楽しく歩けるように巻き爪治療を動画で分かりやすく | 医療映像.jp

DUMMY

楽しく歩けるように巻き爪治療を動画で分かりやすく

女性がなりやすいイメージのある巻き爪ですが、男性でも巻き爪に悩む患者は多くいます。巻き爪になってしまったときに、一体何科を受診すれば良いのかと疑問に思うこともあるかもしれません。実際には、皮膚科や整形外科、形成外科が診察の対応をしてくれて、中には巻き爪専門のクリニックまで存在します。巻き爪を放置すると、知らぬ間に感染を引き起こし、それが炎症状態に達すると、歩くことも辛くなってしまう可能性があります。今回は、巻き爪治療に関する情報や、その治療費や治療期間、再発しないための方法などを動画で伝えることに関して、詳しく説明を行っていきます。

①動画で解説する巻き爪の治療法

巻き爪の治療には、保存療法と手術療法が施されますが、この保存療法には、軽症患者のケースに用いる療法として、爪の形を平骨にする矯正を行うクリップ法と、爪をもとの状態に戻すためにワイヤーを用いて矯正する爪矯正とがあり、これらは主に、弾性ワイヤー法や、VHO式矯正法が施されることが多くあります。この弾性ワイヤー法とは、装着が容易で痛みもないので、装着したその日より効果が期待できますが、爪が伸びていなければ、装着は不可能であると言うことができます。その理由として、曲がった爪の2箇所に穴を開けることにより、装着をしますので、爪が伸びている必要があるためです。この弾性ワイヤー法には、特殊合金製ワイヤーを通すことで、矯正を行っていきます。

この巻き爪の治療法に関する情報は、口頭で説明を行うことの難しい内容を含みますので、こうした説明を分かりやすく行いたいというときには、動画の活用が最適です。実写での動画も、解説のために有効ですが、巻き爪の治療動画の場合に、視聴者の中には、実写であることによって、必要以上のリアリティーを感じ過ぎてしまうといったこともあり得ます。そうした過度の現実性を和らげ、リアリティーを感じさせ過ぎないアニメーション動画を活用した解説も巻き爪の治療動画には相応しいと言えます。アニメーション動画を活用した説明を行うことで、巻き爪に関する幅広い知識が容易に理解し、分かりやすく伝えることができます。

このVHO式矯正法は、専用のワイヤーを爪の形にフィットさせ、カットしてから曲げ、爪の両側に引っ掛け、専用のフックで巻き上げて固定をし、その後余分なワイヤーの箇所をカットし、人口爪でワイヤー突出部を覆っていきます。VHO式矯正法では、軽症患者から重症患者までの、さまざまな患者に対応することのできる治療法を施すことで、出血や痛みなどのない場合が多く、処置時間も15分ほどで済みますので、職場からの退勤後に処置を受けるといったことも可能とされています。また、通院治療の頻度は、平均で約2カ月から3カ月に1度とされています。

次に手術療法ですが、この療法には主に、フェノール法と言います。炎症の要因となる爪の一部をカットする治療法のことで、フェノールとは、無色あるいは白色の有機化合物のことを指し、消毒や防腐のために使用する薬品のことです。この有機化合物は、強い組織変性作用を持っています。そしてフェノール法ですが、まず指の付け根の部分に麻酔をし、爪の先から根本までのカットを行います。カットした箇所から爪が生えてこないよう、爪母細胞をフェノールを用いて焼いてしまいます。この一連の手術にかかる時間は、5分から10分程度とされています。手術中に痛みが発生するということは、ほとんどありませんが、手術後に関しては、数日間、痛みがあるという場合があります。また、生活制限などは特にありませんので、通常通りの生活を送ることができます。

また、巻き爪にかかる治療費も気になるところであり、巻き爪に、保険が適用されるのか否かということの確認は、巻き爪治療を行う上で、とても大切なことです。弾性ワイヤー法とVHO式矯正法は、保険適用外とされていて、フェノール法は保険適用とされています。また、巻き爪にかかる治療期間ですが、これは、患者の爪の状態によるところが大きいですが、治療が早く終了するケースでは、半年以内、爪の変形が激しく、固くなっているケースでは、数年単位での治療を継続する必要があります。どちらにしても、巻き爪の治療には、多くの時間を要しますが、まず巻き爪の治療を始めることによって、それまで感じていた傷みが、治療開始後から確実に改善していきます。このような治療費や治療期間などの情報の解説にも、映像を通して視覚的に説明を行っていくことが大変効果的です。

②巻き爪の再発予防策にも動画の力を

巻き爪の治療が終了したところで、その後再発を繰り返さないためには、正しいセルフケアが必要となります。その1つとして、深爪をしないということは、巻き爪の再発防止という観点からも、大切なことです。爪の切り方ですが、爪の先は平滑な状態を保つことができるよう、少しずつカットをし、角の部分はほんの少し整えるくらいで済ませましょう。爪を切る頻度については、3週間に1度、あるいは4週間に1度ほどで問題ありません。また、靴にも気を付ける必要があります。靴の先が尖っていたり、細くなっているような靴は、巻き爪の要因となりますので、そういった危険性のある靴を、履かないということも重要です。

それでももし、そういった靴を履かなければいけないというときには、痛みが大きくなければ、セルフテーピングを行うようにしましょう。このセルフテーピングを行うことによって、痛みを減らすことができます。テーピングの巻き方は、爪の周りのみ覆う方法と、足の指に巻く方法とがあり、どちらの方法にも共通して、爪の端にテープを貼り、皮膚を引っ張る方法を取ります。またこの他に、歩き方にも気を付ける必要があります。巻き爪を予防する正しい歩き方として、つま先が前を向くように足を出し、着地はかかとから行います。この時、足の裏全体に重心をかけ、反対側の足が地面につく段階で、親指側へと重心を移し、最後に親指を押し出します。この歩き方のポイントとして、頭部が糸で上に引っ張られているかのような想像をしながら行うと、自然と姿勢も良くなっていきます。またこの時に、腕は後方へしっかりと振ることを心掛けましょう。

再び巻き爪にならないためには、こうした予防策を取ることにより、十分に防ぐことが可能です。巻き爪の再発予防策の解説にも、動画を活用して説明を行うことが有益です。口頭での説明では、全ての患者がその場ですぐに理解をするということが困難な上、医師やスタッフの業務効率化を図ることへの負担となる可能性も考えられます。患者と医療従事者双方の負担に結び付けないためにも、動画を活用した解説方法を行うことが、最も安心です。動画の制作は、映像制作会社へ依頼をすることが必要です。映像制作会社へと依頼をすることによって、イメージ通りの動画を制作してくれて、個人制作であれば動画の撮影や編集に多くの時間を要してしまいますが、映像制作のプロフェショナルであるからこそ、世界に1つのハイクオリティー動画を、短い期間で制作してくれます。

弊社では、巻き爪治療に関する動画の制作を行っております。巻き爪治療のPR動画制作や映像配信サービス、巻き爪治療動画におけるコンサルティング事業など、さまざまな映像制作を行っております。鮮明で高品質な動画を、低価格でご利用いただけます。巻き爪治療に関する動画制作のご依頼は、弊社まで是非お気軽に、ご相談ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています