近年注目の「ユニットケア」を動画で | 医療映像.jp

DUMMY

近年注目の「ユニットケア」を動画で

ユニットケアとは、介護施設の中で、介護スタッフや他の入居者と共に生活を送りながら、個々の生活リズムや個性を尊重した暮らしを送ることのできるよう、支援を行う介護手法のことをいいます。入居者を1つのユニットごとに分け、10人以下の少人数で生活をしていきます。1つのコミュニティーのようにスタッフも固定されるので、まるで自宅にいるかのような環境下で、ケアを行うことができます。このユニットケアは、2001年より開始された介護形式です。2002年より、正式に制度化されたことにより、ユニットケアを取り入れる施設は増加傾向にあります。今回は、ニーズの高いユニットケアを、動画で説明することに関して、詳しくお話をしていきます。

①映像が伝えるユニットケア3つのファクター

ユニットケアは、特別養護老人ホームだけに限ることなく、介護付き有料老人ホームや老人保健施設等にも導入されています。そのため、今では決して珍しい介護方法ではなくなっています。従来型の多床室であれば、2人~4人が1つの共同部屋で生活を送り、色々なケアを受けながら過ごしていきますが、この暮らし方では入居者のプライバシーや個々の時間を確保することができず、入居者のストレスにも繋がりやすかったのではないでしょうか。現在注目されているユニットケアを利用することで、入居者のプライバシーも十分に確保することが出来、安心・安全に暮らすことが実現可能となります。

実際にユニットケアを実行するには、環境と暮らしのサポートの両面が必要となります。介護職員として、さらに知識を吸収したいときには、環境・暮らしのサポート・仕組みづくりの3点をユニットケアのファクターとして、考える必要があります。それはつまりどういうことであるのか、順番にみていきます。
◇1.環境
ユニットケアを行う介護施設は、入居者が安心して暮らしていける住まいを意味しており、地域の集いの場でもあります。環境の持つ介護の力を利用することは、潤いある生活を送るためにも重要です。また、普通の暮らしをどのくらい多く施設内に導入することができるのかということも重視しなければなりません。建物に理念や理論があるように、それらをきちんと理解していくことにより、家族や他の入居者や、スタッフなどとの関係を着実に積み上げていくことができます。
◇2.暮らしのサポート
入居者主体のケアを第一に考え、それぞれの暮らしに沿って実行することが暮らしサポートの基本です。入居者各々の起床時間に合わせ、朝食を用意したり、入居者が起床から就寝までの全体的なケアを行います。早番はこのルーティーンで、遅番はこの方法でというような、職員都合で業務を進めることが正しいとは言えないでしょう。入居者がどういった暮らし方を希望していて、その暮らしをよく理解しながらサポートをしていくことが求められます。
◇3.仕組みづくり
情報の共有やミーティング、研修の方法やシフトの工夫など、チームとしてのマネジメントや経営論も必要となる仕組みづくりでは、介護職員全員の力を存分に発揮できることが要求されます。いわゆる組織力ということですが、そうした運営に関する仕組みづくりが、今後特に重視されるポイントとなるでしょう。介護をされていても普通の生活を続けるという理念のもと、環境や暮らしのサポート、仕組みづくりに注力することが、ユニットケアを遂行するための要素となっているのです。

ユニットケアの解説や、3つのファクター・従来の多床室との違いに関しても、動画を活用して伝えることが効果的です。介護施設の構造であったり、共有スペースの有無における説明にも、動画を活用することが有益です。また最近では、アニメに関心のあるお年寄りも多いことから、アニメーションを取り入れた動画なども、需要が高い可能性があるでしょう。アニメーション動画は、実写とはまた異なる描写ができるため、シチュエーション次第では、実写よりもさらに親しみを持って見てもらうことも可能です

②入居者や介護職員のメリット・デメリットを動画で説く

ユニットケアは、入居者ごとに個室があるので、ユニットごとに共有スペースやリビングがあります。部屋の配置も特徴的で、リラックスをしながらプライバシーを十分に保つことができるようになっています。着脱やおむつの交換等、他人の視線を気にすることなく、スムーズに終えられるのもメリットです。リビングに設けられた共有スペースでは、他の入居者と交流を持つこともできます。ユニットケアは、入居者のライフスタイルに配慮した個別ケアを実現し、入居者の暮らしを支えています。昼間の過ごし方や食事の時間等、一人ひとりの生活リズムに合わせて、丁寧なケアを行っていることを映像を介することによって分かりやすく周知することができます。

ユニットケアを利用する入居者のメリットは、以下の7つです。
◇1.個室のためプライバシーを確保することが可能
◇2.個々の暮らしを尊重しながら生活ができる
◇3.共有スペースもあるので、スタッフや別の入居者と交流が可能
◇4.個々のシチュエーションに合わせたケアを受けることができる
◇5.専任スタッフのため入居者との距離も縮まり、自宅にいるかのような環境を感じられる
◇6.個室のため、家族も気軽に訪問することができる
◇7.感染症を発症してしまっても個々に対応が可能
入居者がユニットケアを利用することには、メリットだけでなくデメリットも存在します。豊富な設備のために、光熱費や居住費の負担が大きいということや、ユニット内でトラブルが起こった際には、ケース次第では住み替えが必要となるケースもあります。また一人の時間が苦手であれば、孤独を感じる可能性も高くなります。このようなユニットケアのメリットやデメリットに関し、動画を通して説明をすることによって、ユニットケアの利用を検討している全ての人に、何よりも分かりやすく伝えることができるわけです。

では次に、介護職員がユニットケアに勤務することに関しては、どうでしょうか。まずは以下のメリットから見ていきます。
◇1.入居者を広く確認しやすい
◇2.入居者と近い距離で接することができる
◇3.個々に相応しいケアを施すことができる
介護職員としてユニットケアで働くことのデメリットには、トイレの付き添いが重なったり、食事時間のリズムの違いから、多くの業務を同時に行わなければならないことなどが挙げられます。入居者と身近な距離の中、献身的な支援を望む方には、ユニットケアはまさに天職であると言うことができるでしょう。介護職員がユニットケアに勤務することのメリットやデメリットについても、動画を利用して発信をしていくことが必要です。職員募集に関する採用動画にも、ユニットケアを導入していることを積極的にアピールしましょう。

ユニットケアに関する内容を、最も分かりやすく伝えるためには、動画を活用して説明をすることが最適です。映像の制作には、映像制作会社に依頼を行うことが必要です。映像制作会社であれば、自主制作では生み出すことの出来ない映像美やカメラワークを実現することが可能なだけでなく、さまざまな要望にも対応してくれるため、まさに理想とする動画を、ショートスパンで仕上げてくれるでしょう。

弊社では、ユニットケアに関する動画制作のご依頼を承っております。この他にも、プロモーション動画制作や映像配信サービス、動画コンサルティングやドローン撮影業務等も行っております。また、レンタルスタジオの運営事業も致しております。ローコストで実現可能な弊社独自の映像技術を、是非ご利用なさってみては如何でしょうか。ユニットケアに関する動画制作のご依頼は、ぜひ弊社まで、お気軽にご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています