正しい血圧の測り方を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

正しい血圧の測り方を動画で

近年、世界の約7割が、生活習慣病をきっかけとする病気で死亡しており、その中心となる病が、高血圧症となっています。日本において、高血圧症の患者は4300万人いると推定されていて、その中でも血圧をコントロールしている患者は僅か1200万人、自らが高血圧であるのかどうか把握していない患者は、1400万人存在します。この他、高血圧症であるということを知っていながら治療をしていない患者は450万人で、治療をしていても降圧目標に達しない患者は1250万人存在します。病院で測定する血圧と、家庭血圧は全くの別物であるという思考から、家庭で測定する血圧の重要性が認められてきました。病院では発見することの出来ない仮面高血圧を、家庭血圧で発見できることもあります。今回は、家庭での血圧の正しい測定方法を、動画で解説することの効果について、説明をしていきます。

①家庭での血圧測定に映像を効果的に活用

現在の調査では、高血圧の患者は30代から増加しているという事実が判明しています。この背景として、40代から50代の患者と比較し、病院に足を運ぶ割合が低いということが挙げられます。また、脳出血に結び付く重症高血圧においては減少傾向にあるものの、軽症高血圧は増加傾向にあり、長い時を経て動脈硬化を引き起こし、その結果として心筋梗塞や脳梗塞になってしまう患者が増えているのも事実です。

高血圧を放置すると、ラクナ梗塞と呼ばれる血液の塊が脳内に増え、最終的には認知症になるとされています。特に、働き盛りで忙しい日々を送る30代に限っては、病院に行くような時間を取ることも困難であるようなケースが多くあります。多忙な生活の中でも血圧を測りたいという際には、家庭血圧測定を利用すると便利です。家庭での血圧を測ることを習慣化させることによって、生活習慣の改善を心掛けることができたり、定期通院を徹底したりすることが可能となり、自身の健康にとってプラスの作用へと繋がるわけです。

家庭で血圧を測定することのメリットとして、同様の条件下のもと、安定的な身体状況を保ちながら測ることができるという点や、詳しい血圧情報を調べることが可能であるという点が挙げられます。また、病院では特定しにくい仮面高血圧や白衣高血圧を診断するための情報源や、患者が服薬中であれば、薬の効果や持続時間に関する参考情報となるため、今後の治療方針を定める指針にもなります。

比較的若い年代でも家庭での血圧測定が重要であることや病院や健康診断では特定しにくい高血圧があるという事を動画で紹介していくことも非常に有益です。

血圧の測り方として、まず椅子に座ったり、あるいは正座をしたり等、普段座っている姿勢のまま1分から2分保った後に、尿意や便意のないことを確認し、上腕に腕帯を巻いていきます。測定中に動いてしまうと、それだけで血圧は上昇しますので、必ず楽な姿勢をとり、深呼吸するなどして安静な状態を保ってから測るようにしましょう。血圧を測る腕の高さは、心臓の高さになるよう、調整をします。

最近の血圧計は進化を遂げており、液晶画面やランプで正確に測ることのできる手首の位置を報告してくれて、正しい位置になると液晶画面上のランプで教えてくれたりするタイプの血圧計も販売されています。この他、腕帯がしっかりと巻けているかどうかを液晶画面で報告してくれるシステムなども導入されているものが多く、家庭での測定に抵抗のある患者であっても、容易に測定可能な仕組みが確立されています。また、血圧計の中には、静かな状況であっても測定することのできるシステムを内蔵しているものもありますので、出先でも周りを気にせず、使用することが可能となっています。

一般的には腕帯の巻き方は、上腕式の血圧計であれば、腕に隙間のないようきちんと巻きます。エアチューブは手のひら側にし、エアチューブが腕の中心あたりになるよう位置を定めます。腕帯は、ひじ内側の窪みから1~2cm上に巻いていきます。手首式の場合では、左右どちらの手首でも構いませんが、測定時は常に同じ手首で測るようにしましょう。腕帯は手首に隙間のないように巻き、手首の骨にかかることのないようにし、手のひらと手首の境目より1~1.5cm離した状態で巻いていきます。

血圧の正しい測定方法や測定する際の姿勢に関する解説は、動画を利用して説明を行うことが最適です。患者に直接、測定の仕方を教え、その場では理解できていても、家庭に戻ると忘れてしまう患者もいるため、あまり効果的な解説法ではないかもしれません。では、どうすれば良いのか?と考えるときに、動画の活用が最も有益です。動画を利用すれば、重要なポイントに絞って訴求することが可能であり、血圧測定の方法を、より視覚化して伝えることもで、忘れたときに家庭で動画を見ながら測定方法を振り返ることができるのです。

②血圧測定の説明に動画の力は欠かせない

医師が推奨する測定方法は、基本的には上腕式になりますが、手首式で測る方法も取り入れられています。手首式は、血圧を測るときに上腕式のように着脱する必要がなく、容易に測定可能なため、利便性に優れています。それだけでなく、コンパクトなサイズなのでカバンの中に入れて持ち歩いたりすることも可能で、出先での血圧測定も楽に行うこともできます。

血圧を測定する時間として、朝の起床後1時間以内や、食前、排尿後などが挙げられます。または、就寝前に測ることも有効です。起床後の血圧測定は、特に重要になります。患者によっては、夜間から早朝にかけ、血圧の上昇が見られる場合があり、そうした患者は脳血管障害や心臓病を起こしやすいとされています。就寝中の血圧は、起床後の血圧値に出やすいため、起床後の血圧測定はとても大切な習慣になります。反対に、血圧を測定するのに相応しくない時刻としては、食後や入浴後などが挙げられます。これらの時刻は、血圧の変動が大きいため、血圧を測る時刻として適していないと言えるでしょう。いつ血圧が高くなるのか自分で把握しておくことも大切であると動画内で説明することも重要です。

家庭で測定可能な血圧計は、薬局や家電量販店などで購入することが可能です。また、インターネットで商品の検索をし、購入することもできます。血圧の測定は、出来る限り長い期間をかけて継続的に行うようにし、日々の測定値の記録は、全て残すようにしましょう。測定値を記録しておくと、医師の診断材料となります。この他、患者の健康管理の規準ともなり得るわけです。

血圧計や測定方法の紹介には、動画を活用すると伝わりやすくなります。動画を活用すれば、患者が内容を忘れてしまっても、繰り返し何度も見てもらうことができます。動画制作を望む際には、映像制作会社に依頼をするようにしましょう。個人制作の動画は、必要以上のコストが発生してしまったり、予想以上の時間を要してしまう可能性が高いですが、映像制作会社に依頼をすれば、個人制作で発生する無駄なコストや時間の問題を解消することができます。血圧計使用者に分かりやすい映像と、映像制作会社の保有する高い技術力に、きっと満足されることでしょう。

弊社では、血圧の測り方に関する動画の制作を行っております。血圧の測り方を分かりやすくご紹介するPR動画の制作や映像配信サービス、動画コンサルティングやマーケティングなど、弊社ならではの技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。この他、レンタルスタジオの運営業務なども行っております。動画制作や撮影スタジオに関するご依頼やご相談は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています