動画で伝わる「予防歯科」の重要性 | 医療映像.jp

DUMMY

動画で伝わる「予防歯科」の重要性

健康に日々の食事を美味しく味わうためには、平均して20本の歯が必要であるという調査結果が存在します。20本の歯を残すことができるかどうかで、将来のQOL(生活の質)に大きな差が出てきます。歯を失ってしまう理由は老化現象のみに留まらないこともあり、予防歯科の需要は益々高まっています。予防歯科とは、虫歯になってから治療をすることではなく、虫歯になる前の予防を大切にすることをいいます。口腔内の健康を守るためには、歯科医院での「プロケア」と、歯科医師や歯科衛生士の指導に基づく毎日の「セルフケア」の両側面から、予防歯科を専門とする歯科医院での定期的な健診を行うことが大切です。また、自分に合う適切な方法で、日々歯のお手入れをすることも必要です。今回は、予防歯科の重要性を動画で分かりやすく伝えることのメリットや、ポイントに合わせた歯ブラシのセルフケアアイテムを動画で紹介する利点などに関して、詳しくお話をしていきます。

①動画で予防歯科を最大限にアプローチ

欧米国では、既に歯科医院での定期健診を受けることが当たり前となっており、予防歯科においては日本よりも進んでいるため、その認知度も高いと言うことができます。健康的な老後の生活を送るためには、口腔内への意識を高めていくことは必須であります。予防歯科への意識をもっと患者に持たせるためには、伝えた内容を何度も自身で確認できるよう、目で見て把握してもらう必要があります。このようなときに、動画の力が抜群の効果を発揮します。動画で伝えることによって、自身で繰り返し見返すことも可能なので、効率的且つ効果的に拡散させることができるというメリットがあるのです。

自宅で歯のセルフケアをしっかりと行っているつもりでも、必ずどこかに磨き残しがあったりするものです。こうした問題を解決するためには、適切な対処法を知り、実践をすることが大切です。セルフケアを行うことのできるアイテムには、フッ素を口内に残すハミガキ方法や、歯垢を落とすデンタルフロス、歯間ブラシや虫歯予防薬などがあります。この他、細菌を予防するデンタルリンスなども有効です。このように歯ブラシ以外の様々なアイテムを動画で紹介していきます。

また、自分に合う歯ブラシを選ぶことも重要です。自分の歯にフィットするサイズの歯ブラシを探す際には、まずヘッドのサイズから見ていきましょう。ヘッドは大きめのサイズよりも、小さめのものを選ぶようにします。それは何故かというと、小さめのヘッドであれば、歯の細部や歯の間をきちんと磨くことができるからです。このヘッドが大きいと、歯の間や奥歯まで磨ききれず、その結果として磨き残しが増加してしまうので、そうなると歯のトラブルも自然と増えていってしまいます。そのため、ヘッドのサイズは小さめのものを選ぶようにしましょう。歯科医院ではハミガキや歯ブラシの相談を受け付けてくれます。

次に、歯ブラシの毛の硬さもポイントになります。歯ブラシの毛の硬さは、大まかに分けると普通のタイプと硬いタイプ、柔らかいタイプの3つに分類されますが、その中でもお勧めの歯ブラシは、普通のものか、柔らかいものとなります。その理由として、普通タイプの歯ブラシが、汚れの落ちにくい場合に使い勝手が良く、柔らかい歯ブラシが歯茎の弱い場合に有効である為です。硬い歯ブラシは、歯垢を綺麗に落とすことが可能な一方で、歯そのものと歯茎に負担がかかりますので、歯垢を綺麗に落としたいケースでのみ使用すると良いでしょう。歯や歯茎は一旦すり減ってしまうと、元に戻る可能性も低いので、硬い歯ブラシを使用するときには、注意が必要です。

この他、毛先の形状と太さに関しても、サイズを選ぶ際にチェックすべきポイントとなります。毛先の種類には、実に多くのものが存在しますが、その中から自分が最も磨きやすいと感じるものを見つけるようにします。毛先の種類はそれぞれ特徴がありますが、まず毛先が平らな歯ブラシでは、均等に歯ブラシが当たることから、歯垢を落としやすく、毛先が山切りカットの歯ブラシは、歯の間の汚れを落としやすいという特徴があります。

では、歯ブラシの毛の太さはどうでしょうか。毛の太さが細い歯ブラシでは、歯周ポケットまで磨きやすいですが、コシがなければ歯茎を傷つけやすくなり、毛の太い歯ブラシは、歯垢を綺麗に落とすことが可能です。歯ブラシの形状と太さにおけるこれらの特徴をしっかりと把握しておくことにより、新しい歯ブラシ選びも容易になります。

自分に合う歯ブラシを選ぶときには、そのブランドや商品によって柄の形もさまざまだということも、知っておく必要があります。近年は、誰にでも持ちやすいよう、突起物があったりカーブのあるものまで存在しますが、持ちにくい歯ブラシや磨きにくい形のものを除いて、基本的には自身が気に入った歯ブラシを選ぶようにしましょう。かかりつけの歯科医に歯ブラシの相談をしてみるのも効果的です。

歯ブラシの交換時期は、1カ月に1度程度が交換の目安となります。毛先が開いてしまった際にも、交換をするようにします。毛先の開いた状態のまま歯磨きを行ってしまうと、磨き残しの原因となったり、歯や歯茎を傷つける可能性もあります。毎日使用する歯ブラシは、どれほど綺麗に洗ってみても、歯ブラシに菌が付着していくことまでは回避不可能です。そのため、1カ月に1度程で交換をするように心掛けることが大切です。

② 動画を活用すれば定期健診の集患に寄与

予防歯科のポイントに合わせたセルフケアアイテムの紹介や、磨き残しに対する適切な対処法などの解説を行うときには、動画を活用することで大変分かりやすく伝えることができるという利点があります。予防歯科における動画の中では、セルフケアアイテムの紹介のみに限ることなく、適切な歯ブラシのサイズ指導や、交換時期の説明などを行うことも非常に有益です。適切な歯ブラシのサイズ指導やハミガキ指導には、歯科医師や歯科衛生士に解説をしてもらうと、実践もしやすく、より効果的です。

「予防歯科」という言葉を今以上に広く浸透させていくためには、動画で効果的にアピールを行うことが最適です。病院の待合室で予防歯科に関する動画を流したり、自治体からの歯科検診のお知らせ等も、動画を活用して伝えることが相応しいでしょう。また急患に対しても、治療後の待合室で動画を流すことによって、「予防歯科」の情報を伝えることができます。待合室で動画を見る患者が「予防歯科の」重要性を知ることができれば、急患としてではなく、歯のメンテナンスをする定期健診患者として来院し、集患につながります。

動画で予防歯科の重要性についてPRを行うことにより、歯科医院には虫歯の治療のみが存在すると考える患者たちに対し、歯科医院が日々予防歯科への治療も積極的に取り組んでいるということの証明にもなります。予防歯科の動画制作は、プロである映像制作企業に依頼をしましょう。仮に個人で動画を制作する場合、動画に掛かる費用や手間を考えるとデメリットが多くなります。その点、映像制作を専門とする企業に依頼をすれば、低コストで全てを任せることが可能です。

弊社では、予防歯科に関する動画の制作を承っております。予防歯科におけるプロモーション動画の制作、映像配信サービスや動画コンサルディングなど、唯一無二の弊社オリジナル技術を、リーズナブルな価格でご利用いただけます。またこの他、レンタルスタジオの貸出も行っております。
予防歯科に関する動画制作のご依頼は、弊社までぜひお気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています