質朴な空間に癒しを 医療とアートの融合 | 医療映像.jp

DUMMY

質朴な空間に癒しを 医療とアートの融合

体調が悪いと、それに連なり気持ちも沈みがちになるものです。身体の不良でクリニックに足を運び、待合室で待っているとき、素敵な絵画が飾られていたり、クラシック音楽などが流れていたら、どうでしょうか。芸術には、癒しの効果があると言われています。待合室で待つ間、体調の優れないときであっても、映像を活用して癒しの空間を演出することができれば、辛い待ち時間も、一瞬で癒しの時へと変化します。今回は、ヒーリングアートやホスピタルアートなど、待合室というシンプルな空間に、アートを取り入れることの効果や、それに関する動画を制作し、アピールすることの効果について、分かりやすい説明を行っていきます。

①ヒーリングアートの取り組みを動画に

医療に芸術をシンクロさせる活動のことを、ヒーリングアートやホスピタルアートと呼びます。イギリスやアメリカでは既に、広く浸透している芸術活動となっていますが、日本でも確実に普及しつつあり、クリニックの増築や建て替えなどをきっかけとして、芸術活動を導入するクリニックが近年増加傾向にあります。

ヒーリングアートやホスピタルアートを取り入れているクリニックでは、待合室をアートスペースとして想像し、壁紙を彩り溢れるものへと変更したり、リラクゼーション音楽を流したり、患者の心に働きかけ、癒しの空間を作り上げています。こうした芸術活動を通して、従来の待合室のイメージは今、大きく変わってきています。

あるクリニックの待合室では、自然をイメージして制作された大きな絵画を飾っていたり、美しく明るい色調の椅子を配置したりと、さまざまな工夫がなされています。この待合室を利用する患者からは、全体的に立体感が感じられ、リラックスした状態で治療に臨むことができるなどのポジティブな声が上がっています。

また、待合室の他、検査室やリハビリテーション室にも、多くのヒーリングアートを取り入れています。待合室や検査室の床には、色鮮やかな銅版画を導入し、自然の美しさを描いた小児科病棟の壁には楽器を配置したりと、患者の楽しむことのできる工夫が豊富に施されています。それだけでなく、クリニック内の絵画を、入院している病室へと持ち込むことも可能としています。

この他、待合室の壁面に、プロジェクションマッピングを常設するクリニックも増加傾向にあります。自然などの癒しの映像をプロジェクションマッピングで流すことにより、患者の緊張をほぐすころができたり、笑顔を見せる患者もいたりと、大きな癒しを与えています。プロジェクションマッピングを使用する際には、クリニックの特徴を意識して導入をすることによって、独創性の高い表現が可能となり、他のクリニックとの差別化にも繋がります。

これらの取り組みを行っていることを積極的にアピールするためには、動画を活用して広く知ってもらうことが効果的です。オリジナリティーの高い動画は、視聴者の印象に残り、企業の宣伝やブランディングに最適です。動画でアピールを行うことで、話題性にもなりやすいので、短時間で多くの視聴者に情報を拡散してもらえたりと、認知度を高めるためにも有効であると言うことができます。

プロジェクションマッピングでは、自然界に存在する川の流れや鳥の鳴き声などの効果音や、BGMなども取り入れることで、よりリアリティー溢れる映像となるでしょう。季節や時間、天気の変化など、日々の移ろいの感じられる映像を流すことにより、いつまでも映像を楽しんでもらえます。癒しの映像を流すフィールドは、クリニックのみに限ることなく、薬局などでもヒーリングアートが活用されています。

医療現場で導入されているヒーリングアートをさらに浸透させるためには、動画の活用が有益です。プロジェクションマッピングなどの映像を使った表現法を、口頭や文章で解説するということは、容易なことではありません。そのため、動画を活用し、アピールを行っていくことによって、より分かりやすい表現をすることができ、視聴者の理解を深め新規の患者が増えることにもつながるのです。

②動画で魅せるホスピタルアートの世界

別のクリニックでは、廊下に数百点もの絵画を所蔵するクリニックが存在します。まるで美術館と錯覚してしまうようなそのクリニックは、患者が飽きてしまわないよう、定期的に作品の入れ替えも行っています。廊下に展示される多くの絵画を見て癒されたり、ある患者は、強く心を動かされたことで、治療に専念する勇気をもらったと話します。アートを通じて、医療環境をより良いスペースへと進化させるホスピタルアート。絵画は、患者の心に寄り添い、癒しを与える力があると言うことができます。

最近は、支援団体が生まれたり、アートを専門とする大学との連携も活発になっています。芸術系のとある大学では、実際に存在するクリニックを舞台とし、クリニックと患者、そして大学の3者参加型のプロジェクトをテーマとし、クリニックの窓ガラスをステンドグラスのように装飾を施したり、クリニックそのものを美術館のようにイメージし、患者のアート作品を展示する催しも行います。

また別の大学では、ホスピタルアートに関する歴史や具体的な実行方法などを詳しく学ぶ講義を取り入れています。目標として、患者の身体的な側面だけでなく、精神的なケアも行っていくために、医療とアートという両面から必要とされる人材の育成を目指しています。ホスピタルアートの先進国と言われるイギリスをみてみると、クリニックでの専門的なビジネスとして、アートマネジメントというものがあり、その取り組みのもとに学んだ学生たちは卒業後、アートコーディネーターという仕事に進んでいます。

医療分野にアートを導入する方法として、絵画を見たり、クラシック音楽を聴いたりすることや、患者自らがアートを制作することなどが挙げられますが、どれも患者の癒しへと繋がることが明らかになっています。医学の進歩により、ヒーリングアートやホスピタルアートを取り入れた芸術療法は、現在幅広い病に適用されています。扱うジャンルもさまざまで、絵画やリラクゼーション音楽、陶芸や舞踏など、バリエーションに富んでいるのも特徴です。

ヒーリングアートと同様に、ホスピタルアートにおける解説も、動画を活用して説明をしていくことが最適です。説明を行う際には、日本よりも導入の進む海外の情報も引き合いに出しながら解説を行っていくことも相応しいでしょう。動画の制作は、映像制作企業の協力のもとに、魅力的な動画を作り上げることが重要です。

医療と芸術の融合は、患者の精神面だけでなく、身体的な面からもプラスの作用を起こすことが認められています。言葉だけでは表現しきれない内容も、動画を活用することで、視覚と聴覚の両面から、伝えることができます。動画の活用を検討される際には、映像制作企業への依頼を行うことが必要です。映像のプロフェッショナルであるからこそ、高品質でイメージ通りの動画を、制作してもらえます。

弊社では、医療とアートに関する動画の制作を行っております。各種プロモーション映像制作や動画配信サービス、CGデザイン制作やアニメーション制作など、世界に1つしかない弊社オリジナル動画の制作を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。医療とアートに関する動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、ご連絡ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています