健康診断・人間ドック案内動画 | 医療映像.jp

DUMMY

健康診断・人間ドック案内動画

健康診断や人間ドックを健診する際に、資料案内から検診当日の流れから検査結果の報告まで、その全てのプロセスが、どのように進行していくのかということは、それらの知識を持たない患者にとって、不安に感じるポイントでもあります。健康診断や人間ドックにかかる費用に関しても、非常に重要な点となります。こうした説明を、効果的に行いたいときに、口頭で説明するよりも、動画で解説することによって、大変分かりやすく伝えることができます。今回は、健康診断や人間ドックを健診する際の主な流れや気になる費用、案内動画の必要性について、説明を行っていきます。

①案内動画を活用し健康診断や人間ドックを徹底解説

健康診断や人間ドックの健診の流れを知ることにより、患者は安心して診察を受けることができるようになります。まず健康診断での主な流れですが、健康診断の平均所要時間は約1時間で、予約をした時間に来院し、順番を待ちます。健診では後ほど、胸部のレントゲン撮影がありますので、持参した衣類に着替え、金具のあるアクセサリー類や、腕時計なども外しておきます。

検査では、受診する項目により、検査の項目が全く異なりますが、健康診断の主な検査項目として、診察から身体計測、視力検査や聴力検査、採尿や採血、血圧検査や心電図検査、胸部X線検査などがあります。これらの検査を全て終え、その後2週間から3週間ほどで、検査結果が郵送されます。検査結果の報告方法には、郵送が一般的ですが、その他に、来院する形での報告など、健康診断を受けるクリニックによっても異なります。

次に、人間ドックの主な流れですが、人間ドックのための準備は、前日から始まります。検査前日は、21時までに食事を済ませ、21時を過ぎたら、水などの飲み物を口にするようにし、それ以外の食べ物や飲み物は、避けるようにします。人間ドックの検査当日の平均所要時間として、日帰りの場合には約3時間とされています。この他に、1日かけて検査を行うコースや、ホテルに宿泊しての1泊コースなどもあります。1泊コースの場合には、2日目で検査終了となります。

人間ドックの検査項目には、身体計測や眼科検診、聴力検診や血圧検査、呼吸機能検査や心電図検査、胸部エックス線検査や上部消化管エックス線検査、あるいは、上部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査や尿検査、血液検査や便潜血検査、内科検診などがあります。全ての検査を終えて、2週間から3週間ほどで、検査結果が郵送されます。

検査結果の報告方法は、健康診断と同様に郵送が一般的ではありますが、その他来院する形での報告もあり、人間ドックを受けるクリニックによって異なりますので、事前にきちんと調べる必要があります。

このように、事前にそのクリニックの情報をきちんと調べておくためには、クリニックの健康診断や人間ドックに関する案内動画を視聴することが、最も適切です。健康診断や人間ドックの説明を、患者一人ひとりに口頭で行うことは、医師やスタッフの時間を大幅に費やしてしまう可能性もあり得ます。

それだけでなく、容易に理解することの困難な患者の場合には、説明が長引いてしまう可能性も、十分にあるのです。その点、健康診断や人間ドックのための案内動画があれば、患者一人ひとりに説明する必要もなく、伝えたい内容のみを効果的にアピールすることができ、業務の効率化にも直結するのです。

また、案内動画の中で、健康診断や人間ドックにおける流れを知ることができたら健診を受ける方の安心にもなります。健康診断や人間ドックにおける案内動画の中で、資料案内や問診票に関する説明も、必須です。来院時に直接渡したり、事前に送付したりする資料案内の中に、問診票が同封されており、それを健診当日までに記入して、当日に持参するといった一連の流れも、きちんと動画に収めておくことが大切です。

②初心者が不安に感じるバリウム検査や胃カメラも動画で説明

人間ドックでは、バリウム検査や胃カメラなどの検査方法がありますが、これらの説明に最適なのが、動画を活用した解説です。バリウムを飲んだ後に身体の向きを回転させ、丈夫消化管内を流れるバリウムをX線で撮影し、胃や粘膜に問題がないかを確認する画像検査ですが、この説明には、CGを使用して解説を行っていくことが有効です。

CGは、実写ではリアルに感じ過ぎる映像を、オブラートに包みながら、大変綺麗な映像で表現することが可能です。そのため、視聴者にも分かりやすく、ダイレクトに伝わりやすい動画を提供することができます。胃カメラは、カメラの付いたチューブを口や鼻から上部消化管へと挿入する検査であり、胃や食道などに問題がないかどうかを確認しますが、この胃カメラも同様に、CGを活用した解説方法が有益です。特に初心者への説明は、時間がかかるケースも多く存在しますので、動画を有効活用することによって、効率的に説明を行っていくことができます。

人間ドックには、特定の年代や性別などで受診したほうが良いとされている検査があり、それらはオプション検査として設けられています。30代の女性では、マンモグラフィー検査や乳房超音波検査、子宮頸部細胞診が挙げられ、40代の男女共通では、胸部CT検査や大腸内視鏡検査などが挙げられます。40代の女性では、マンモグラフィー検査や骨密度測定、乳房超音波検査や子宮頸部細胞診が挙げられ、50代の男女共通では、胸部CT検査や喀たん細胞診検査、脳ドックや心臓ドック、大腸内視鏡検査が挙げられます。

50代の男女別では、男性はPSA検査が、女性はマンモグラフィー検査や骨密度測定、乳房超音波検査や子宮頸部細胞診が挙げられ、この他に、遺伝的リスクを回避するため、家族が罹ったことのある病がオプション検査を受けるに相応しいと判断していれば、そのオプション検査は、積極的に受けるべきであると言うことができます。

オプション検査を受けるべき対象年齢や遺伝的リスクのある病気を動画で説明できれば、基本の検査申し込みをした後でもオプション追加をしやすくなるでしょう。
具体例として、家族に肺がんの経験のある人がいるという場合には、胸部CT検査を受けたり、家族に大腸がんの経験のある人がいるという場合には、大腸内視鏡検査を受けたりという風に、家族の病歴をもとに、オプション検査を選定していくことも、家族全員の健康を維持するといった意味で、とても重要なことです。

③詳しい費用の解説に分かりやすい案内動画を

一般的な健康診断の平均的費用は、5000円から20000円と幅広く設定されており、各クリニックや検査の項目によって、費用が大きく変わります。人間ドックの平均費用は、40000円ほどとなっています。同じように人間ドックも、各クリニックや検査項目、そして選択するコースによって、大きく費用が変わります。

健康診断や人間ドックにかかる費用の説明は、検診を望む患者にとって、少し複雑な内容である箇所もあります。そうした際に、案内動画が活躍します。費用の解説や、検査項目やコースの一覧表示など、必要な箇所だけを効果的に映し出し、特にアピールをしたい検査項目やコースなどがあれば、その箇所を重点的に解説していくことも可能です。

健康診断や人間ドックの検査の流れを案内動画に収めることによって、患者の不安を取り除くことが出来、スムーズに検査に移行してもらえます。病院側としても、患者に口頭で説明する時間を省くことができることで、業務の効率化へと繋がり、新たな受診患者の獲得といった利益にも結び付くのです。

こうした案内動画の制作には、動画のプロフェッショナルである映像制作会社へと依頼をすることが重要です。映像制作会社は、動画を制作する上での幅広い知識と確かな技術、そしてキャリアを十分に備えているので、映像制作会社へと動画の依頼を行うことで、プロならではの高品質な映像美とともに、理想通りの動画を実現してくれます。

弊社では、健康診断や人間ドックの案内動画のご依頼を承っております。その他に、健康診断や人間ドックのプロモーション動画制作や、映像配信サービス、動画に関するコンサルティングなど、多種多様な映像制作を幅広く行っております。鮮やかで圧倒的に美しい映像を、低価格でご利用いただけますので、健康診断や人間ドックの動画制作のご依頼は、是非弊社まで、お気軽にご連絡ください。

このコラムを読んだ人はこんな記事も見ています