赤ちゃんの予防接種を動画で分かりやすく | 医療映像.jp

DUMMY

赤ちゃんの予防接種を動画で分かりやすく

赤ちゃんは、生まれてきた段階から約6カ月間、母親からの抗体によって守られています。予防接種を行う目的として、母親からの抗体がなくなる前に、自らの抗体により、病を防ぐ状態を作るためという明確な目的が存在します。生後2カ月目より、さまざまな予防接種が始まりますが、予防接種を受けるべき時期もあり、それらをこの記事の中で詳しくご紹介します。今回は、赤ちゃんの予防接種に必要な情報の全てを、動画で解説することのメリットなどに関して解き明かしていきます。

① 動画で伝える予防接種 ワクチンで防げる病とは?

乳児の予防接種には、豊富な種類がありますが、それらは公費負担の定期予防接種と、自己負担の任意予防接種に分類されています。定期予防接種の種類には、風疹や麻疹、日本脳炎やロタウイルスなどがあり、この他に、B型肝炎や4種混合(あるいは3種混合)、BCGや子宮頸がん予防など、様々な種類が存在します。

任意予防接種の種類には、季節性インフルエンザとおたふくかぜがあります。定期予防接種は、公費の負担となるため、無料で受けることができますが、任意予防接種は、原則自己負担のため有料となります。しかし、公費負担の任意予防接種に該当するケースに限り、助成を受けることが可能とされています。

公費負担の任意予防接種は、条件を満たすことによって、助成を受けられるようになるわけですが、定期予防接種に該当するわけではありませんので、万が一、健康被害の起きた際には、医薬品副作用被害救済制度に基づいた救済給付の申請を行うことができます。また、予防接種法に基づいた保証は受けることが出来ませんので、注意しておきましょう。

ワクチンを利用して予防することのできる病気における説明には、動画を活用して解説を行うことが効果的です。ワクチンを利用して予防可能な病は多く映像を用いて画面に一覧表示をしながら説明を行うこともまた相応しいでしょう。視覚と聴覚の両方から働きかけることのできる動画は、例え一度見ただけの動画であっても、人の記憶に強く印象づけることができるというメリットがあります。

②副反応と追加接種について

予防接種を行った後に、体調が悪くなったり熱が出てしまうなどということも、全くないとは言い切れません。予防接種後、そのような不調が出てしまうことを副反応といい、この副反応によって引き起こされる発熱や腫れといった症状は、免疫反応の表面化であるとも捉えることができます。そのため、しっかりと免疫が機能している事実の裏付けであるともいうことができるわけです。

免疫の発達していない乳児には、定められたスケジュールのもとに、ワクチンを接種することが重要です。具体例を挙げると、細菌性髄膜炎を防ぐためにワクチンを接種するケースでは、1歳を超えた頃から追加接種を行うことによって、長期間効果のある免疫力を与えることができます。この細菌性髄膜炎を防ぐ不活化ワクチンは、1回だけでなく繰り返し接種することが必要となりますので、スケジュール管理も非常に大切になってきます。

副反応と追加接種における情報も、動画を活用して解説を行っていきましょう。動画を活用することで、静止画などとの比較をしてみても、さらに膨大な量の情報を、短い時間の中で伝えることが可能であるというメリットがあります。動画は静止画の5000倍もの情報を伝達することが可能とされており、その効果は想像以上に大きなものになるでしょう。

③予防接種を受けるべき時期はいつ?動画で解明

予防接種をスタートさせると、毎週のように病院まで足を運ぶ必要のあるほど、過密なスケジュールになることもあります。この予防接種は、受けるべき時期もありますので、予め、きちんと把握しておくことが重要です。乳児のワクチン接種を行うべき時期として、総合的なスケジュールを考慮し、生後2カ月目からスタートさせることがベストであるとされています。

まず、妊娠中より小児科を選定し、1カ月健診の終了した時点で小児科に連絡をし、生後2カ月目より予防接種を開始することが望ましいでしょう。生後6カ月目までに受けておきたいワクチンとして、その種類は6種類から7種類まであり、一度に多くの免疫をつけることのできる同時接種を検討することも必要です。

同時接種を行うことにより、一度に多くのワクチンを接種することが可能になるため、予防接種のスケジュールの把握も管理も容易に済ませることができるという利点があります。それだけでなく、予防接種の予定を忘れてしまったりすることもなく、スピーディーに免疫をつけることも可能なので、便利で合理的な接種方法であるということができます。

予防接種は、接種を受けるべき時期の中でも、特に早めの接種を心掛けることが大切です。事前にかかりつけの小児科医を決めて、早期の段階から具体的な予定を立てていきましょう。乳児の発熱や体調不良などで、思うようにスケジュールの進まないときにも、かかりつけの小児科医がいれば、不安なことへの相談を行うこともできるのです。

任意予防接種についても、それらすべての情報を熟知したかかりつけの小児科医に相談をすれば、いつでも正確で、適切なアドバイスをしてくれるはずです。予防接種を受けるべき時期や、かかりつけ小児科医に関する動画を作り、それらの重要性を広く理解してもらうことも、とても大切なことです。動画を使って理解をしてもらうことのメリットとして、接種率の大幅な向上に繋がるということが挙げられます。

④動画だから理解できる予防接種のアプリ活用法

乳児が受けるべき予防接種には、多くの種類があるため、つい予約を忘れてしまったり、受けるべき時期を過ぎてしまったりというようなトラブルが起こることも、時にはあるかもしれません。そのようなときには、予防接種のスケジュールを管理するアプリを使用することも視野に入れてみましょう。

予防接種の予定を管理することのできるアプリは、たいてい無料で利用することができて、中には小児科の先生自らが監修を行っているアプリも存在します。そうしたアプリを使用すると、予防接種日の1週間ほど前から接種のお知らせをしてくれたり、過去に接種を行ったワクチンを一覧で見たりすることができます。

予防接種のスケジュールの管理ができるアプリの中には、妊娠中より利用することが可能であったり、その日にあった出来事を書き込むことのできる日記を書けるアプリもあります。この他、1つのアプリで複数人のアカウントを登録することの可能なものもあり、家族の中で、個別にアカウントを作成することもできる仕様になっています。

赤ちゃんの予防接種のスケジュールの管理に、アプリを利用することも有効であるということを、動画を用いて分かりやすく伝えていくことは大変重要なことです。予防接種の情報の全てを口頭で個別に説明をするには、非常に膨大な時間がかかってしまいます。だからこそ、動画の力が必要なのです。動画制作を依頼する際には、動画制作を専門とする映像制作会社へと依頼を行うことが最適です。

弊社では、予防接種に関する動画制作のご依頼を承っております。予防接種のPR動画制作や映像配信サービス、動画コンサルティングなど、唯一無二のオリジナル制作技術を、低コストでご利用いただけます。また、撮影スタジオの運営業務も致しております。予防接種に関わる動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています