製薬業界の魅力を動画でPR | 医療映像.jp

DUMMY

製薬業界の魅力を動画でPR

高齢化の進む日本では、医薬品のニーズが間違いなく高まっています。世界に目を向けてみると、今後は新興国でも医療環境の整備に伴い、ますます医薬品が求められるようになる可能性が高く、未だ有効な治療法の見つかっていない病に対する治療法の確立も、社会的課題であると言うことができます。社会的意義の大きな新薬開発や医薬品研究は、今後どのように推移していくのでしょうか。今回は、製薬業界の求める人材や求められるスキル、やりがいなど、製薬業界のプロモーションを動画で行うことの重要性について解説をしていきます。

①PR動画から知る製薬業界の求める人材

研究職や開発職は、高い専門性を必要としますが、これらの職業では、一体どのような人材が求められているのでしょうか。まず研究職の分野においては、自分の頭で考える思考力であったり、果敢にチャレンジする実行力は必須とされており、そうした能力を持つ人材こそが研究職に求められています。これに対し、開発職では、製品を一刻も早く患者に使用して欲しいというような、人の役に立ちたいと強く願う人材が、開発職として求められています。

研究職と開発職の明確に異なる点として、研究職は実験を行うフィールドであるのに対し、開発職では実験を行うことがないという相違点が挙げられます。また、扱うデータの種類にも違いがあります。研究職の扱う主なデータには、動物実験がおおよそであるのに対し、開発職の扱う主なデータには、人間に関するものがほとんどであるという相違です。

医薬品業界に必要とされる人材について、詳しい説明を行いたいときには、動画を活用して解説を行うことが効果的です。動画を活用することによって、特にアピールしたいポイントだけに絞り、効果的に説明することができるため、口頭で伝えるよりも有用性が高いというメリットがあります。また動画であれば、何度も繰り返し見返すことができるというのも、動画特有の利点であると言えるでしょう。

医薬品業界のやりがいは、誰かを救うことができるという仕事内容であったり、新しい知見を発見することが可能であるという点、異分野の研究者とディスカッションしたりすることもできるところにあります。病に苦しむ患者を助けるということは、その患者のためには勿論のこと、社会のためにも大きく貢献することのできる職業なのです。

実際に自社で研究や開発を行っていた製品が販売され、医療関係者より感謝の言葉をもらう際には、言葉にすることの不可能なほどの喜びを味わえるとともに、自分の仕事に強いやりがいを感じると述べる研究者や開発者の方々も多くいます。

医薬品業界に必要な人材として求められる資質として、専門性に富んだ技術力や、生命関連企業としての高い倫理観や探求心、分析力や論理的思考、独創性などが挙げられます。これらの資質における内容も、動画を用いて分かりやすく伝えていくことが有効です。口頭では理解のしづらい内容であっても、映像に映し出し説明を行うことにより、求められる人物像が明確になってきます。何度も見ることのできる動画だからこそ、内容への理解も深まっていくわけです。

②MRに必須のスキルを動画で紹介

医薬品業界には、MRという営業職も存在します。このMRに求められるスキルとして、体力や行動力、高い自己管理能力や、営業としての素質も必要とされています。さらに、医療の知識や医療情報の知識を常に更新し続けることのできる能力、薬の情報提供を行いながら病院への売り込みをする際に、与えられたノルマがあればそれを消化し、売り上げを伸ばし続ける能力も必須とされています。

このような業務内容から、MRには高い営業スキルが求められます。それは、自社の医薬品を、多くの病院で販売してもらうために、そういった高い営業スキルがどうしても必要であるからです。このMRですが、医薬品に関する豊富な知識はもちろんのこと、正確な判断力や行動力も重要になってきます。その上、一人でも医師からの信用を得て、着実に売り上げに結び付けていくことのできるコミュニケーションスキルも求められます。

コミュニケーションスキルの高いMRであれば、医師の信用を得ることが可能であって、親しみを持って接してもらえる可能性があります。高いコミュニケーションスキルを持つ営業であれば、まさにこのMRという職業に向いている人材であると言えるでしょう。MRに必要なコミュニケーションスキルに関する内容も、動画を活用して丁寧に伝えることが有益です。例えば、MRになりたい人へアニメーション映像を利用して、コミュニケーションスキルの解説を行ったり、医薬品への知識を更新する方法など説明することも有益です。また、実際にそこに勤務する社員に登場してもらい、実写でコミュニケーションスキルの必要性を語ってもらうことも最適です。

この他に、MRはアポイントを取ることができた医師あったり、病院のスケジュールの関係から、廊下で長時間待機することが必要なこともあります。あるいは、面談中に緊急手術で面談途中で終了となってしまうことも、決して珍しいことではありません。そのため、待機時間にも苦痛を感じることのない、ストイックな忍耐力も必要です。

③製薬業界のPR動画で積極的なアピールを

高齢化社会の進む日本では、国全体の医療負担も年を追うごとに増加しています。将来を見越し、出来る限り今現在の段階で、医療費を抑えておくことが理想とされており、国は、医療費負担対策のための方策として、継続的な薬価の引き下げを行っています。日本経済の課題とされていることは、製薬業界にそのまま反映されることとなります。

しかし、薬価が引き下げられ、新薬の開発に成功し、認可が下りた場合であっても、研究開発費の回収が行えるというわけではありません。そのため、利益を得られない可能性も考えられ、これがジェネリック医薬品であるときに、薬価はより低く抑えられるので、利益から遠ざかってしまう結果となってしまいます。こうした事態を防ぐため、製薬会社は国外市場を視野に入れたり、今以上にデジタル機器との連携を強化する等の対策が重要であるとの見方もあります。

将来的にどのような時代が訪れたとしても、製薬会社の需要に変化はなく、それはより拡大していくものと予想されています。製薬会社に関する動画の制作を行うことによって、製薬会社内部の詳しい情報や魅力を効果的に伝えることができます。製薬会社の裏側や、動画でのみ公開する情報などを盛り込み、視聴者の関心を引く動画の制作を行うことで、さらに優秀な人材の獲得や、育成というような、プラスの効果を生むことができます。

また、実際に製薬会社に勤務する先輩社員の目線で、魅力的なPR動画を制作することも大変有効です。その企業で働く社員がコメントをしていたり、企業の説明を行うことにより、動画を見る視聴者に興味を持ってもらうことが可能であって、その企業に入社したいという意欲を高めることもできます。製薬会社のPR動画の制作は、必ず映像を専門とする制作会社へ依頼を行うようにしましょう。

弊社では、製薬業界のPR動画の制作を承っております。PR動画制作の他、医療品の3DCG作成業務、映像配信サービスや、特殊撮影業務、映像コンサルティングなど、弊社の独自技術を駆使した動画制作を、低コストでご利用いただけます。また、撮影スタジオの運営業務も行っております。製薬業界のPR動画に関する映像制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にお問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています