医薬品の治療効果を3DCGで表現 | 医療映像.jp

DUMMY

医薬品の治療効果を3DCGで表現

医薬品の治療効果を動画化したいときには、3DCG抜きに語ることができません。体の中で効果を示す医薬品の概念を、分かりやすく伝えるためには、3DCGで美しく、要点だけを出来るだけシンプルにまとめることが必要です。今回は、3DCGの解説から、医薬品メーカーの思いを3DCG動画で体現することの効果や、3DCG動画を利用して医薬品を訴求することのメリットなどに関して、詳しく見ていきます。

①3DCGとは?医薬品の効果を動画に

2DCGが縦と横のみの平面な空間での表現になりますが、3DCGは、縦と横・奥行きの3方面の立体的な空間で映像を制作し、アニメーションで動かしてみたり、光を生成し、照らすことで、陰影を制作したりする手法です。

実写映像では、本当に見せたい医薬品の効果以外の部分が映ってしまったり、実際に目には見えないものであったりと、動画として重視すべきポイントが見えにくくなってしまいますが、3DCGを活用すると、初めから重視すべきポイントとなる箇所だけをモデリングすることにより、簡素化することが可能です。それはつまり、動画の要点に合わせ、シンプルにまとめることができるようになるということになります。

簡素化するための3DCGは、要点のみを引き出し、モデリングを行うため、ハイクオリティーな映像美を、低い費用で活用することが可能なのです。実写映像では、人物や景観など、さまざまなものが映り込むため、理解しづらいコンセプトなどは、3DCGを活用することによって、動画自体を簡素化し、コンセプトに必要とされる最低ラインの中でのモデリングを行えることから、より理解しやすくなるわけです。

医薬品の治療効果を3DCGで美しく表現したいときには、動画を利用して解説を行うようにしましょう。医薬品が体内で、どういう働きをして、どのような効果があるのかということまで、動画を利用すれば、さらに理解しやすくなります。また、シンプルに、要点だけを説明することもできるので、病院のアピールを行うという意味でも、大きな効果を得ることができます。

②医薬品メーカーの情熱を3DCG動画で具現化

医学の専門家が、薬学についても専門家かというと、そうではありません。医学の専門家は、医学的課題や問題に対し、適切なアドバイスを行いますが、それに対し薬学の専門家は、薬に対する豊富な知識を持ち、それに関するアドバイスをします。医薬品の治療効果を、医師や薬剤師に分かりやすく伝えるためには、3DCGの活用が欠かせません。

3DCGは、文字だけでは上手く説明することの不可能なコンセプトを動画化することが可能であり、非常に有効な表現法であると言うことができます。コンセプトの簡素化により、ストレートに伝えることが可能であって、尺が短いとしても、重要なポイントだけをスピーディーに拡散することもできるため、大変有益な伝達方法となっています。

医薬品の治療効果を医師に表現したいときには、3DCGを活用し、表現をすることが最適です。近年最も日常的に活用されている表現法が、3DCGであるとさえ言えるでしょう。また、医療動画は、基本的にリアリティー溢れる内容を含んでいますが、そこに3DCGをプラスすることにより、具体的な分かりやすさが追加され、高品質な動画に仕上げることができます。

反対に、動画の中に過度なリアリティーを含みたくないときにも、3DCGを取り入れることで、適度なリアリティーを表現し、魅力的な動画に仕上げることが可能です。3DCGを活用した表現法は、過度のリアリティーを避けて説明を行いたい場合であったり、リアリティー溢れる内容の中に導入したりするなどの様々な活用法が考えられます。

医薬品メーカーは、医療従事者や、特に医師のために、医薬品の治療効果を分かりやすく伝えたいという思いが常に存在しています。こうした医薬品メーカーの熱い思いは、治療効果を示す3DCG動画を通して伝えることが最適です。3DCGでしか表現することの不可能な技術をフル活用し、他の医薬品メーカーの動画との差別化を図ることもできるわけです。

③治療効果の訴求に3DCG動画を導入

3DCGは学会や医療系のイベントなどでも、とにかく理解しやすいというメリットを生かし、今後さらに重要なコンテンツとなるでしょう。医薬品の企画や展示会を行う場合に、製品をイメージしやすくさせ、積極的な訴求をするために、3DCGが活用されます。3DCGを活用することによって、全く新しい製品を、コンピュータ上に映し出すことが可能です。

また、色や形を変更することも簡単にできるので、マウス操作のみで変更することも可能です。開発途中のプロセスでの変更を行いたい際には、まず依頼している映像制作会社へ相談をする必要があります。医薬品の展示会や開発展などで説明を行いたいときに、3DCGを活用し、実際にその医薬品を使用してみると、どのような効果があるのかという疑問にも、3DCGを活用すれば、表現しやすく伝わりやすくなります。

3DCGは、平面ではなく、立体的にも体現されているので、対象となる物を回転させたりすることも可能です。医薬品のケースでは、さまざまな角度から見たりすることが可能であるなど、本来であれば見逃してしまう角度からでも、対象となる物をじっくりと観察することができます。

キーボードやマウスを操作し、360度の角度から医薬品を見ることが可能であり、角度の他に、医薬品そのものの色を変更したりすることも可能です。そのため、完成品だけでなく、まだ開発途中の製品であっても、その医薬品の完成イメージを制作することもできるわけです。2DCGでは、角度ごとに制作をすることが必要とされていましたが、3DCGになると、1つ制作をするだけで、360度の多角的な角度から、医薬品の確認を行うことが可能となっています。

何より3DCGは、制作することによって、大きく費用を抑えることが可能であるというポイントも、3DCGを活用することの巨大なメリットになるでしょう。製品を3DCGで制作すると、非常にリアルな表現を行うことができます。3DCG完成イメージや、その色合いまで事前にしっかりと確認することが可能であるという点において、医薬品の効果が明確に伝わり、その薬の効果が出るまでのイメージがわくようになります。3DCGが大変重要な役割を果たすことがよくお分かりいただけるのではないでしょうか。

医薬品に関する学会や、医療系のイベントで、3DCGを活用し、治療効果の訴求をすることができれば、それがスムーズな商談などに繋がるきっかけとなるでしょう。そうした目的へと結び付けるためにも、3DCG動画を利用して、効果的にプロモーションを行うことが必須であります。その際の映像制作は、映像のプロである映像制作会社へ依頼をすることが一番です。

弊社では、医薬品に関する動画制作を承っております。3DCG動画制作のほか、2DCG動画の制作やアニメーション動画の制作、PR動画制作や映像配信サービスなど、弊社独自技術を駆使した動画制作を、低コストでご利用いただけます。医薬品に関する動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています