドローン撮影など、多種多様な映像制作を展開しております。数多くの動画制作会社の中でも、トップクラスを誇る弊社の独自映像技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。動画制作のご依頼は、ぜひお気軽に弊社までご相談ください。

②CGグラフで分かりやすい動画に

痛み止めなどの1度だけ服用する頓服薬ではなく、毎日飲み続ける必要のある薬には、きちんとした理由があります。薬を飲むと、腸から吸収された効き目成分の血液中の濃度が上がり始め、それがやがてピークに達し、成分が分解されるにつれて血液中の濃度は下がっていきます。薬が効いているということは、効き目成分の血液がある一定の間血液中にあるときに、初めて効果を発揮することを意味します。これはつまり、薬が効く濃度に達しなければ、効き目が発揮されることはないということになります。

そのため、時間の経過によって血液中の濃度が下がってくる頃に、次の薬を飲んで濃度を上げることが大切です。注意点として、血液中の濃度があまりに高過ぎると、効果が強過ぎたり、中毒症状や副作用が出ることもありますので気を付けましょう。最適な濃度をコントロールするためには、1日の服用回数をしっかりと守ることが重要です。医師や薬剤師が処方する薬の飲み方における説明は、全て明確な理由のもとに指導しているからです。

薬の成分が体内で効果を発揮する一定期間に関する解説は、口頭では困難な場合も多くあります。このようなときにも、動画を活用して理解しやすく伝えることが有益です。薬が体内で効く一定期間を、CGのグラフを用いて分かりやすく表現すると、患者のために親切でしょう。CGグラフは、口頭でわざわざ説明する必要がない上に、一目で見て患者が理解しやすい映像を提供することができます。そのため、CGグラフもアニメーション動画や3DCG動画などと同様に、積極的に活用すべきであると言えます。

③薬の飲み合わせも動画で効果的に解説

薬の飲み合わせとは、薬と薬同士、または薬と飲食物・薬とサプリメントなどを同時に摂ると、薬の効果が強まったり弱まったりします。このような薬の効果に影響を及ぼす組み合わせのことを、飲み合わせといいます。飲み合わせは必ず起こるものではなく、体調に変化が見られたり、何だか身体がおかしいと感じた場合には、すみやかに医師や薬剤師に相談をすることが大切です。

また近年は、サプリメントを摂る方も多くいますが、サプリメントは健康食品として分類されます。けれども、サプリメントによっては薬の効果に影響を与えるものもあります。それだけでなく、サプリメント次第では、身体に影響を与える成分も配合されている可能性があります。種類により飲み合わせに注意する必要のあるサプリメントもあることが考えられます。そのため、薬の飲み始めには、必ず摂取しているサプリメントの名前を伝えるようにしましょう。

薬の飲み合わせや、サプリメントに関する注意喚起も、動画を活用し伝えることが最適です。また飲み合わせやサプリメント情報の他、飲み過ぎなどで効果が強く出過ぎたりなど、副作用が出ることも中にはあります。副作用についての説明や、用法・用量を守ることによって薬が効くことにつながるという事実も、動画を通して丁寧に解説を行うことが有効です。

弊社では、薬の効き方に関する動画の制作を行っております。
また薬の効き方の他にも、さまざまな動画制作に対応しております。
ハイクオリティーで美しいオリジナル映像制作を、ぜひご利用されてみてください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています