人気上昇バーチャル病院見学動画 | 医療映像.jp

DUMMY

人気上昇バーチャル病院見学動画

入院施設があるような大・中規模の総合病院を利用する場合、一般の人は頻繁に利用するような場所ではいかもしれません。救急外来や健康診断などの利用以外、その病院についてよく知らないという一般の人も多く存在します。病院には特色があり、病床数あたりの看護師数が多く、安心できる入院環境を提供する病院や、リハビリテーション施設の充実している病院、在宅医療の専門スタッフが在籍するなど、力を入れる分野もさまざまです。患者向けに院内の様子を紹介するには、現在人気上昇中の「バーチャル病院見学動画」を利用すると効果的です。バーチャル病院見学動画では、院内は日当たりが良く、爽やかで前向きに過ごせる場所であることの説明や病院の特徴などを、ユーザー目線の動画で紹介することが必要です。今回は、バーチャル病院見学動画を導入することの効果に関して、丁寧に解説をしていきます。

①エントランスからの動線を映像でナチュラルに表現

バーチャル病院見学を動画にする際には、まずその病院の外観の撮影からスタートさせると、病院の入り口までスムーズに進めることができます。また、外観撮影の映像に、病院の簡単な情報を加えることも効果的です。具体的な例を挙げると、設立年月日や病床数、一日の平均外来患者数や年間の手術件数などの表示が適切です。院内映像においては、受付や廊下、各診療科の映像まで映し出すと、患者にとってその病院のイメージを、さらに理解しやすくなるでしょう。また、リハビリ施設などの設備の充実度も収めると、親切でしょう。

診療科目の多い病院では、病院の入り口から受付、目的とする診療科までの動線を、まるで実際に歩いて移動しているかのように自然に撮影し、分かりやすく紹介をすることが大切です。採血や採尿などを行う検査室や、レントゲン室なども同様に撮影し、利用者の目線になって説明を行うことも最適です。入院患者のため、一日の流れを動画にして解説をすることも有効です。一日の流れの中には、問診の時間や食事の時間、入浴の時間などが含まれますが、意外とこの流れを把握出来ていない患者は多いので、動画で説明を行うことで理解しやすく伝えることができます。

映像効果には、まず記憶に残りやすいことが挙げられます。映像を通して表現可能なことと、静止画で表現可能なことは、5000倍もの差があるとされています。映像の場合に、目から入る情報だけでなく、耳からも情報を得ることができます。このことにより、イメージする物や事柄を確実なものにすることが出来、さらに記憶に残りやすくなるのです。

バーチャル病院見学動画の中では、その病院に勤務する医師のインタビュー映像なども収録できるとさらに有益です。医師は患者の診察や手術を担当する、まさに患者にとって必要不可欠な存在であり、大変重要な存在です。また、術後のリハビリ等の施設や療法士とのコミュニケーションの仕方など、医師や職員のインタビュー映像を動画に収録することができれば、その病院のポジティブな内容を存分に伝えることも出来、患者もその病院の特徴を詳しく知る契機となるため、双方にとって大きな利益を生む結果となります。

この他、病院の売店や談話室などの空間も、バーチャル病院見学動画には必要とされています。病院の施設や勤務する職員のインタビューを動画で解説するには、テロップとナレーションを巧みに使い分けることが必要です。テロップを取り入れるメリットとして、音声の無い状況であっても、動画の内容を容易に理解できるという点にあります。耳が不自由である場合でもテロップの活用で病院内の様子が分かりやすく伝えることに寄与します。

ナレーションを取り入れる利点には、特に必要な情報を説明する際に、高い有効性を望めるという点にあります。テロップとナレーションを上手く使い分けることを心掛けると、ポイントに絞ってインパクトのある動画を作り上げられ、病院にとっても患者にとってもプラスの効果を生み、より多くの情報を提供することも可能となります。

②動画の特性を捉え効果的な訴求を

動画の制作依頼を検討するときに、どのくらいの長さの動画が適切であるのか?ということも、考える必要があるでしょう。動画解析企業の調査結果によると、30秒以内の動画であれば、全体の80%見てもらえ、1分以内の動画では70%、5分以内の動画では60%見てもらえるということを公表しています。これは要するに、30秒以内の動画の場合、全体の約80%までしっかりと見てもらうことが出来、メリットも見込めるということを示しているのです。

またこの調査結果では、10分以上の動画であれば、スタート直後より見てもらえる割合が低下するとあり、動画の長さは最低でも10分以内にまとめることが必然でしょう。では、動画の長さは短ければ短いほどに良いということなのでしょうか。動画の適切な長さにおいては、約3分が適切であるとの見方もありますが、約3分の動画を自主制作しようと試みるとしても、結果として失敗してしまうというケースは非常に多くあります。

調査結果では、約3分でも約4分でも、あるいは約5分の動画であっても、きちんと見てもらえるかどうかということについてはあまり差が見られないという結果となっています。この他、動画をスキップされずに見てもらうため、スタート直後の5秒から30秒で視聴者の興味を掻き立て、その後も最後まで見てもらえる動画を制作することが大切でしょう。大手動画共有サイトの調査では、動画がスキップされるか否かは、スタート直後の5秒間にかかっているとの結果も示されています。
また、1本の長い動画ではなく各診療科までの順路や入院の流れなど動画をチャプターごとに分けて制作することもユーザーが必要な部分だけ見ることができ有益と言えます。

バーチャル病院見学動画を制作する事よって、まだ頻繁に利用したことのない病院のことを、細部まで知ることができます。それだけでなく、その病院ごとの特徴にも気付くことが可能で、どの分野に力を入れているのかということや、院内設備の詳しい説明まで行うことができます。バーチャル病院見学動画で、病院について分かりやすく伝えることができれば、新たな患者の獲得や、患者数の増加も期待できます。また、動画は拡散力にも優れているため、病院の信頼構築や知名度の向上といった側面からも、強くアピールすることが可能です。

バーチャル病院見学動画の制作を依頼するには、映像制作会社への依頼が必須でしょう。多くの患者に見てもらうための動画であるからこそ、映像制作のプロフェッショナルに依頼をする必要があります。動画制作にかかるコストは、自主制作を行う場合と比較をしても、確実に低い金額で仕上げてもらうことができます。映像制作会社に依頼をすれば、自主制作にかかる時間のロスも発生することがありません。

弊社では、バーチャル病院見学に関する動画制作のご依頼を承っております。バーチャル病院見学のPR動画制作や映像配信サービス、放送番組制作や動画マーケティングなど、高品質で美しい弊社独自の映像技術を、低コストでご利用いただけます。また、レンタルスタジオの運営業務も致しております。動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にお問い合わせください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています