熱中症予防をデジタルサイネージ動画で | 医療映像.jp

DUMMY

熱中症予防をデジタルサイネージ動画で

熱中症にかかる危険性は、どのような人にも潜んでいます。初夏であったり梅雨明け、あるいは夏休み明けなどの身体が暑さに慣れていない場合の気温の急上昇や生活スタイルの急な変化は、特に危険であるとされています。熱中症への対策として、正しい具体策を知り、常日頃より気を付けながら生活をすることにより、予防することができます。今回は、熱中症対策に必要なポイントや暑熱順化、冷房の重要性に関する動画を制作し、デジタルサイネージで表現をすることのメリットについて、解説をしていきます。

① 動画が導く熱中症への意識改革と暑熱順化の方法

身体を暑さに慣れさせるため、本格的に暑くなる前に、無理のない範囲で運動をすることが大切です。運動をすることによって汗をかくことができて、筋肉量もアップします。具体的な運動として、ウォーキングやジョギング、筋トレやストレッチなどが挙げられます。ウォーキングやジョギングは、帰宅時にひと駅分歩いたり、出来る限り階段を使用するなど、意識的に汗をかくことが効果的です。ウォーキングを行う時間は1回30分程度とし、ジョギングの際には、1回15分程とし、週5日行うことが有効です。このような暑熱順化という行動を意識させるのにも動画は適しています。

筋トレやストレッチは、適度に汗をかくことができて、自宅にいながら実践可能なところも便利な運動法となっています。筋トレやストレッチの時間は、1回30分程度とし、週5日から毎日行うようにします。この他、サイクリングなども、外出の際に良い運動となります。サイクリングの時間は、1回30分程度とし、週3回取り入れるようにしましょう。運動がそれほど頻繁にできなくとも、湯船にしっかりと浸かる入浴も効果があります。その際には、シャワーだけではなく、湯船に浸かることが重要です。お湯の温度が低いときには、半身浴をすることも効果的です。暑熱順化を意識した入浴頻度は、2日に1回で十分でしょう。

汗をかくことで、身体を暑さに慣れさせることが重要であり、暑熱順化は、数日から2週間かかるでしょう。3食きちんと食事を摂ったり、睡眠時間を確保することも必要ですし、規則正しい食事をすることは、健康的な身体を作ることへと直結します。そして快適な睡眠のために、通気性に優れた寝具を取り入れたり、冷房を使用することによって、就寝中の熱中症を防止することができます。また、睡眠時間を確保することは、自己の睡眠環境を向上させることにも繋がります。暑熱順化をすることで、熱中症に負けることのない丈夫な身体を作ることができるのです。

暑熱順化を知り、熱中症対策を始めるきっかけとなる動画を制作し、病院や薬局などの待合室にデジタルサイネージで流すことによって、熱中症にならないよう、患者に強く意識させることができます。デジタルサイネージは、データの入れ替えのみで容易に更新することが可能です。そのため、遠隔地からリアルタイムに更新したり、複数のデジタルサイネージへの一斉更新もできるようになっています。デジタルサイネージには、LEDパネルや高輝度液晶パネルを導入しており、テロップやスライドショー、アニメーションなど、幅広いコンテンツに対応しているため、誰もが目を引く注目度の高い情報を流すことが可能とされています。

表示できるコンテンツは、24時間いつでも管理することができる仕組みになっているので、全く違うコンテンツを表示したり、お昼時や夕暮れ時など、タイムリーにスケジュールを管理して、配信を行うことが可能です。スケジュールされているコンテンツは全て自動的に切り替わるので、更新のための手間もかかりません。時間やシチュエーション毎に合わせたコンテンツを流すことによって、その空間にマッチする情報配信を実現することができます。効果的に動画を取り入れ、効率的にデジタルサイネージを活用をするためには、動画制作企業への制作依頼を行うことが必要です。

② 高齢者の死亡事故をデジタルサイネージ動画で防止

毎年、高齢者が冷房を使用せず、閉め切った室内で眠ることにより、死亡してしまうという事故が発生します。冷房を苦手とする高齢者は、暑さを凌ぐために扇風機を使用する割合が高いですが、湿度の高い室内で扇風機を使うと、室内の空気をそのまま長時間受けることとなり、要因とし、熱中症にかかってしまうこともあるのです。こうした事故を防ぐために、動画を通して冷房を使用するということは、とても大切なことであると説明することも有益です。日頃より、温度と湿度の管理をし、湿度の高い日には冷房を使用するようにすることが重要です。また、本格的な熱中症シーズンに入る前に一度試運転を行い、冷房が故障していないかどうか、しっかりと動作するかどうかの確認を促す動画を作成することで熱中症シーズンを事前に意識してもらうことができます。。

熱中症対策の温度と湿度の管理方法として、まず温湿度計を使い、常に湿度のチェックを行うようにし、設定温度が28℃であっても、暑さを感じる際には、注意が必要です。湿度が約70%の場合は、熱中症警戒レベルであって、71%になると厳重警戒レベルに達します。また、温度だけを意識せず、冷房を効率的に使用することで湿度を約50%から60%に保つようにします。就寝時、朝まで冷房を使用したい場合には、設定温度は28℃以上とし、除湿運転で湿度を約50%から60%に下げるようにしましょう。

湿度を下げることで、体温を下げ過ぎることなく体感温度のみ下がり、入眠直後の汗を飛ばすことによって、快眠しやすい環境にすることができます。冷房を朝まで使用したくない場合には、タイマーを上手く使うようにしましょう。就寝後は汗の量が増加しますが、タイマー運転で室内を冷やせば、湿度も適度に保つことが出来、汗を飛ばすことができるわけです。そのため、就寝後に快眠しやすくなります。このとき、タイマーを3時間設定にすることで、就寝後の睡眠が温度変化に妨げられることなく、安定的な睡眠へと繋げられるでしょう。

冷房の適切な使用方法におけるアピールにも、デジタルサイネージで流す動画を制作することが重要です。病院の待合室や薬局で、正しい冷房の使い方を分かりやすく伝えることができれば、高齢者の室内での死亡事故を防ぐことも可能なのです。デジタルサイネージは、案内板としての使用もできるようになっています。病院の案内等で動画をデジタルサイネージで流すことは、既に多くの病院が導入していることからも、その需要は今後も拡大を続けることでしょう。

テロップやスライドショー、アニメーションを活用し、映像をデジタルサイネージに融合させることによって、患者に熱中症予防への意識をさせ、改めて意識変化を促すことができ、尚且つ一瞬で患者の目を引く効果的な映像を生み出すことができます。デジタルサイネージで流す動画の制作を依頼したいときには、必ず動画制作企業に依頼を行うようにしましょう。デジタルサイネージで流す動画は、病院や薬局の待合室のような、多くの人が目にする場所に設置されるため、迷わず動画のプロに依頼をすることが、最適であると言えるわけです。

弊社では、熱中症予防に関するデジタルサイネージ動画のご依頼を承っております。さまざまなデジタルサイネージ動画に対応したプロモーション動画制作や番組制作、映像配信サービスや動画マーケティングなど、他にはない弊社オリジナル技術を幅広く、そして低価格でご利用いただけます。デジタルサイネージ動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています